« 泣いたり笑ったり忙しいよ | トップページ | 井上 'トート′閣下(*^_^*) »

2015.07.17

浦井くんは王子さま

7月17日(金)  「トロイラスとクレシダ」  13:30〜   於・世田谷パブリックシアター

Urai

↑世田谷パブリックシアターのHPに掲載された写真。これで浦井くんトロイラスのかわいいヘアスタイルがわかるよね~。

作/W・シェイクスピア  翻訳/小田島雄志   演出/鵜山仁  出演/江守徹(トロイ王プライアム)、吉田栄作(ヘクター)、浅野雅博(パリス)、浦井健治(トロイラス)、渡辺徹(パンダラス、ソニン(クレシダ)、石橋徹郎(メネレーアス)、横田栄司(アキリーズ)、今井朋彦(ユリシーズ)、岡本健一(ダイアミディーズ)、小林勝也(序詞役ほか)ほか   演奏/芳垣安洋、高良久美子

  出演者、めぼしい人を書き上げるだけでも大変。文学座メンバーに吉田、浦井、ソニン、岡本、というところかしら。私の席はI(アイ)列24だったので、ちょっと右寄りだなぁと思ってたの。そしたら、舞台がやや右方向に向いてて、いい感じに真ん中へん。
  最前列はC列かな。舞台は円柱形で後ろにドーンと階段。上手側は演奏スペースだけど、ここはほぼ見えなかった。

えーっと、時はトロイ戦争が始まって7年たったところ(ほら、トロイのヘレン)。末の王子、トロイラスの、神官の娘クレシダへの恋が叶ったと思った瞬間、彼女は捕虜との交換でギリシャへ。どうも、父親の神官はギリシャについたらしい。このあたり、ちょっとわかりにくいのよね。
わかりにくいといえば、序詞役とか道化が登場するのとか、人名が難しいのとか……。これがなかなか上演されないというのも、わかる気がする。

料理しづらい素材、なんでしょうね。パンフレットに小田島雄志氏が「今まで2回しか見ていない」と書いてるくらいだし。こんなに役者さんが揃ってるのに、個人プレイは堪能したものの評価しづらいなぁ。てなわけで、内容よりも、印象に残ってることを。

浦井くんの王子キャラを満喫。衣装はほとんど現代ということもありカッコイイというか、可愛いです〜。特にヘアスタイル!
横田栄司さんは、ちょっと色物的。いやはや(と見れば思うでしょう)。そして、通路での演技(というか客いじり?)も含めて吉田鋼太郎さんのよう。
鵜山演出で二人芝居をやってる石橋さんと浅野さんが、ヘレンを奪ったー奪われた関係で、二人の対決の場面がある(しかも客席通路で)。
道化のサーサイティーズ役・斎藤志郎さんって、片岡市蔵ととても声が似てる。役柄も、いかにも市蔵がやりそうだし……。
渡辺徹は、クレシダの叔父で、恋の取り持ちをするんだけど、この役がちょっとわかりにくい。

言葉あそびはかなりたくさん。そして、どんな時代の話であっても、どんなに笑いが入っていても、抜け出せない「戦争」の一面も……。
原作を読んでない。後半に3階から見るんだけど、うーん、もうちょっと頭に入れておいたほうがいいかな。あ、今日は学生さん(男子中学生、かなぁ)がいっぱい。少し前に、エリザベートも高校生の観劇日(貸切ではない)があったらしいし、東京の子はいいわねー。

|

« 泣いたり笑ったり忙しいよ | トップページ | 井上 'トート′閣下(*^_^*) »

演劇」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
28日に見てきました。私もちょっとわかりにくいと思いました。
浦井クンはやっぱり王子様役がぴたっときますね。
横田さん、ほんと「色物」で、客席のおじさんをいじったりして、笑いを一手に引き受けていました。
市蔵さん…言われてみればそうだったかもと今思い出しています。
きびだんご様はもう1回ご覧になるんですね。私もリベンジしたいところですが…。

投稿: SwingingFujisan | 2015.07.31 07:16

SwingingFujisanさま
おはようございます。あっという間に、もう今度の日曜日に千秋楽となりました。私は明日、3階から見る予定なんです。暑さに負けずに行けるかしら
さい芸の時は、どうも力が出ず見送ったし、原作も知らないので、ほんと役者を見るためだけに行ったような……。でも、再見もそれだけでOKなくらいではあります まあね、スキップさまの阿弖流為のように、心をぎゅっと掴まれて再見、というのが本来だと思うんですよ。むしろ、別演出でご覧になったのが羨ましい。
市蔵さんの、ちょっと鼻にかかった独特な声が思い出され、身内じゃないの?とまで思ったのでした。私は顔の認識能力はないんですけども。

投稿: きびだんご | 2015.07.31 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 泣いたり笑ったり忙しいよ | トップページ | 井上 'トート′閣下(*^_^*) »