« 観劇で新年会 | トップページ | コクーンシートが指定席 »

2016.01.19

2週続けて武蔵野へ

1月18日(月) 「クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル」 19:00〜 於・武蔵野市民文化会館 小ホール(4列8番)

Image

(オール・シューベルト・プログラム)
7つの軽快な変奏曲 ト長調
ピアノ・ソナタ 第20番イ長調
………休憩………
ピアノ・ソナタ 第21番 変ロ長調
(アンコール)シマノフスキ:「9つ変奏曲より」第1番

またしても武蔵野市民文化会館だよ。会員になって、しょっちゅうお知らせがくるし、ほんとに数時間で完売しちゃうことも多いしで、つい買ってしまう。

ツィメルマン(ツィマーマン)も有名なピアニストなので武蔵野にしては驚異的に高額だけど、他に比べれば安いし、何より小ホールで、というのが素晴らしい。

こちらも日本ツアー公演で、去年11月19日から始まり、なんと、この武蔵野がラスト! コンサートが終わって帰宅したら、朝日新聞・夕刊に、13日にサントリーホールで行われた公演評(同一プログラム)が。ツアーのプログラムは多くはこのオール・シューベルトだけど、ベートーベン+シューベルトも。

席は前方の左ブロック。たしかセンターはもういい場所がなかったんじゃないかな。ちょうど指の動きがよく見える場所でした。ま、見えたって、関係ないんだけどね。ホールは「残響2.2秒!」を謳ってる。これまた私には猫に小判(耳のなさには自信がある)だけど、位置にもよるのか残響しすぎ、に聞こえてしまった。でも、柔らかく華やかな音と、ドラマチックな迫力に魅了されましたわ。
演奏を終えて、何度か拍手してる時、花束を渡す方も。1回に一人で、計ふたり。相談したわけでもないんでしょうが、程よく品よく、という感じ。アンコールを弾くのは珍しいのね(上記、新聞より)。

上に挙げた写真は、左がプログラムの表紙、右はこの秋のコンサートのチラシから。実際に見ると、右の写真からさらに白髪と髭が増えた感じかなー。

*会場は武蔵野、と言っても、三鷹駅から真北に徒歩15分強。三鷹駅から南へバス私には、便利がいいんだか悪いんだか、微妙ではありますが。でも、バス1本プラス徒歩なんだから、行きやすいんだよね、たぶん。



|

« 観劇で新年会 | トップページ | コクーンシートが指定席 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観劇で新年会 | トップページ | コクーンシートが指定席 »