« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015.04.30

こんぴら歌舞伎、初見参

4月26日(日) 「第31回 四国こんぴら歌舞伎大芝居」 第1部 11:00〜

「伊勢音頭恋寝刃」野道追駆けより油屋奥庭まで 菊之助(福岡貢)、時蔵(今田万次郎/万野)、亀三郎(喜助)、梅枝(お紺)、お岸(右近)、松也(お鹿)ほか
「道行初音旅 吉野山」松緑、梅枝、亀寿ほか

なんとまぁ、31回にして初のこんぴら歌舞伎へ。というのも、始まったのはちょうど私が東京へ出たすぐ後くらいで、岡山−琴平の微妙な距離感のせいで、かえって行きにくいところもあって。でも、今は行く余裕もできたし菊ちゃん出演ですもの。行きますわよ。
諸般の事情により、岡山から日帰り往復。特急南風(というより瀬戸大橋)のおかげで、1時間ほどで琴平駅! のんびり歩いて金丸座へ。お天気もいいし、うららか〜。ウグイスが一日中鳴いてました。第1部の席は「にの2」。前から2列目だけど、たまたま前の席(=最前列なのに)が空席だったので、足はやや楽でした。

さて伊勢音頭。菊ちゃん初役・貢だった時の名古屋には行ってないので、楽しみだったの。で、私の席は花道の近くで、本舞台と花道の際にある「井戸」が、始まる前から気になってた。

続きを読む "こんぴら歌舞伎、初見参"

| | コメント (2)

2015.04.29

還暦ミッフィー

作成中

ついポチッとしてしまった、iPadカバー。たまたま最近、Amazonで(これじゃないのを)いくつか見ていて、そのままにしていたら、「タブレットPCケース、お探しですか」ってなメールが来たの。余計なお世話と思いつつ、気晴らしに見ていた時に見つけちゃったのですわ。あらま、これを持って、オランダに行けと

それは今朝のことで、その時点であと二十数分以内に注文したら本日中にお届けとあって……そんなに急ぐことはないのに。でも、ほんとに夕食前には手にしておりました。

家では、「アラ還の人が そんなのを」と言われてるけど、うっるさーーい。そもそも、今年ミッフィーが還暦なんだからね。

そういえば、息子の誕生祝い(卯年生まれ)にもらった食器セットが、ミッフィーだったなぁ。
いま松屋銀座で、ミッフィー展もやってるんだよね。旅行前には行けそうにないけども。

| | コメント (2)

2015.04.28

北村薫トークイベント

4月24日(金) 「北村薫×穂村弘 対談」 19:00〜 於・ラカグ

「本にムラムラ、短歌にむらむら」
北村薫「太宰治の辞書」刊行記念イベント。私が参加する第2弾。これを申し込んだ後で、7時までの仕事が入っちゃって、困ったなぁだったけど、めでたく6時15分くらいには解放されて間に合った!

わりと早々と満席になったそうで、穂村人気か?という気も。というのも、聴衆には若い女性で、オシャレさん、というタイプが目立ったから。対談後のサインの列も、穂村さんの方が長かったし……。

壇上では2人がわりと自由な感じで喋っていく(特に司会などはなし)。
まず、北村さんが口火を切ったんだけど、それが「北村穂村で、むらむら」らしいんですが、それなら「ほむら・きたむら」で「ほむ・たむ」でもいいですよね、ぐりとぐら、みたいに。という意外な言葉から。そして、ぐりぐらはネズミで(ここで穂村さんが、「えっ、そうなんですか」)、ネズミは子だくさんだから、兄弟がたくさんいるはずで、悪いのが、ぐろ、ぐれ。卵焼きを寄越せと言ってきて、ぐるも加わって、3対2で負けちゃうんですよ。
……いきなり、頭の中で物語がひろがっちゃったんですか? これって、落語だとマクラですかしらん。

続きを読む "北村薫トークイベント"

| | コメント (0)

2015.04.26

連日の狐!

