« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016.03.31

3回目にして初「焼肉ドラゴン」

3月15日(火) 「焼肉ドラゴン」 13:00〜 於・新国立劇場 小劇場

作・演出/鄭義信 翻訳/川原賢柱 出演/ハン・ソングァンス(店主・父)、ナム・ミジョン(妻)、馬渕英里何(長女・静花)、中村ゆり(次女・梨花)、チョン・ヘソン(三女・美花)、大窪人衛(長男・時生)ほか

2008年初演、11年再演、そして今回3回目の上演となる。ずいぶん話題になったのに、2回とも見そびれていて、ここでやっと。キャストはずいぶん変わったのよね?

もはや見てから半月以上すぎてしまったけど、両親役の韓国人俳優のインパクトが強くてすごく残ってる。存在としてのたくましさ。
そして、デリケートな長男。彼をめぐっての、父親、母親の立場がともによくわかるなぁ。この世の中を生き抜くために「強くあれ」と求める父と、追いつめられる息子…… それぞれの絶望が痛い。

ところで、これを見たすぐ後に、仕事で北朝鮮ものを読む羽目になった。今の3代目の母親は帰国船で大阪から渡った人、というのは知ってたけど、その親は済州島出身だったのね。なんだかいろいろと「焼肉ドラゴン」を思い浮かべちゃった。

*キャストを書いてて、あれ?馬渕さんって名前がなんかちがう、と思って調べたら、英俚可→英里何、だったのか。そして元に戻した、ってことらしい。画数は変わらないわね。
そして、彼女は椿組の野外芝居「GS近松商店」(鄭義信・作)がとても印象に残っている。岡田義徳と共演したもの。あの時も、足を引きずる女だったなぁ。

| | コメント (2)

2016.03.29

年に一度の親睦会、でも今年は特別

3月27日(日)

例年、3月の最終日曜日は、書の社中の親睦会@ホテルオークラ。あたりの桜は、もう少し、というところ。数年前までは新年会だったけれど、遠くからお見えの方が「雪で新幹線が止まった」というのが続いたり、皆さん高齢化してきて、暖かくなったら、ということに。

オークラはもう別館しかないのよね。エントランスにどーんと桜(吉野桜)が生けてあった。エレベーターホールにはまた別の桜。

さて、親睦会ですよ。


Image

今年は挨拶の間は椅子に座って話されたけど、でも↑こんな感じでピンとお若いのです。いつもオシャレだしね(このドレスは、去年の日展に出品された中山忠彦氏の絵のモデルとして描かれてる)。
いつもながら厳しいお言葉 70年くらいのキャリアの中で、ずいぶん苦労もされたと思うわ。華やかな美人は、今よりももっと妬まれやすい気がするもん。

などというタワゴトはともかく。


Image_2

今年、雅号を頂きました。芭蕉の俳句の額とともに。
私のは一番左。「世の夏や 湖水に浮む 浪の上」名前に氵(サンズイ)が入ってるからね。


| | コメント (2)

2016.03.28

映画を見てから仕事に行く

3月25日(金) 「写真家ソール・ライター」 10:00〜 於・下高井戸シネマ

監督・撮影・製作・編集/トーマス・リーチ 日本語字幕/柴田元幸 75分 2012年

老写真家ソール・ライターの日常を、インタビューを交えて描いたドキュメンタリー。副題が「急がない人生で見つけた13のこと」と付いている。
下高井戸シネマでの上映、最終日にやっと行ってきた。

とはいえ、ソール・ライターのことは全く知らず。ただ、映画の紹介を読んでてなんとなく惹かれたので。彼は1950年代から活躍したけれど、80年代に表舞台から退き、80歳を過ぎて再び脚光を浴びたという。映画の製作された翌年、2013年に89歳で死去。

多くは彼の家での撮影と対話。猫がねー、時々映り込んできて、なごむ、飼い主のソール・ライター同様に、のんびり自分の時間を生きているみたい。

そして、かつての写真も美しい。雨の情景や傘など、しんと静か。ご近所をカメラをもって散歩しつつ、子どもを写したり、楽しんでいる時間はほんとにゆったり流れてた。

| | コメント (0)

