« オペラシティで現代アートを見る | トップページ | 今年の桜桃忌 »

2015.07.03

沖縄戦から70年

7月3日(金)  「cocoon」   14:00〜   於・東京芸術劇場シアターイースト

(マームとジプシー)
原作/今日マチ子  作・演出/藤田貴大  音楽/原田郁子   出演/青柳いづみ、菊池明明、青葉市子、石井亮介、飴屋法水ほか

   原作は今日マチ子の漫画「cocoon」(秋田書店)。
10代の女の子たちの明るい学校生活がある。それは今なの?  他愛ないお喋りをして、笑い、歌い……それが、いつの間に、あの島のガマに連れて行かれたのだろう。気がつくとそこは凄まじい世界だった……。

  マームとジプシーの独特の「反復」が、今まで(といっても過去2回見ただけ。今回が3回目)で一番しっくりきた。というか、話題のこの作品で初めて藤田演出を見るのだったら、戸惑いの方が大きかったかもしれない。

  残酷でリアルな描写だけが「迫真」ではない、ということを、つくづく感じた。
いや〜、70年前の過去からみれば、今は「未来」。過去の私たちは、こんな未来を想像していたのだろうか。←一部、台詞から。

Image
↑チラシと繭の形をしたパンフレット

 

|

« オペラシティで現代アートを見る | トップページ | 今年の桜桃忌 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オペラシティで現代アートを見る | トップページ | 今年の桜桃忌 »