« ライデンで日本に出合う | トップページ | シーボルト・ハウス »

2015.05.18

5月5日は解放記念日

5月5日(火) ハーレム→アムステルダム「アンネ・フランクの家」

今回、旅行中に祝日があったので、いろいろ思いがけないことに出会った。しかも!今これを書こうとして調べたら、5月5日が祝日となるのは5年に1回なんだって

解放記念日=1945年5月5日に、オランダはナチスドイツ軍の占領から解放された
↓(ライデンの公園にて)

Image_5

ライデンからハーレムまで電車に乗った時、途中の駅で賑やかな高校生くらいの集団が乗ってきて、その人たちがみんなハーレムで降りた。?? なんだか次々とライデン駅から中心部に向かってるみたい。つまり私たちの目的地と同じあたりなの? 若者が多いし、浮かれ加減だし……。


彼らがどこに集結したかはわからないんだけど、どうやら解放記念日のミュージック・イベントがあったらしい。このころ、(昼間は雷雨だったけど)ものすごい強風で、広場のカフェの椅子がずずーっと飛ばされたり、危険を感じるくらい。iPadも風にあおられるので、ほとんど写真を撮ってません。
というわけで、街の中をちょっと歩いただけで、退散してしまいました。残念

アムステルダムに戻ってから、トラムの1日券を買って、これで明日アムステルダムを離れるまで使える そしてアンネ・フランクの家に。
Image_6

これが、まあ予期してはいたけれど長蛇の列。相変わらず風がピューピューで、待つ間、寒くて寒くて(冬のカッコで行くべきだった)。実際にアンネの一家が隠れ住んでた家なので、一度に大勢は入れないから仕方ないわよね。並んでいても脱落していく人たちも結構いた。そんな中、スタッフさんがカートをガラガラ押して、何種類ものパンフレットを配りに来てくれた。ちゃんと日本語のもありましたよ これは嬉しかった。待ってる間に、予習できるしね。

実際に中に入ってからは、なんか言葉少なになってしまう、という感じ。みんながね。どういうふうに住んでいたのか、その場所にいるんだもの。日記の実物なども展示。それにしても、たった一人生き延びた父オットーのその後の長い人生、そのエネルギーも悲しい。

ちなみにこのアンネ・フランクの家のほど近くでも、野外ライブらしきものが開催されてた。これが解放記念日と関係あるのかは、わからないけれども。


|

« ライデンで日本に出合う | トップページ | シーボルト・ハウス »

2015オランダ旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライデンで日本に出合う | トップページ | シーボルト・ハウス »