2016.03.26

狂言でスッキリ気晴らし

3月23日(水) 「狂言ござる乃座 53rd」 19:00〜 於・国立能楽堂

狂言「梟山伏」裕基(山伏)、深田博治(兄)、内藤連(弟)
狂言「見物左衛門(けんぶつざえもん) 花見」萬斎
ーーー休憩ーーー
素囃子「早舞」
狂言「鬮罪人(くじざいにん)」萬斎(太郎冠者)、万作(主)、石田幸雄・高野和憲・中村修一・飯田豪・裕基・岡聡史(立衆)

万作の会の先行時点では、行けるかどうかわからなかったので申込みをパス。行けることになって、チケットぴあをのぞいてみたら、B席(中正面)だけが残ってた。なんとラッキーなのでしょう。
ところが22、23日と、籠って仕事していて「行けないかも」……(その懸念があったのでギリギリまで発券せず、いざとなったら売れるようにしてた)……でも、無事に行ってまいりました。

こんな時(けっこう疲労困憊)、狂言だから行けた、っていうのはあるね。歌舞伎の長丁場はとてもダメだし、演劇も2時間としてもどうかしら。パーっと気晴らし。

まずは裕基くんがシテの「梟山伏」。すっかり大きくなって、と、相変わらず近所のオバさん気分であるよ。声もずいぶん安定してきた。細身だけどたくましい声なのは父親ゆずりかしらん。ずば抜けて小顔なの!
(この「梟山伏」は見たことがあったように思ったものの、ほかの山伏ものとゴッチャになってたのかも。ブログ内で探すと、山伏といえば「茸」がいっぱい出てくるのを実感するのみでした。あとは「苞山伏」くらい。 個人的な観劇データのためにも、ちゃんと(せめて演目くらいは)書いておかなくちゃ。)

梟が取り憑いたらしい弟(山で梟の巣を壊したんだったっけ)の祈祷を頼まれる。梟が取り憑いた様子というのが、なかなか滑稽で笑いを誘う。そして祈祷してるのに、その弟から兄へ、山伏へと「伝染」していく。笑ってるんだけども、なんかシュールでもあり……。内藤連さんの「ホー、ほぉー」という声の出し方(2回目の「ほぉー」が高い。お囃子の声の出し方っぽい)が、とても綺麗でした。
兄の深田さんはまた違う声質の「ホー」で、いかにも兄、と思うと同時に、ベテランになってきたんだなぁと、裕基くんの成長ぶりとともに感慨深い。

続きを読む "狂言でスッキリ気晴らし"

| | コメント (2)

2016.03.25

オモチャの電卓……ではなくて

Image

隣にラインマーカーを置いてみたけど、小さくてほんと幼児のオモチャのようなこれは……ゆうちょ銀行のワンタイム・パスワード生成用の「トークン」。いやー、トークンって言葉、生きてるのね。

私のゆうちょ口座は、実は結婚して東京に来る時、緊急用に持たされもの(だったと思う)。だから広島貯金センターの管轄。それがねー、最初のパソコンを買う時におろす羽目になったので、ちょっと恨んでる私。

で、ほんとにこのトークンを使うかはわからないんだけども(だって振込に手数料が絶対かかるようだし)、ま、頭の体操もかねて。

| | コメント (0)

2016.03.22

墨田→(半蔵門)→六本木:長い1日

3月18日(金)

書の先生宅へ、雅号を頂くお礼のご挨拶に伺う。半蔵門線が東武伊勢崎線に乗り入れてるから、乗り換えは便利なんだけど、遠いわー。
無事に終えて、さてお昼ご飯をどうしようかな……勝手知ったる半蔵門で降りて、ひとりランチとあいなりました。5時に六本木で待ち合わせて「フェルメールとレンブラント」展に行く約束があったので、それまでが長いよぉ。