4月25日(土) 京都国立博物館「桃山時代の狩野派」展
4月26日(日) 「こんぴら歌舞伎」第1部、第2部

今月はいろいろ計画がうまく立てられず、結果論で言えば、わざわざ千穐楽に昼夜通しで歌舞伎を見なくても20〜22日あたりに行けたのに、とか……。あと、泊まる場所も岡山に2連泊ってどうなの?とも思いつつ。
まあ、歌舞伎を見て、親のところに行くとなると、どうしても2泊必要なのではあるけれど。でも高い土曜は避けたいのが本音。

岡山へ行く前に、そうだ、京都に寄ろう、と、いきなり思い立った。京都国立博物館に行くくらいしか余裕がなかったけどね。京都駅前からバスに乗ったら、ここはどこの国ですか?と思っちゃうくらい、外国人観光客がいっぱいでした。博物館はそれほど混んではなくて、ほとんどは大きな屏風や襖絵なので、見やすかった。でも、いっぱ〜いあったなぁ。
その中で異彩を放っていたのが、狩野探幽「八尾狐図」。3代将軍家光の夢に出てきた8本の尾っぽがある狐を、探幽に描かせたものとのこと。なんというか……シンプルな絵でした(掛け軸)。

特別展のあと、新築の平成知新館へ。ここ途中で時間切れになったのと、少し寒くて集中を欠いてしまったのが残念。

こんぴら歌舞伎は、第1部で「吉野山」、第2部で「葛の葉」。葛の葉を見てる時に、そういえば昨日は八尾狐を見たんだ!と思い、また、お昼にお稲荷さんを食べたっけ、とも。妙に狐つながりな2日間でした。

| | コメント (0)

2015.04.24

幸せな少年

4月15日(水) 「ウィンズロウ・ボーイ」 13:00〜 於・新国立劇場 小劇場

作/テレンス・ラディガン 翻訳/小川絵梨子 演出/鈴木裕美 出演/小林隆、竹下景子、森川由樹、川口高志、中村まこと ほか

時は第1次世界大戦直前(かなりきな臭くなってる)の1912年からの2年間。場所はロンドンのケンジントンにあるウィンズロウ家(の居間)。銀行を退職していて年金暮らしの父と母。子供達は、婦人参政権運動にかかわっている長女、オックスフォードの学生だけど勉強に身が入らない長男、そして海軍士官学校生すなわち優秀な次男、の3人。ほかに孤児院からきた当初は小間使いだった、長く仕えるメイドもいる。当時の中流家庭で、いかにも謹厳実直らしいお父さん!

士官学校で寄宿舎生活をしていたロニー(その時は14歳か、14になる前)が、5シリングというわずかなお金を盗んだとして退学となり戻ってきた。けれども無実を訴える彼を信じた父は、士官学校(これって王立!)を相手に裁判で戦う決意をして、敏腕の弁護士に依頼する。
学校の様子も、裁判の経過も、このウィンズロウ家の居間で語られる。ロニー少年の弁明や、傍聴に行った家族らの言葉を通して。

続きを読む "幸せな少年"

| | コメント (0)

2015.04.22

ヒト任せのランチ選び

4月22日(水)

「ウィンズロウ・ボーイ」の感想が下書きのまま3日ほど。観劇から1週間たっても、じわじわくるタイプの芝居なんだわねー。ま、書けないのはエネルギー切れ、なんですけれど。

月曜日はお天気も悪いし、家でグンニャリしていて、火曜水曜と、続けてランチ外出。お店はどちらも友人が選んでくれました。

21日:水道橋「庭のホテル」のGRILL & BAR 流(りゅう)
ここ、昔の水道橋グリーンホテルの場所なのね。学生時代の岡山の恩師の定宿だったっけ。窓の外のグリーンが美しく(限られたスペースでも)、さすがにゆったり。豊富なサラダバーと、肉、魚、パスタのどれかをチョイス。あ、ステーキもあったけど他より少し高かった。

22日:渋谷神山町「パティナステラ」
東急本店の前を入ってまっすぐ行くと、右側に。ビルの1階だけど広〜い、と思ったら、レストランウェディングもOKなのね。
やはりパスタ、肉、魚のランチで、パスタは手打ち麺にニシンのなんとかかんとか あと、サラダ、コーヒー。

結局、2日ともパスタにしてしまった。場所もタイプも違うけど、どちらもサラダが美味しくて、サービスもきちんとしてて、お値段(一番安いパスタランチの)が同じ1800円←税抜き。たまには、こういうお昼で、旧交をあたためるのですわ。

| | コメント (0)

2015.04.20

芸術監督サマ

芸術監督サマ
画像は6月13日からの「敦 山月記・名人伝」の2種類のチラシ。
当初は右の、眉間にシワのだけ見ていたけど、いきなり左のが登場してびっくり。どうしたの?って感じで。

初演から10年。キャストも変わるから、ちょっと不安もあるけど、でも楽しみにしてる。

| | コメント (0)

2015.04.17

あと少し!

