« バッハ先生、こんにちは | トップページ | 三鷹で喬太郎を聞く »

2015.08.31

ベルリン市内を少しだけ

8月17日(月) ベルリンからフランクフルトへ

(もう8月も終わるのに、旅行記が終わらない!)

午後のルフトハンザでフランクフルトに行く前に……少しベルリン観光も。
ガイドブックがないから、真剣に地図を調べる。おかげでスイスイ。いつもガイドブック頼りで何も考えてないから迷ってるんだな、と自覚および反省。
でも、今日の目的地はいずれも地味です。

Image


鷗外記念館は、開館時間がとても短いの。平日10時〜14時。この建物の2階が記念館なんだけど、1階のドア横のブザーを押してから。到着が10時少し前だったからちょっとだけ待機してると、もう一組、老婦人(ドイツ人かな。日本語を話す&教師らしい)と日本人の孫?
ドアを開けてもらって2階に上がると、そこには日本人の女性が。

Image_2

森鴎外がドイツで住んだ家そのものではないけど、場所はここらしい。私たちがいる間に入ってきた人は、みな日本人観光客でした。

ここからバスで、ドイツ歴史博物館へ。といっても10分とかからないのです。フンボルト大学のほぼ隣。もうちょっと乗ってれば博物館島だけれど、今回は行きませんです。


Image_3

フンボルト大学の前では、古本市が。

歴史博物館は、もと武器庫だったそうで、確かに武器の類(甲冑とかも)が多い。でも、紀元前から現代まで、展示物もいっぱいで駆け足! 場所も行きやすい所にあるし、ちょっと羨ましい(上野は駅からも時間がかかるんだもの)

テーゲル空港までは、陽気なタクシー運転手さんの観光案内付きでした。


|

« バッハ先生、こんにちは | トップページ | 三鷹で喬太郎を聞く »

2015夏、ポーランド&ドイツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バッハ先生、こんにちは | トップページ | 三鷹で喬太郎を聞く »