展覧会のハシゴなら疲れないよね、と、先に国立新美術館の「はじまり、美の響宴展」という大原美術館コレクション展を見ることに。それにしても展覧会のタイトル、ちょっと凝りすぎ 作品については、またゆっくり書きたいものだけれど……倉敷で見た(見てる)あれもこれも、やって来てるのねぇ。それほど混雑もしてなくて、じっくり見ることができた。
こんな所で熊谷守一「陽の死んだ日」を見ようとは。私の大原美術館の最初の記憶。

森アーツセンターギャラリーの「フェルメールとレンブラント」は、タイトルだけ聞いた時には、プレミアム鑑賞券6000円也を買う勢いだったのよね。でも、グッズ付きといったって何をくれるのかわからなくて6000円も払えません、とか思ってるうちに、フェルメールとレンブラントは各1点なのか、と勢いが
ま、次のフェルメール旅はどこがいいかな、と夢を見る機会にはなった 去年のアムステルダム国立美術館は、たまたまレンブラントの特別展をやってて、全く僥倖だったなぁ、と。

アマンド近くの安いワインのお店で軽く飲んで帰ってきた。

Image

六本木ヒルズからライトアップの東京タワーを。空はなぜこんな色に写ったのかな。


| | コメント (0)

2016.03.19

花横で古田新太

3月13日(日) 「乱鶯」 11:30〜 於・新橋演舞場

作/倉持裕 演出/いのうえひでのり 出演/古田新太(鶯の十三郎)、稲森いずみ(お加代)、大東駿介(小橋勝之助)、清水くるみ(おりつ)、橋本じゅん(火縄の砂吉)、高田聖子(お幸)、粟根まこと(勘助)、山本亨(小橋貞右衛門)、大谷亮介(黒部源四郎)ほか

舞台の古田さんが好き!という友人に、演舞場だよ〜と言ったら二つ返事で行く ついつい2列目の花横から見ちゃった。近すぎて若干首が痛かったけどね。
私自身は、山本亨さんと大谷亮介さんが出ると、ウホホでしたわ。でも、そんなに出番がなくて(いい役とは思うけど)、その点ではちょっと不満。

新感線の方々は、そりゃもぉ!と思いつつ、メインのゲストがちょっと弱いかな。だから尚更、古田さん大活躍のイメージしか残らない気がする。ま、いいんだけど 大人の新感線、のお芝居だそうですよ。

| | コメント (2)

2016.03.18

今年は新国立劇場に何回行くかな

3月18日(金)

今週は、乱鶯、焼肉ドラゴン、エターナル・チカマツと見てるんだけど、なかなか感想が書けません。

焼肉ドラゴンは生協で少し安く買ったもの。でも今年、新国立劇場では「あわれ彼女は娼婦」「ヘンリー4世」と浦井健治くん出演の作もあるし、会員になろうかなと、「クラブ・ジ・アトレ」の申込用紙を取り寄せた。
でもねぇ、これがとっても面倒でして。そもそもクレジットカードを作りたくないのに仕方なく作るか、だったんだけど、えー?所得書くの⁉︎ とか。いろいろ記入するのが面倒になって挫折。無職にしておけばよかったんだね。

まぁ、来週の月曜には生協で「あわれ彼女は娼婦」も注文できるし(抽選だけども)、オペラ、バレエはよっぽどじゃないと行かないか……なら会員じゃなくていっかぁ。

各劇場の会員もいろいろあるよね。シンプルなのがいいなー。

| | コメント (3)

2016.03.14

2回目の「逆鱗」(;_;)

3月12日(土) 「逆鱗」 14:00〜 於・東京芸術劇場プレイハウス

作・演出/野田秀樹 美術/堀尾幸男 照明/服部基 衣裳/ひびのこづえ 出演/松たか子(NINGYO)、瑛太(モガリ・サマヨウ)、井上真央(鵜飼ザコ)、阿部サダヲ(サキモリ・オモウ)、池田成志(鵜飼綱元)、満島真之介(イルカ・モノノウ)、銀粉蝶(鰯ババア〔逆八百比丘尼〕)、野田秀樹(柿本魚麻呂)ほか

