2015オランダ旅行

2015.06.12

「世界ふれあい街歩き」

今週火曜日(9日)の「世界ふれあい街歩き」はオランダ・ライデンだったので、忘れずに録画。ちょうど歌舞伎座だったんだもん。まぁ家にいても録画はしてるかな。
まだ記憶も新しいところで、ナイス・タイミングだったよ

冒頭、駅を出るところで、画面の端にスターバックスが映って、ここに入ったし、とか。
自分が行った場所もあるし、行きたかったな、という所もあるし、というところで。ライン川沿いをもっと歩けばよかった。その内側をぐるぐるしてたんだもん。
「荒海や 佐渡に横たふ 天の川」の句が壁に書かれた家で、そのいわれを尋ねてくれたのもよかった。やっぱりあの壁は、日本人には目を引く。

ライデンの街中だけかと思いきや、チューリップのキューケンホフも訪ねていて、さらに楽しかった。でも、このコーナーのナレーションが、つぶやきシローなのは好きじゃない。もっと普通に喋ってほしいんだけどね。
*再放送は16日の朝8時から、ある……でしょう。

| | コメント (0)

2015.06.06

間もなく支払い(オランダ旅行)

作成中

5月の終わり頃に、クレジットカードの利用明細が来た。はや〜い。4月に岡山とこんぴらに行った時のと、オランダの券売機で使った分なので、旅行の支払いばっかりだわい。

で、明細をみてたら、同じ日に使ったものでも、その都度レートが違うのね。今までそんな風に1日に何回も使ってなかったから、へぇぇぇでして。

金曜日だったか、お昼のニュースで、1ユーロ140円台に、というのをやってた。いやはや、どこまで円安になるのでしょう。

| | コメント (0)

2015.05.28

美術館に車椅子で

今回の旅行で、長蛇の列だったアムステルダム国立美術館、マウリッツハイス美術館、ヴァン・ゴッホ美術館、それらのどこでも車椅子の人(プラス歩行器風の物で歩いてる人)を見た。車椅子も、押す人がいるのと、電動のと。

国立美術館では展示室もかなり混んでいたけれど、普通に、というか自然に、という感じだった。マウリッツハイスは小さい美術館だけに、ゆっくり絵を楽しむふうに見えた。展示室の小さいエレベーターの前に必ずスタッフがいるようだった。

雨の中を並んだゴッホ美術館では、待っている時にちょうど車椅子の人たちが到着。入館を待つ列が1レーンから4レーンまで、チケットの種類別にあるんだけど、誰も並んでいなかった1レーンは、優先レーンだったもよう。

一瞬の滞在に過ぎない私だけれど、そんな風に美術館を楽しむ空気があるのかなぁ、なんて思ったのでした。

| | コメント (0)

2015.05.23

オランダ旅行、移動編

さて、オランダ旅行の「おさらい」、またかとお思いでしょうが、そろそろおしまい。お付き合いいただきましてありがとうございます。でもまだ番外編とかいろいろ書くかもね。

Image_2

ほしかったのに現地で入手できなかったオランダ鉄道の路線図。これは帰国後にネットでダウンロードしました。付箋「青」がスキポール空港駅、「ピンク」がアムステルダム中央駅。これだけの距離なのに、どうしてさまよっちゃったのか、うむむ。中央駅だから、とりあえず同じ方向なら通るかと思いきや、全然、そんなことないんだわね。

「黄緑」の付箋が、5月4日と5日に行ったところ。上から、ハーレム、ライデン、デン・ハーグ、デルフト。このハーレムとライデンの間にチューリップ畑が広がっているのです。
↓車窓から


Image_3

Image_4


続きを読む "オランダ旅行、移動編"

| | コメント (4)

2015.05.20

旅行最終日は大忙し

5月6日(水) 運河クルーズとレンブラント&ゴッホ

朝9時くらいには、中央駅からすぐの船着き場(チケット売り場)に向かった。いろいろ忙しいんですもん。クルーズ船はいくつもの会社から、いろんなルートで出ていて、でも深く考えもせずに「近いから」と乗り込んだ。よく考えないものだから、出発地点に戻るんじゃないんだ、下船したらばここはどこ?なんて状態でして。相変わらず、何かしらやらかしてます。

↓中央駅の北というか裏っかわに出てから運河へ。あれ?なぜ画像が回転してるのかな。直らない。
*あれれれ、iPadでは画像をクリックして拡大したら、ちゃんと正しく出るんだけど、なんでなの。


