« ベルリンに着いた | トップページ | バッハ先生、こんにちは »

2015.08.29

8月15日だからポツダムへ

8月15日(土)

旅行の日程を組んだ時、どうせポツダムに行くなら15日に!と。だいたい、昨夏のドイツ旅行で行きそびれたところを今回は回る、という計画。私なんか、去年、ベルリンの「ポツダム広場」があのポツダム宣言の場所かと思ってたくらい、何も知らなかったのです。

朝、テレビをつけたら、ちょうどBBCで「JAPAN AND WW2」をやってたので、それを見た。時差7時間なので、式典の様子なども見られた。(天皇が字幕で「Tsugunomiya」だったのが印象に残ってる。えっ、ツグノミヤなんだっけ、と思ったので。名字がないから? 見出し部分ではエンペラー)

さてさて、ベルリン中央駅からSバーンにてポツダムへ。事前に、何本かの発車時刻と番線を調べていて、快調に出発さ。いざ、会談の行われたツェツィーリエンホフ宮殿へまっしぐら。
……だがしかし。すんなり行かないのはお約束。「地球の歩き方」に出ていたルートで、トラムに乗って、バスに乗り換え!と思ったら、そのバスがありませーーん なんで??
まあ乗り放題一日券だし、と駅まで戻って、観光案内所で尋ねたら、なんだ! そのバスは駅から出てるんじゃないのっ ルート変更で便利になったのかなぁ。


Image

↑入り口にはこんな写真が。
日本語の音声ガイドがあったので、それを利用。内部の写真はチケット売り場で申請すれば撮れた(別料金)のに、気づかず残念。引き返せばよかったかな……でもまあ、自分の目で見たから。
ウィルヘルム2世(ドイツ帝国皇太子)夫妻が住んだ宮殿で、妃の名前に由来する。米英ロの各巨頭が入った部屋や、会議の行われた部屋などなど。天井が高くて、落ち着くつくり。皇太子の書斎だった部屋など、そのまま蔵書が並んでいる。

庭も広いし、前方には湖が広がり遊覧船も見える。そしてその敷地の端には……ビールの醸造所とレストラン。もちろん、入りましたとも。だいたい旅行中は昼夜でしたわ。


Image_3


Image_4


サン・スーシ宮殿などはすっぱり諦めて、ちょっと街歩き。ポツダムにもブランデンブルク門があるなんて知らなかったよ。去年、ベルリンのブランデンブルク門の下で雨宿りをして、今年、冗談で(ちょっと空模様が怪しくなったので)また雨宿りと笑ってたら、ほんとに雨宿りする破目になって、驚いちゃった。

Image_5


|

« ベルリンに着いた | トップページ | バッハ先生、こんにちは »

2015夏、ポーランド&ドイツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベルリンに着いた | トップページ | バッハ先生、こんにちは »