4月17日(金)

すっかりご無沙汰してますねー。書くネタがあまりない……こともないのか。新国立劇場「ウィンズロウ・ボーイ」とても良かったし。ないのは私の心の余裕でゴザイマス。

今日も今日とて、京王線→都営新宿線(乗り入れですけど)→半蔵門線→東武線(ホームの反対側)、と乗り継いで、書の先生宅まで。稽古場は六本木だけど、作品提出まぎわには、こっちの教室でも見てもらえるのですわ。そして、案の定「もうちょっと書かないとダメ」なので、日曜日の午前中に持って行くまで、最後の悪あがきをば。……でも、今日など、行って見てもらうだけで疲労困憊してしまって、エネルギー切れ。

なので明日の土曜日は書に集中 ……その前に朝9時から発売の調布音楽祭のチケットを買いに行かねば 友人の分もあるので。
会員の先行発売で、別に売り切れたりはしないけど、どうせ地の利があるのなら、最大限に生かさないとね。

春らんまんが、待ち遠しいよ〜。

| | コメント (0)

2015.04.11

文楽:5月・8月

5月の文楽は吉田玉男襲名公演。あぜくら発売の5日は朝から出かけていて10時にはちょうど千代田線・綾瀬駅で電車を降りたところ。スマホだし全然入れなくて、タクシーの中でやっと第1部購入。どちらかといえば第2部狙いなので、ほんとは3等が買いたかったけど、まぁとても無理。2等にした。
第2部は、一般発売の7日に。家にいたのだけれど、座席選択できないからいろいろ迷ったりしながら、なんとか、というところ。それにしても、第1部の人気はすごいわね。

5月って、歌舞伎座では團菊祭。明治座もあるし(夜の部だけ友人たちと見る)、ほかにストレートプレイで気になるあれこれも……。それなのに、前半は旅行の予定が入ってるものだから10日からしか動けない。どうしたらいいの?状態。歌舞伎座を挫折したりして
(ちなみにストレートプレイで行きたいのは、「戯作者銘々伝」「海の夫人」、「わが星」・三鷹、「ローゼンクランツとギルデンスタインは死んだ」・下北沢OFFOFFシアター。いくつ行けるかしら。カレンダーおよび財布と要相談。
あ、高野山の声明と能「高野物狂」ってのもあるんだな〜。

ところで、今年の内子座文楽は8月22、23日とのこと。観劇・飲み会を楽しむ仲間と、遠征したいね、という機運が。「行きたい」と「行く」との間には、限りなく深い川が流れている気がするけれど、いやいや、なんとかしたいぞ。これ、ツアー企画とかなかったっけ。(その前に、勘十郎さんの出演ありやなしや、が大きいのか)

| | コメント (2)

2015.04.10

三浦大輔ワールド、全開

4月8日(水)「禁断の裸体」 19:00〜 於・シアターコクーン

作/ネルソン・ロドリゲス 上演台本・演出/三浦大輔 翻訳・ドラマターグ/広田敦郎 出演/内野聖陽、寺島しのぶ、池内博之、野村周平、木野花、池谷のぶえほか

わ〜、しのぶちゃんの舞台で、共演は内野さん うほほと思ったのもつかの間、三浦大輔さんの演出なのね。三浦さんは、ポツドールのお芝居の他にも、映画「愛の渦」の過激さでも話題になったかしら。私も過去に、三鷹市芸術文化センター、本多劇場、パルコ劇場あたりで見てはいるのだけれども、常に居心地の悪さを感じてしまうので、最近は遠ざかり気味。
でもまあ、怖いもの見たさ的な感じもあって、コクーンシートから見てきた。左側7番の席は文化村チケットサイトで選んだ。通路際だから、ほぼ前を向いて見られるのよ。舞台下手は見切れる部分があるけどね。オペラグラスも持たず、ぼわ〜っと見てました。あのシーン、このシーン、ガン見はつらいからちょうどよかった。

セットは高さを生かしてあって、最初から十字架イメージが象徴的。そして音楽も開演待ちの間からブラジル音楽が流れていて、それがグワッと盛り上がったところで開演。そう、舞台はブラジル。妻を病気で亡くしたエルクラーノ(内野)と息子、弟、おばたち、そして娼婦のジェニー(寺島)の物語。

続きを読む "三浦大輔ワールド、全開"

| | コメント (2)

2015.04.07

桜の季節の平成中村座

4月5日(日)  「平成中村座 陽春大歌舞伎」夜の部  16:30〜 

「妹背山婦女庭訓  三笠山御殿」「高坏」「幡随長兵衛」

友人がチケット取れるから、と言ってくれて、仲間3人で行くことに。……が、主に私の都合で、日曜なら5日しかない! となった。で、頼んだ後に、この日が法事になってしまって慌てたけれど、演目の好みから「夜の部」にしておいてよかった   なんとか竹ノ塚から東武線で浅草へ。電車が浅草駅に入る直前、鉄橋の上から、雨模様の中の桜が美しく見えて、名残惜しかったですわ。
平成中村座じたいが、勘三郎を偲んで、ということだけれど、それとは関係なく法事で黒のワンピースだった私  もちろん持参のジャケットで誤魔化したけど、ワサワサしてたから(時間的な余裕もなく)用意してた替えのアクセサリーもつけず、まあいいか。

