« 次の日は茂山家! | トップページ | クラリネット奏者の追っかけになりそう »

2015.12.07

背伸び(若ぶる?)は、やめよう

12月5日(土) 「書を捨てよ町へ出よう」 19:00〜 於・東京芸術劇場 シアターイースト

作/寺山修司 上演台本・演出/藤田貴大 出演/村上虹郎、青柳いづみ、吉田聡子、尾野島慎太朗ほか

Image
↑パンフレット800円

寺山修司、生誕80年。「書を捨てよ町へ出よう」は初期の代表作という。いや、私はなんだか苦手でほぼ読んでないのです。で、そんな今年、注目の若手演出家、藤田さんによる本作には、映像出演・穂村弘、又吉直樹、そして衣裳はミナ ペルホネン、ブックデザイナーの名久井直子の宣伝美術……オシャレな若い人たちにこれでもかと仕掛けてる、という気がする。

私は藤田さんのマームとジプシーは、「うむむむ保留!」のままだったけど、そして寺山かー、だったけど、ついつい見に行っちゃいました。「cocoon」がよかったし。成り行き上、初日に。誰の取材か、テレビカメラも入ってたし、終演後には穂村さんの姿も。

でもね、これは私には理解不能でした。最終的にミナ ペルホネンをいっぱい見た!という記憶だけが残りそう。たまにはこういうのも見よう、という思いは間違いじゃないと思いたいけど、もういいや、というところ。

劇評の類で、こう見る?と読むのが楽しみだったりする。


|

« 次の日は茂山家! | トップページ | クラリネット奏者の追っかけになりそう »

演劇」カテゴリの記事

コメント

大晦日に久しぶりの書き込みです。

今月の仕事が一段落してすぐに見に行ったのですが、「理解不能」で、一緒に見に行った妹とも話し合うことが出来ず…という感じで、きびだんごさんの文章を読んで安心した次第です。
「cocoon」はチケットが取れず、見られていなくて野田秀樹の「小指の思い出」の演出もわたしはには分からなかったから、寺山には関心があまりないけれど、藤田さんの演出をもう一回見てみよう、という気持ちだったのですが…。
「cocoon」を見られる機会があれば、またチャレンジしてみるつもりです。

投稿: ポンジュース | 2015.12.31 15:18

ポンジュースさま
(愛媛のポンジュースは林檎だったのか)
お元気で観劇のようで何よりです。
これはほんとにお手上げでした……。若くてもそうなんですね、と、ちょっと安心したりして。
「小指の思い出」で私も まあ「cocoon」で盛り返したものの、ここでキッパリ、もういいや、と思い切れました。そうですね、「cocoon」はまた上演の機会があったら、ご覧になってね。

投稿: きびだんご | 2015.12.31 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次の日は茂山家! | トップページ | クラリネット奏者の追っかけになりそう »