« 毎回楽しい3茶婦人会 | トップページ | 広島2日め・平和記念公園 »

2015.07.31

広島1日め

7月27日(月)「〜平和への祈り〜 バッハ・コレギウム・ジャパン 創設25周年記念 広島公演」 19:00〜 於・JMSアステールプラザ大ホール

J・S・バッハ 「ミサ曲 ロ短調 BWV232」
第1部 ミサ ーー休憩ーー
第2部 ニケーア信経 第3部 サンクトゥス 第4部 オザンナ、ベネディクトゥス、アニュス・デイとドナ・ノビス・パーチェム
指揮/鈴木雅明 ソリスト/ハンナ・モリソン(ソプラノⅠ)、レイチェル・ニコルズ(ソプラノⅡ)、ロビン・ブレイズ(カウンターテナー)、櫻田亮(テノール)、ドミニク・ヴェルナー(バス) 合唱・管弦楽/バッハ・コレギウム・ジャパン

調布音楽祭を通じて、ちょっと古楽に接近してはいるんだけど、ぼーっと聞いてるだけね。だから、まさか広島に聞きに行くとは思ってもいなかった。ただ、27日は岡山に行くことにしてたから、じゃあ広島に行って、原爆資料館なども訪ねればいいじゃないと、ひらめいたわけ。わざわざ行くのではないから、JRの運賃は往復で2000円ほど上乗せ(ま、特急料金はかかるけど)。
会場のアステールプラザのHPを見たら、あら宿泊もできるじゃないの、と。部屋もけっこう広くて快適でした。何よりも、翌日、ここから歩いて平和記念公園に行けてよかった。

コンサートのチケットは、チケットぴあで7月の半ばくらいに取ったんだけど、これが最前列だったのにはビックリ。6列、なのに。ひゃ〜、でした。選べるなら、決して選ばない……センターよりも右寄りだし。でも、足元が楽だったり、近くには近くの良さもある。オーボエやファゴットの演奏をほんと間近に見ました。

ミサ曲の終楽章は、必ず「我らに平和を与えたまえ Dona nobis pacem」という言葉で終わるとのこと。そして、曲の解説によると、個人として神に捧げられる最良のもの「感謝」と、その見返りとして贈られるはずの「平和」という組み合わせがバッハの中にあったのでは、と。
戦後70年、すなわち被爆70年の広島で、この曲が演奏されることの意義を、ひとりひとりも個人として考える「豊かな時間」でもある。

柔らかな音と声に、癒されるというか……。教会には、いよいよ無縁な私だけれそ、小さな教会なんかで聞いたら、また素敵かも、と思いつつ、でも、ほかでもない広島で聴ける喜びも。


|

« 毎回楽しい3茶婦人会 | トップページ | 広島2日め・平和記念公園 »

音楽」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎回楽しい3茶婦人会 | トップページ | 広島2日め・平和記念公園 »