« 菊之助の魚屋宗五郎 | トップページ | ゴーギャン&アートトーク »

2015.11.16

思いっきり下らない(笑)!

11月11日(水)  「七年ぶりの恋人」  14:00〜  於・本多劇場

作・演出/宮藤官九郎  出演/阿部サダヲ、池津祥子、伊勢志摩、皆川猿時、村杉蝉之介、荒川良々、少路勇介、宮藤官九郎   主題歌/細野晴臣

  久しぶりに見る、ウーマンリブ公演。もうずっと見てなかったのに、なんでそんな気になったかといえば、同じ本多劇場で見た「不倫探偵」のせい。あちらは、同じ大人計画でも、「日本悲劇総合協会」の括りだったんだけど。

客席についたら、なんとまあ「失恋レストラン」などという懐かしい曲が流れてた。そこから「勝手にしやがれ」だの「時をかける少女」など、あれやこれや。聞き憶えはあるのにタイトルわからん、ってのが多かった。
これらの曲名は、舞台が始まったらそこで歌われるので、もらったA4のプログラムに載ってました。

最初は、テレビ番組「震撼  ヒットパレード」の生放送スタジオシーンから。阿部サダヲが肩パッド衣装の吉四六晃司、荒川良々が巨大な大和田アキ子、などなど。クドカンがストライプパンツにふわふわヘアのアイドル(田原俊彦かなぁ)で、すっごく似合ってた。こういう時、なぜか司会者似合いすぎる蝉之介。
この番組に、かつてのアイドルユニット(池津&伊勢)が再結成して出演、なんだけど、これ7年ぶりどころじゃなかったはず。衣装はパンパンに窮屈だし、伊勢さんの役は最後まで「あれは何だったけ」と名前が思い出せない人だし。

ここだけは覚えてるんだけど、後は何が何だか。アハハハ笑ったけどねー。でも、やっぱり大変にエグいのでもありまして……。そういう時、皆川猿時の存在感はすごいね!
途中、村杉さんが「オレ50でこんなこと」みたいに言うところがあって、確かに、みんな力一杯バカやってましたわ。突き抜けるといっそ爽快、ってこういうことかな、と思うくらい。

たまたま収録の日だったけど、どこかで放映できるのかしら。DVDかな。
そうそう、歌番組でジャニーズ系の男の子4人組が登場するんだけど(阿部、荒川、少路、宮藤)、これ、歌も踊りもよかったよ。グループ名ADHDで、荒川良々が多動の子ってあたり、いかにも、だわね。

  アハハ下らない、そしてちょっと気持ちわる。そんなウーマンリブでした。

|

« 菊之助の魚屋宗五郎 | トップページ | ゴーギャン&アートトーク »

演劇」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに、きびだんごさんと同じものを観ました。
若干年齢の高い女性客が多かった気がしました。伊勢志摩、池津祥子のアイドルユニット、コンソメパンチが、昔のコスチュームが小さくて着られないとか、名詞が出てこないなんてやっている場面に、そんな人たちは大きく反応してましたね。アハハハハ。

投稿: ケイジ | 2015.11.19 15:46

ケイジさま
ほんと、久しぶりに、という感じですね。私が見た日は、前の席は若いカップル、隣も若い女の子2人だったんですが、招待席?付近にかなり高齢に見える女性も。うーむ、お祭りの場面とか大丈夫だったかしら。
アイドルユニットの名前はコンソメパンチでしたっけねー。私も「あれ、あれ。思い出せない」状態
来月23日には、国立演芸場で恒例の円丈噺がありますね。行こうかな、とおもったんですが、この日のソワレで世田谷パブリックシアター「才原警部」を取ってるし、と迷っているうちに逃してしまいました。

投稿: きびだんご | 2015.11.19 22:33

ほんとに思いっきりくだらなかったですね。
それでも、よくまぁ、あれだけいろいろ考えつくものだと(笑)。

そうそう、杉村さん、「夏フェス」の高校生の時、
「50で高校生はキツイ」とおっしゃっていました。
確かに、だけど、みんな全力投球でかえって清々しいような。

大人計画という劇団同様、役者さんもいろんな面を
持っている個性派ぞろいですが、こんなくだらない一面も
持ち続けてほしいなと思いました。

投稿: スキップ | 2015.12.20 13:49

スキップさま
もはやすっかり忘れてたのに(ADHDというグループ名などすごいインパクトと思ってたのに忘れちゃってたし)、大阪公演とスキップさまのブログのおかげで思い出せて、「二度おいしい」という感じです。
全く、いっそ清々しい、というのは何ですかね。60になってもこんな風でいるんですかね、いるんでしょうね……いてほしいですー。

投稿: きびだんご | 2015.12.21 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菊之助の魚屋宗五郎 | トップページ | ゴーギャン&アートトーク »