前日、夜10時くらいまでいた東京芸術劇場で、翌日は2時開演なんであるよ。
2月3日に見て以来、2回目の「逆鱗」。今度は一人で観劇。前回は、健康を回復して行動も活発になった友人と並んで見ていて、たとえば「人魚の世界では、必ず親より子供の方が先に死ぬ」という台詞に、自分が過剰に反応してしまってた。今回はストーリーもわかった上で、しかも一人、ということあって、そんな台詞の一つ一つを、しっかり受け止めた気がする。

そう、ストーリーの終わりを知って見るとき、アハハと笑ってたあれこれが向かっていく先を思うと、それだけで胸が痛むというもの。たとえば、電報を受け取るのに上のハンコがいる、とか、人魚の作り方の図、とか。
だけど、もちろん舞台の上では、単純にドタバタと進んでいき何の気配もない。まさにパンフレットで池田成志さんが語っている。
「早々と先を読まれないように、お客さんをミスリードさせていくというか、どこかしら隙間を見つけて明るいムードを出していかなきゃならないだろうな」
ええ、その過剰さにまんまとミスリードさせられちゃって、後半の落差に(彼の役どころ自体は変わらないのに)啞然としたのだった。

そんなこんなで、後半はボロボロ泣いちゃって。特に電報を受け取る母(鰯ババアだ)などは単純に「情」の部分で。一方、戦争の末期のある局面を見せつけられ(そうか?そうなのか?的に)別の部分も発動しちゃう感じ。単純じゃないのよ、全く。

海の底を表す舞台装置や衣裳なども美しくて、アンサンブルの方々の動きとともに、目を奪われる。そして作者の野田秀樹ですよ。ここ5年くらいの作品の中では一番好きだな。
(そういえばちょうど5年前は「南へ」を上演してたっけ)
ちょっとした言葉遊びにはアハハと笑ってたけど、NINGYO EAT A GEKIRINN のアナグラムには驚くのみ。参りました。

前半に見た時よりも、瑛太がすごく良くなってた気がする。井上真央も。もちろん、銀粉蝶ほかの役者さんも素晴らしいよ。瑛太の(役の)ナイーブさと満島真之介のそれとの違い、とか、後からじわじわくる。
というわけで、まだぼーっとしているのです。「逆鱗」の戯曲を読もうっと。

| | コメント (4)

2016.03.13

マタイ受難曲を聞く

3月11日(金) 「聖トーマス教会合唱団&ゲヴァントハウス管弦楽団 2016日本公演」 18:30〜 於・東京芸術劇場コンサートホール

合唱/聖トーマス教会合唱団 管弦楽/ゲヴァントハウス管弦楽団 指揮/ゴットホルト・シュヴァルツ

J.S.バッハ:マタイ受難曲
【第1部】第1曲「導入合唱」〜第29曲「裏切られ、逮捕される」
【第2部】第30曲「導入合唱」〜第68曲「墓に葬られる」

チケットを買ったのはたしか去年の晩秋。クラシックって発売が早いわよね。そして安い席は早めに確保しておかないと!なので、素早く買っておいたもの。この日本ツアーは、9日・サントリーホール、11日・池袋、12日・ミューザ川崎、そして13日・西宮と、かなりハード。日本の前に韓国公演もあったんじゃないかな。……ということもあってか、もともと福音史家を歌う予定のテノール氏が体調不良で休演、テノールのソロさんが福音史家も、という活躍でした。
聖トーマス教会合唱団のセーラー服の子も、第1部の途中で2人ほど退場したんだけど、それも体調不良なのかなぁ。ちょっと不明。

私は夏にライプツィッヒを訪ねて、ゲヴァントハウス(建物だけ)も聖トーマス教会も行ってたので、ほうほう、という感じで行くことにした。巡り合わせだもんね。でも、さすがにS席15000円は買えないでしょ、猫に小判だよ、とD席5000円を。でも、早く買ってたから、3階のD席ブロックでは最前列(通路のすぐ後ろ)でセンターだったから、戦略成功 ステージの左右に、字幕が縦に出てたけど、ギリギリ見える程度。

