« 「黄金のアデーレ 名画の帰還」 | トップページ | 懲りない女 »

2015.10.03

納得の4演目:歌舞伎座

10月3日(土) 「芸術祭十月大歌舞伎」昼の部

「音羽嶽だんまり」松也、梅枝、萬太郎、右近、児太郎、権十郎ほか
「矢の根」 松緑、彦三郎、権十郎、藤十郎
「一條大蔵譚 檜垣茶屋・奥殿」 仁左衛門(一條大蔵長成)、孝太郎(お京)、家橘(鳴瀬)、松之助(勘解由)、菊之助(鬼次郎)、時蔵(常盤御前)ほか
「文七元結」 菊五郎(長兵衛)、時蔵(女房お兼)、松緑(鳶頭)、梅枝(文七)右近(お久)、團蔵(藤助)、左團次(和泉屋清兵衛)、玉三郎(角海老女房お駒)ほか

気持ちの良い10月最初の土曜日。珍しく歌舞伎座へ。発売日をだいぶ過ぎてから音羽会にお願いしたんだけど、3列14。 うむむ、土曜日でも今日は一等、二等の後ろあたり、わりと空席があったよう。でもお着物の方もわりと目について、さすがにいい季節ですわ。お隣さんも菊の小紋をお召しのわりと若い方でした。

最初のだんまりは、とにもかくにも、松也くん立派になって、という思い。先月の南座「あらしのよるに」も、えっ?何それ、と思ってたのに好評でしたよね。明治座とかでやるなら見に行きたい。児太郎くんって、ああいう髪や装束(緋袴)が似合うみたい。顔の輪郭とか、歌右衛門系統よね、なんて思ったりしながら。

見に行く時の意識の中には「矢の根」がなくて、あらら(ごめんなさい)。幕が開いたとたんに、 三津五郎さーん、と思ってしまった。でも、松緑くんがどーんと立派。二世松緑の追善狂言だけど、二十七回忌なのねぇ。こちらも、松也くんとはまた違う意味で、胸が熱くなるというか……。

お昼ゴハンは、開演前に銀河プラザで買ってきていた「三陸秋刀魚岩手箱」とかいう、秋刀魚の押し寿司。3割引きでした。6ケ入りでも満腹になりそうで、次のが不安だった。

が、意外にも「一條大蔵」は無事 仁左衛門丈はなぜあのお歳であのようにお美しいのでしょう。とりあえず?阿呆の役なのに。見とれてしまう。でも、花道で鋭い視線を鬼次郎に向けるあたりの絶妙な雰囲気!
で、鬼次郎の菊ちゃん。なんか逞しさが増したよう(外見の、ではなくて)。キビキビ力強くありながら、丁寧に演じていて、視線一つ疎かにしない、という感じ。珍しく茶屋の床几でお京と語る時に、台詞を間違えちゃったけども。でもねぇ、お京は別の人がよかったな。バランス的に。
あと毎度のことながら、これを見るとどうしても蛭子さんの顔が出てきて、ほっんとに困るのよね。

文七元結は、もう磐石でしょう。團蔵さんが元気に復活されててまずはめでたい。この長兵衛-お兼の雰囲気は、一朝一夕には生まれないわね。時蔵さんの常盤御前との落差にも笑っちゃう。
……とはいうものの。やはり、玉三郎さんが一人異質な雰囲気で、ここだけ芝居が違う、という空気を感じた。でも、ある意味、長兵衛が生きているのとは別の世界なんだと納得はできるか。

終演は15時50分近くだったけど、最後にアハハと明るく終われたし、元気に帰ってきました。

|

« 「黄金のアデーレ 名画の帰還」 | トップページ | 懲りない女 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

1等席で存分に楽しまれたご様子ににんまりです。私は初日に3階東から。

だんまりは松也くんにつきますね。朝一の演目だというのに幕見席には立ち見のかたもけっこういらっしゃいました。
矢の根は松緑さんの親指注視しちゃいました。それと後見さんの手技の見事さ!

お昼ご飯は今回はパス。ビスコとお茶にしたのですが、これが大正解。発酵バターのビスコ、非常持ち出しに入れておいたのを新しく買ったのと入れ替えたこともあってそれを流用。オススメです。

大蔵卿、東京では初めてだったのですね。3列なんて間近で拝見したら私は気を失いそうです。あ、私も蛭子さんの顔が浮かびます。あの印象は強烈でした。
文七元結はもうテッパン!團蔵さんのあのお役、すっごく好きなんです。着物の着こなしかたとかも。後ろ姿にうっとり。あと梅枝くん、やっぱうまいなぁ。

昼の部の4演目はコスパ高いと思います。最後明るく帰れるところも含めて。

想定内とはいいながら、1等を買い足したからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2015.10.03 19:28

からつぎさま
さすが 初日にいらしたんですね。で、昼の部は、あと何回?
初日、音羽嶽に立ち見の方もいらしたとは。松也くんは、だんだん大きな役もついてきてますよね。それを自分の力でもぎ取ってる、というところが凄いなぁと。ミュージカル等でも活躍してるし、バラエティでの反射神経の良さも貴重だけれど(ほら音羽屋のお兄さん達にはちょっと欠けてるでしょ)、こうして歌舞伎座で活躍してこそ、と思います。
そうそう、梅枝くん、うまいですよね。なんでもできそうだし

ところで、発酵バターの ビスコですか 全く知りませんでした。ぜひぜひ食べてみたいです。お昼に何を食べるかは、懸案ですわ。眠くなっちゃ困るし、でもお腹グーはなお困る。
仁左さま、70とかって信じられません

投稿: きびだんご | 2015.10.03 23:10

私は菊五郎の誕生日の2日に!同じく三陸秋刀魚岩手箱をいただいたんですが…大蔵卿では半分くらい寝てました(爆)
いや、菊之助が出てきたとか仁左衛門だとか、気配は感じてたんですが、檜垣はそれだけで精一杯でした。サンマ、ボリューミー
でもそこでたっぷり英気を養ったので菊五郎は堪能しました!

投稿: 猫並 | 2015.10.04 20:56

猫並さま
うっひゃ〜、菊パパのお誕生日は全く頭にありませんでしたっ。そんな10月に、文七元結と髪結新三(肴売り!)とは、とてもいいですよね
お昼ゴハン、気が合いましたか! 銀河プラザの入口では対面でお弁当を売ってて、そこの帆立とイクラが載ってるのと迷ったんですが、イクラ却下で そしたら、お隣の菊小紋さんがそのお弁当だったの〜。お店、賑わってるはずですね。
どうも菊畑とか大蔵卿はキケンですが、今回はきっと仁左さまのおかげ。

投稿: きびだんご | 2015.10.04 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「黄金のアデーレ 名画の帰還」 | トップページ | 懲りない女 »