席は椅子席じゃないとイヤ!な我々でもあり、竹席=1階の右サイド席前方でしたが、気楽に見られてよかった。花道もバッチリだしね。

チケットを人任せにしてたゆえに、でもあり、配役などをまったく把握していなかった。だから、役者さんが舞台に出てきて、いちいち驚くという……。でも、これって意外と新鮮
なので、三笠山御殿で七緒八くんが豆腐買いおむら(勘九郎)に手を引かれた女の子姿で出てきたときは、あら〜  ちょうど花道七三にいたときに後ろから「なおやっ」と声がかかり、そっちを向くなんてのも可愛かったですわ。台詞もあるしね。

続きを読む "桜の季節の平成中村座"

| | コメント (2)

2015.04.03

下北沢B&Bへ行ってきた

3月31日(火)  「北村薫×瀧井朝世 『本を巡る旅、作家の創作の謎』」  20:00〜  於・B&B

  根強いファンのいる、北村薫・円紫さんシリーズ。あっと驚く17年ぶりの新刊は、この31日発売でさっそくトークイベントがあったので行ってきた。場所も下北沢駅のすぐそば(本多劇場に行くより近い)で、とても便利。

  3月30日付け「蟄居中」でも触れたけれど、チケットはアプリに表示ということでして……ところが、私のスマホが息も絶え絶えだからか(あるいは、つい二つのアドレスを使ったからか)、うまく表示されません  仕方なくわざわざiPadを持って行ったのに、受付は名前を言うだけだったのだよ  なにそれ。
  早めに行って、書店の棚をチェック。ここも、神楽坂のかもめブックス同様、「セレクトショップ」なので、思いがけない出会いがある一方、ほしい新刊があっても置いてないかも。
料金2000円のうち、500円はドリンク代なので、白ワインをもらって最前列の端に席を確保した。小さい会場だけど、まあチビッコだし、前から詰めた方がいいよね、と。あ、B&Bとは、book & beer の略らしい。

トークの場では、作中に出てくる「生れて墨ませんべい」がお披露目されて、後半の質問コーナーで採用された人にプレゼント。

お話は当然ながら、当初のシリーズで国文科の学生だった「わたし」が17年ぶりに復活することになったいきさつから。ま、「わたし」も作者も、「小さいことが気になる」んですよ。だから、いろんなことが広がっていく。そもそもは作者が新潮社のロビーで「新潮文庫100年」にちなみ創刊時の復刻版を見つけたことから始まる。それはまんま、ストーリー中では「わたし」の体験したこと、になっていく。

いろいろ話は広がり、「相棒」杉下右京のことやら、好きな落語(家)のことなど、喋り始めると止まらない、という感じ。最後にサイン会もあったのでした。
ま、このシリーズを読むと、ほんと好き嫌いが分かれるだろうな、と思うよ(笑)。

ところで、今後こういうセレクトショップ的な本屋さんも増えるのかしらね。個人的には、もっと気軽な町の本屋さんが好かも


 

| | コメント (0)

2015.04.01

若冲と蕪村で、ジャクソンですって

3月25日(水)  「若冲と蕪村」展   於・サントリー美術館

作成中
(画像…今月の芸術新潮にチケットを重ねて)

月末にぽっかりあいた一日。友人と千駄木→乃木坂、千代田線の旅を。
と言っても、千駄木は「檸檬の実」でランチして、近くのあめ細工屋さんへ行っただけ。両方のお店に行きたいと思うと、月火は避けたほうがいいので、ちょうどこの日に出かけられてよかった。
あめ細工のお店には、季節の桜もあったけど、マスコットキャラクターのうさぎが、帽子かぶってランドセル背負ってるのも。

で、サントリー美術館。なんといっても若冲は人気だから、平日の昼間でもそこそこ人はいたけど、まぁじゅうぶん許容範囲。私は動植綵絵の鶏はそんなに好きじゃないので、それらは出てなくてむしろ歓迎するくらい(笑)。
蕪村をこんなにpまとめて見られて、これは嬉しい驚き。そして、やはり直感的には若冲はオタクちゃんのイメージだな。

画像に写ってる白い象(これは右端で、左側に鯨)を、信楽のMIHO MUSEAM で見たことは、今となってはいい思い出。いろいろ話に花が咲きましたわ。

 

 

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »