« 美術館に車椅子で | トップページ | 劇場で地震! 中断そして再開 »

2015.05.29

終戦から70年:演劇

今年は戦後70年の記念の年。思えば遠くへ来たもんだ、というのが素直な感想。遠くへって、たんに時間の長さというだけで、距離は、ぐるっと回って近寄ってるのかもしれんと思う昨今。
もはや戦後ではない、という年に生まれた私だけど、そんな70年のスパンで見れば、まだ戦争直後じゃないか、といった気がしてくる。ま、確かに戦争の混乱は何も知らず、高度経済成長の中を生きたんではある……。

そんな2015年。終戦記念日の頃に、「南の島に雪が降る」が2カ所で上演されるとは。中日劇場制作(東京公演は浅草公会堂にて、8/6〜9)と前進座(三越劇場8/7〜17。18のみ武蔵野市民文化会館)。
中日劇場のは、確か2月頃にチラシをもらって、あら主演が柳家花緑くんだ、と。あんまり早すぎてその後忘れてたんだけど、最近、前進座を知って、そういえば!と両方を比べてみた。
私はこの時期の予定がまだ全く立っていないんで、チケットを買ったりするのもやや躊躇。でもきっと、直前でも買えるに違いない。安く出るかも、なーんて思ったりして。

戦争といえば、2年前に小劇場方面でとても話題になったのが「cocoon」で、沖縄戦を描いたものらしい。これが6/27〜7/12、東京芸術劇場で再演されるというので、見にいくことにした。さて。

|

« 美術館に車椅子で | トップページ | 劇場で地震! 中断そして再開 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

「南の島に雪が降る」、まずは情報をいただいた中日劇場のほうを買ったら、今度は前進座でもという情報を得て、そちらも買ってしまいました。私も日程が心配なのですが、やっぱり見ずにはいられないということで、8月はこの2公演を優先することにしました。
きっと、直前でも買えますよ

投稿: SwingingFujisan | 2015.06.02 23:51

SwingingFujisanさま
おはようございます。コメントを頂いてるのに気づかず寝ちゃいました。スミマセン
やはりあまりにも有名な、けど若い世代には忘れられてるのか、な「南の島に雪が降る」は、いま見ておくべき舞台ですよね
チケット、安いのが出そうだ、と思っても絶対に先に買っちゃうのもあるし、あら安くなっちゃった、とガックリするのもあるし、です。でも、見たいのは、とにかく確保、ですわ。
演劇って、社会状況にすごく敏感に反応しますよね。そこから、残っていくものは脈々と受け継がれていくんだな、と震災いらい特に思っています。

投稿: きびだんご | 2015.06.03 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美術館に車椅子で | トップページ | 劇場で地震! 中断そして再開 »