歌はもちろんよかったけど、ゲヴァントハウス管弦楽団がかなり素敵。もしかしてもっと近くで見たかったかも……と思ったりもしちゃった。いやいや、ここで結構なんでございますが。
マタイ、いろいろ聞き比べてみたくなっちゃったな。


Image

見に行く日程を考えてた時、便利さもあったけど、たぶん3月11日に、ということも大きかったような気がする。
ピンバッジは、いつぞや北鎌倉に行った時、カフェで買っていたもの。


| | コメント (0)

2016.03.10

ブロツキーと娘

3月9日(水) 「対岸の永遠」 14:00〜 於・シアター風姿花伝

(てがみ座 第12回公演)
脚本/長田育恵 演出/上村聡史 出演/石村みか(エレナ・ミンツ)、亀田佳明(ユリウス・ミラー)、西田夏奈子(リーザ)、福田温子(オリガ/職員)、みやなおこ(ベロニカ/セダ)、半海一晃(アンドレイ・ミンツ)ほか アフタートーク/長田育恵、上村聡史、大堀久美子(編集者:聞き手)

てがみ座・長田育恵さんの作品を見るのは、去年の「蜜柑とユウウツ」(茨木のり子)、「地を渡る舟」(宮本常一)に続いて3回め。今回はヨシフ・ブロツキーがテーマ。名前は変えてあるけれども。
そして演出が「炎 アンサンディ」などの記憶も鮮烈な上村聡史さんだもの! これ、見られてよかった。初めて行くシアター風姿花伝は、目白駅から徒歩18分。雨の中を歩いたわよ。

チラシにあったリード文は
「レニングラードから
ケープコッドへ、
父の旅」

続きを読む "ブロツキーと娘"

| | コメント (2)

2016.03.08

2度目の公開句会

3月6日(日) 「公開句会・大東京マッハ 『窓からの家出を花のせいにする』」 13:00〜 於・紀伊國屋サザンシアター

ゲスト/池田澄子(俳人)、 村田沙耶香(作家)

去年の暮れに初めて行った公開句会の「東京マッハ」。メンバーは、千野帽子、長嶋有、堀本裕樹、米光一成の各氏。会場は特に決まってないらしく、今回はサザンシアターですとキャパいきなり5倍以上じゃないですか、という感じだけど、けっこう入ってました。
開演前に選句があるので、開場が11時半というのにも驚く。12時半くらいに行ったら、入場のための長い列ができてた。これは予約だけしてて支払がまだ、という人を順番にさばいてたからのよう。やっぱり、「慣れてない」感はあるけども、並んでる皆さんものんきに構えてた。私は「関係者」枠に便乗してたんですけども。

Image

私はとにかくいろいろ慌ただしくて、やっとここに来ました状態。選句は少し気乗りしなかったというか、ピンとくるのが少なくて 後から思うと、技巧的な部分にあざとさを感じちゃったのかも。俳句なんて何も知らないだけにね。

どの句がトップ、ということよりも、一つの句をめぐる解釈の違いが面白くて。ゲストの村田さんは寡黙タイプなんだけど、喋ると発想がすでにホラー(彼女の作品は読んだことがないものの)。「胸に入る空気春です春ですと」を、開胸手術の句として読んでる、とか。
一方、池田さんは壇上でも保護者というか先生っぽい。

今回は、長嶋さんが絶好調。発言まぜっかえしぶりも天才的だわ〜。

ところでNHK俳句、4月からは堀本さんがご担当とか。素敵な方ですわよ(角川春樹の秘書をしてたんだっけな)。


| | コメント (2)

2016.03.05

ブラタモリ

3月5日(土)

先週の首里に引き続き、今日の「ブラタモリ」は那覇。ちょうど行ってきたところだもんねー。というか、旅行する前に、すでに予告映像が流れてて、あら、沖縄だなんて、行くまえに見たかったな、と思ってた。

蓋をあけてみれば、首里城と那覇の町なか・国際通りあたりなどだから、テレビを見てわざわざ行きます、ってことはないかも。でも、今日はいきなり波上宮が出てきたから、ビックリしたよ〜。ここに行った時、神社の本殿の向こうならすごく見晴らしよさそうなんだけど、と入り口を探してみたりして。テレビでは、ちゃんとそこへ入れてもらってた。いいなー だいたい毎回、特別に入れてもらってるよね!