Image_8


Image_9


続きを読む "旅行最終日は大忙し"

| | コメント (0)

シーボルト・ハウス

シーボルト・ハウス

絵葉書だけ買いました。建物と、そして出たどこにでもキティだ この絵葉書に同じくハローキティの切手を貼って投函しました、きびだんご◯9歳
あっ、キティにはもう一つ絵柄があって、このオランダ国旗色のリボンを付けた顔だけのものも。

| | コメント (2)

2015.05.18

5月5日は解放記念日

5月5日(火) ハーレム→アムステルダム「アンネ・フランクの家」

今回、旅行中に祝日があったので、いろいろ思いがけないことに出会った。しかも!今これを書こうとして調べたら、5月5日が祝日となるのは5年に1回なんだって

解放記念日=1945年5月5日に、オランダはナチスドイツ軍の占領から解放された
↓(ライデンの公園にて)

Image_5

ライデンからハーレムまで電車に乗った時、途中の駅で賑やかな高校生くらいの集団が乗ってきて、その人たちがみんなハーレムで降りた。?? なんだか次々とライデン駅から中心部に向かってるみたい。つまり私たちの目的地と同じあたりなの? 若者が多いし、浮かれ加減だし……。


続きを読む "5月5日は解放記念日"

| | コメント (0)

ライデンで日本に出合う

5月5日(火)

前日と同じ路線の電車で、もうちょっと近いライデンへ。この後行ったハーレムを含めて、デルフトーデン・ハーグーライデンーハーレムをどう(どの組み合わせで)回るか、考えどころではあった。

↓シーボルトハウスに行く途中、雨宿り

Image

ライデン駅で、反対側の出口に出てしまい、そっちもなんとなくそれらしい建物があったりして時間をくった。でも、その「寄り道」のおかげで、カルガモの親子を発見したりして。ほんと、鳥をよく見たなぁ。でも、突然の雷雨に襲われ、傘は持ってたけど雷じゃあね、しばし雨やどり。軒先(まだオープンしてないイタリアンのお店)で雨やどりなんて、めったにしないのに。


↓こんな運河沿いにあるシーボルトハウスに入ってる間に雨は上がった
Image_2

続きを読む "ライデンで日本に出合う"

| | コメント (0)

2015.05.16

ハーグからデルフトへ

5月4日(月)

Image_2
↑デルフト駅。正面は重厚なんだけど、横はこんなふうになってた。

フェルメールといえばデルフト、っての定番ですもんね。アムステルダム国立美術館の「デルフト小路」(これは都美?でも見た)、そしてマウリッツハイスの「デルフトの眺望」(前掲)……、電車でもデン・ハーグから10分くらいだし、そりゃぁ行きますわ。

デルフトは陶器でも有名だけれど、そちらには全く立ち寄らず、のんびり街歩き。コンパクトな空間に可愛らしい運河が走ってて、川幅とかちょうど長崎のめがね橋を思い浮かべるくらい。
やはり水辺の風景や花木、水鳥がいい感じで、とても気に入ったのでした。

チューリップ、チューリップと思いながらやってきたけれど、新緑の季節でもあり、樹木が、なんだろう親しみやすいのね。それほど高木でもなく、モクレンや八重桜なんかが咲いてたり。卯の花っぽいのも。あーもっと花や鳥に詳しければなぁ。ここに行った!というのではないけれど(せいぜい広場の市庁舎と新教会くらい)、楽しかった。


Image_3

Image_4


Image_5


| | コメント (0)

2015.05.14

マウリッツハイス美術館

5月4日(月)

Image

↑右奥に改装なったマウリッツハイス美術館。監獄博物館(行ってはいない)の前あたりから撮りました。美術館には展示室に窓があって、こちら池の風景が見えます。

活動2日目は、電車に乗って、デン・ハーグとその後デルフトへ。つまりは、フェルメール旅ね。あらかじめ買ってあったマウリッツハイス美術館のeチケットは、日時指定ではなくて5月31日まで有効。当初は5日に行こうと思ってたのに、その日はオランダの祝日で(解放記念日)、混むかもしれない、と急遽変更。……しかし、月曜なので美術館は13時オープン 市内の他の美術館も休みだし、ちょっとトホホでありました。毎日毎日、行き当たりばったりなの。

続きを読む "マウリッツハイス美術館"

| | コメント (0)