« グループ観劇は明治座で | トップページ | 終戦から70年:演劇 »

2015.05.28

美術館に車椅子で

今回の旅行で、長蛇の列だったアムステルダム国立美術館、マウリッツハイス美術館、ヴァン・ゴッホ美術館、それらのどこでも車椅子の人(プラス歩行器風の物で歩いてる人)を見た。車椅子も、押す人がいるのと、電動のと。

国立美術館では展示室もかなり混んでいたけれど、普通に、というか自然に、という感じだった。マウリッツハイスは小さい美術館だけに、ゆっくり絵を楽しむふうに見えた。展示室の小さいエレベーターの前に必ずスタッフがいるようだった。

雨の中を並んだゴッホ美術館では、待っている時にちょうど車椅子の人たちが到着。入館を待つ列が1レーンから4レーンまで、チケットの種類別にあるんだけど、誰も並んでいなかった1レーンは、優先レーンだったもよう。

一瞬の滞在に過ぎない私だけれど、そんな風に美術館を楽しむ空気があるのかなぁ、なんて思ったのでした。

|

« グループ観劇は明治座で | トップページ | 終戦から70年:演劇 »

2015オランダ旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グループ観劇は明治座で | トップページ | 終戦から70年:演劇 »