少し前には道後温泉にも行ってたし、ブラタモリはあちこちの観光地巡りをしてますね。来週は熊本城ですって。

| | コメント (0)

2016.03.03

湯河原に寄ってから強羅へ

3月1日(火)、2日(水)

強羅に宿泊、というのだけ決めて、成り行きまかせの旅に出発。何しろ、早起きが苦手なので、新宿発11時の湘南新宿ラインとノンビリしてる。
小田原でお蕎麦(と私は鯵丼)を食べてから、湯河原まで足を伸ばした。駅からバスに15分ほど乗ると梅林。

Image

ちょっと寒かったけど、気持ち良かった。

あとはもう宿に行くだけ。保養所なので、晩ご飯は6時と決まってる。

1室だけという洋室にしたら、むやみに広い(笑)。バリアフリー対応のため、ドアは引き戸で鍵穴がすっごく下についてる。毎度ひざまずいて開閉。オートロックに慣れてるからか、気の緩みか、なんと夜中に鍵をかけてなかったという でも、宿泊客は我々1組だけでしたのよん。温泉に浸かってホッカホカ。

翌日は、まず、全然知らなかった箱根マイセンアンティーク美術館へ。宿にパンフが置いてあったから知っただけ。でも、ここ結構面白かった。建物自体も、日銀総裁だった一萬田尚登の旧宅を移築したもので、趣がある。
マイセンなんて食器とかイヤープレートくらいしか知らないし縁がないけど、いろいろあるのねー この辺り、道路を歩いてると、硫黄のにおいが。

Image_2

18世紀中頃の「猿のオーケストラ」は、指揮者&指揮台以下、いろんな楽器や歌い手がズラリ。トランペットも、あの「腰に手」のポーズでありました。実物は撮影不可だったので、印刷物をば。
カフェでは、当然マイセンのカップでお茶が飲めるけれど、それはパスして、次の目的地、彫刻の森美術館へ。

ここも見ごたえがあって、満足なり。ピカソ館、ジャコモ・マンズーの諸作品(マンズー・ルーム)、メダルド・ロッソなどなど。


Image_3
↑マンズー作。


| | コメント (0)

2016.03.01

さて3月!

ここ何年か、4月半ばころまで、書の公募展の提出に向けて、暗い春、となっている。
そんな日々もいよいよ本番……の前に、遊ぶのだ、とばかり、強羅に向けていざ出発。
友人と二人なので、今のうち(まだ一人で電車、途中で合流)に、ぐちぐち(笑)。

書のための時間が足りない! 仕事とのバランスが取れない。これはずっと悩み。あそびを減らせ、というお言葉は重々承知。でも、楽しみもないとさぁ。
それでも3月後半からは予定を極力少なめにしてる。

仕事はやめるわけにはいかない。この趣味は金食い虫、なのだわ。作品用の料紙も、ある程度のものじゃないと見栄えがしない、とかね。
特に今年は、一門に加えてもらったということで、名前(雅号)をいただくことになりそうで。
びっくりぽんな展開で、どうしたら、ではある。「これから頑張る」ってことよ、と言われても、いつまで続けられるのか、と。
でも縁あって弟子となった証、と思うことにした。
お礼はいかほど、と小心者の私は恐ろしいよ。

確定申告はまだまだ手がつけられないけど、去年はかなりの収入減。もうこのまま漸減かなぁ。

あれやこれや考えるけど、スッキリ青空の下、パーッと羽を伸ばして来よう。
そして友人と(彼女の人脈で保養所に泊。ありがたや)、ペチャクチャいろんな話をするぞ。

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »