« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016.05.29

ざわざわ、下北沢

5月29日(日)

今日のタイトルは、映画タイトルのパクリ(見てないけどねー)。

Image

午後7時から、下北沢B&Bにて、北村薫「うた合わせ」刊行記念イベント、「短歌の謎、その暗号を読み解く」。下北沢は近いから、休日に出かけるのも苦にならない。
でも、下北沢駅に降り立つと、駅前にワサワサ溢れる若者に毎度、うわー、となってしまう。空間が小さいから、ぎゅっと集まってる感じなのね。そして、B&Bと呪文のように言ってないと、フラフラと本多劇場の方に行ってしまうのよ

イベントへの申込はネットで「デジタル・チケット」なものだから、主催者から「感想・質問を書いてメールしてね」と事前に依頼があった。いつも、ぼんやーり聞きに行くだけなのに、仕方ない、気になる短歌と感想を書きましたわ。感想といっても、本で取り上げられている短歌で、好きな歌と理由くらいのものだけども。いろんな読みができる面白さもあるのよね。

私が挙げたのではないけれど、いくつか載せておきます。

・夢に棲む女が夢で生みし子を見せに来たりぬ歯がはえたと言いて(吉川宏志)
・かなかなやわれを残りの時間ごと欲しと言いけり声の寂しさ)佐伯裕子)
・シースルーエレベーターを借り切って心ゆくまで土下座がしたい(斉藤斎藤)
・夕方は夕方用の地図がありキヨスクなどで売っております(天野慶)

本は「うた合わせ」だから、異なる作者の2首合わせ技、といった趣だけれど、それに言及するには力が全く足りないのです。


| | コメント (0)

2016.05.24

歌舞伎座・夜の部、再見

5月22日(日)

6日に3階から見て以来の夜の部は、友人たちを誘って総勢5人で。音羽会から来たチケットをよく見ていなくて、12列のセンターブロックの連番と思ってたら、12列3枚とその真後ろ2枚でした。ちょっと後ろ過ぎない?と思ってたけど、意外に見やすいのね。踊りもよく見えたし、ホッ

「勢獅子」の印象は前と同じ。獅子のキビキビした動きに見とれ、亀亀兄弟や萬屋兄弟など、若手の活躍がうれしい。海老蔵と松緑の踊り方の違いってのは、上からだとよくわかったんだなー。
で、初お目見得のお坊っちゃまは、ずいぶん成長のあとが。相変わらず歩いては出てこないし、挨拶もしないけれど(扇子もポイだし)ね。手締めの時に、ちゃんと皆と同じように手を叩いてるのに感心。

記念だから舞台写真も買った。菊親子のと菊十郎さんの。どちらも売り切れてるのがあったからベストではないかもしれないけど、まあいいや。

続きを読む "歌舞伎座・夜の部、再見"

| | コメント (0)

2016.05.20

映画のち昼ビール

5月18日(水)

下高井戸シネマの「サウルの息子」は金曜まで。もう一度見ようと思ってたんだけど、11時35分から、というのは、なかなか行きづらいのよ。でも、今日を逃すともうだめだ!というわけで、パタパタと出かけた。
ちょっと前に「アイヒマン・ショー」で実写フィルムを見た記憶も新しかったし、そこで語られてた「収容所のことを言っても信じてもらえなかった」という時代を経て、今なんだなぁ、と思う。そういえば、アウシュビッツ見学で一番最初に入った所に、隠しカメラで撮影された写真が壁いっぱいに引き伸ばされてたっけ、なんてことも思い出した。もちろん、膨大な「遺品」の山も。

ところで、下高井戸シネマ会員の期限が近づいたので、手続きをした。更新でも名前と年齢は書かなきゃいけなくて、一瞬迷ったけど正直に書いたわよ、60 そしたら、すでに3500円支払ってたのに、「あらシニア料金」ということで、1000円返ってきましたわ。2500円で招待券3枚と、あと会員証を見せれば900円で見られるから、お得だとは思う……でも、シニア料金だって1000円だけどねっ。

映画のあと、新宿だの渋谷だのには出たくないなー。休みの日は、できれば京王線(新線、井の頭線を含む)内で収まってたい。(でも、まっすぐ家に帰るのもどうかと思うし)

そうだ、沿線に素敵なカフェがあるのを聞いてた。……ということで、「柴崎」という各停しか停まらない駅で降りる。
(昔、マンションを見に来たことがあって、その時、駅で待ってたら、特急や急行がビュンビュン通過していくので、ここはやめよう、と思ったんだ、と甦った)

手紙舎、わかりやすい場所にある。雑貨などで時々、調布パルコに出店してるから名前は知ってた。思ったよりも広くて、1階は本とカフェ、2階は雑貨とカフェ、なのかなぁ。のんびり、チキンカレーと……えへっ、グラスビールをば。たまにはこんな時間もいいでしょ。本もあれこれ楽しくて。
2階も探険。ちょうど福田利之氏の個展が始まったところ。↓


Image

つい「福田利之といくフィンランド」を買ってしまったよ。あと、なぜか岩手のサヴァ缶(国産サバのオリーブオイル漬け)も。ここでも買えるんだ、と。

我が家からは各駅停車で3つめの駅だから、まあ地元みたいなものだけれど、自宅の近くにこんなお店があったらなー。


| | コメント (2)

2016.05.18

旅先で書を見る

5月13日(金) 「王羲之から空海へ 日中の名筆」 於・大阪市立美術館
5月14日(土) 「すみいろ」 於・林原美術館

Image

14日に母のところへ行くことにして、その前日、岡山で旧友と飲み会……ということで、早めに出て大阪に。行く先の候補は、奈良国立博物館の「信貴山縁起」、大阪市東洋陶磁美術館(台湾で知った!)、それと、この大阪市立美術館。早起きすれば2カ所くらいは行けたかも?だけど、そこは私だからノロノロ出発。ここはやはり、書の展覧会にすべきでしょう

大阪市立美術館は天王寺駅が最寄り駅だから、行くのにはとても便利。公園ではちょうどオクトーバー・フェストがこの日から。5月なのにねー。それを横目で見て、美術館へ。暢気にでかけたんだけど、なんとまぁ思った以上に混んでました。1階が中国書跡でまず王羲之だからか、けっこう人がたまっててね。書って、見るのに時間がかかるし。
列にくっついて順番に見なくてもいいよねー、と、とりあえず1階は流す感じで、2階の日本書跡をメインに。「三筆と最澄」「三跡」、古筆あれこれをメインに。やっぱり本物を見なくちゃ!というのが、先生の教えでもあるし。


続きを読む "旅先で書を見る"

| | コメント (2)

2016.05.17

母と三姉妹

5月11日(水) 「8月の家族たち」 13:00〜 於・シアターコクーン

作/トレイシー・レッツ 翻訳/目黒条 上演台本・演出/ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出演/麻実れい(母バイオレット)、村井國夫(父ベバリー)、秋山菜津子(長女バーバラ)、常盤貴子(次女アイビー)、音月桂(三女カレン)、犬山イヌコ(叔母マディ・フェイ)ほか

上にお名前を書ききれなかったけど、(それぞれの配偶者・恋人役)橋本さとし、木場勝己、生瀬勝久、中村靖日ら、ほんと錚々たる出演者。なんだけど、うーん、見るのどうしようかな、と思ったのは、麻実れいがまた薬物依存の役なの? で、秋山菜津子を長女とする三姉妹……苦手な部類かもしれない、と思ったから。
でもねぇ、見逃すわけにもいきますまい、というわけで、やっぱり(最近の指定席っぽい)コクーンシートから。

ブラック・コメディなら、そんなにつらくはないかな、と思ってたら、上演時間が3時間超という情報が 最近、そんなに長いのを見てないから、またもや怯えてしまう。……結果的には、60分(15分休憩)、55分(15分休憩)、50分の配分もよかったのか、重くドヨーンとはならなかった。けっこう笑ったしね。

続きを読む "母と三姉妹"

| | コメント (0)

2016.05.15

本家「太陽」を見る

5月11日(水) 「太陽」 19:00〜 於・シアタートラム

作・演出/前川知大 出演/清水葉月(生田結)、大窪人衛(奥寺鉄彦)、浜田信也(森繁富士太:ノクス:見張り)、中村まこと(生田草一:結の父)、岩本幸子(奥寺純子:鉄彦の母)、盛隆二(曽我征治:ノクス:玲子の夫)、伊勢佳世(曽我玲子:ノクス:結の生母)、安井順平(金田洋次:ノクス:医師)、森下創(奥寺克哉:純子の弟)

イキウメの「太陽」は、再演だけれど私は初見。が、蜷川さん演出で「太陽2068」と題されたのは見ている。そして時を同じくして今、神木隆之介くん主演(監督・入江悠)で映画版も公開されている。
シアタートラムの小さな空間で、蜷川演出のシアターコクーンも思い出してた11日。まさか翌日、その蜷川さんの訃報を聞こうとは……。

コクーンの舞台では、ノクス(夜しか行動できない。太陽を浴びると死ぬ)と、キュリオ(旧来の人で太陽の下で生きていける。キュリオという言葉は骨董品の意で侮蔑的呼称)の生態通り、地上と地下とに分かれたような二層の舞台装置がとても印象的。それと横田栄司、大石継太といったワキを固める常連の俳優のことはよく覚えてたのに、あろうことかあるまいことか、ほぼ主役といえる2人を最早すっかり失念してたのねー。キュリオ側が綾野剛、ノクスが成宮寛貴(前田敦子は覚えてた)。いやー、忘れすぎでしょう。

今回は小さなシンプルな舞台で、役者さんも多くはほとんど知らない。だから、よりストーリーに即して雑念なく見てたかもしれない。まぁ、雑念といえば時々、蜷川版を思い出してたのではあるけど。

続きを読む "本家「太陽」を見る"

| | コメント (4)

2016.05.12

台湾こぼれ話

Image_2

台北で泊まったのは「老爺大酒店」ロイヤルニッコーホテル、なんだけど、字面がすごい。「老いた爺さんだからちょうどいい」などと憎まれ口を叩いてたら、「爺さんじゃなくて、好々爺のヤ。音を取ってるから」と強弁。どっちみちじいさんだと思うが。

(着いた日の夕食は機内食)2日目の夕食は、高雄まで遠出して暑さに疲れたこともあって、このホテルの中華のお店で。そしたら、10時閉店なのに、9時を回ったあたりから、スタッフが平気で片付け始める。近くのテーブルのクロスを掛け替えたり。我々はほぼこれからなんですけど、みたいな感じ。うわー、と思いつつも、しっかり食べてたよ。会計もとっとと取りに来てた気がする。

翌日は、ホテルのほぼ真向かいの中国料理店。ここも10時閉店なのに9時くらいに行ったかな。なので、同じように片付け態勢に入っちゃったよ。

最終日、夜遅くまでやってる店に行こうという気持ちはあったけど、ここは?という店が、知らない駅の徒歩5分くらいらしいので、遭難キケン。私はねー、目に付いたよさげなお店に入りたいタイプなのに、夫は慎重だからそれがダメなの。で、結局、前回行った日本語も相当通じたお店へ。たまたまホテルから徒歩5分くらいだったし。もちろんここも9時を過ぎてから入ったので、ややアタフタ。

10時閉店って、その時間にはすっかり片づけてほんとに閉めちゃう時間なのかなぁ。
どの店も美味しかったけど、量の多さには参っちゃった。つい1品多めに頼んでたよ。台湾ビールは飲みやすくておいしかったわねー。

| | コメント (2)

2016.05.11

怒濤の2日間

5月10日(火)
「高島野十郎展」@目黒区美術館
Image

映画「アイヒマン・ショー」@ヒューマン・トラスト・シネマ有楽町

5月11日(水)
「8月の家族たち」@シアターコクーン
「俺たちの国芳 わたしの国貞展」@bunkamuraザ・ミュージアム
イキウメ「太陽」@シアタートラム

月曜夜に手持ちの仕事がすっかり終わり(書の稽古も2週間先)、うわーい、という感じでお出かけお出かけ。大好きな高島野十郎の絵を見るために、初めて目黒区美術館へ。三鷹市民ギャラリーで初めて見てからちょうど10年。やっぱり展示の冒頭は「傷を負った自画像」だった。

街まで(23区ってことね)出かけてきたのだから、と、見たかった「アイヒマン・ショー」を。ちょうど有楽町が時間的にピッタリだった。イトシア内のこの映画館も初めて。さらに記念すべき初めてがあって「シルバー割引」を使いましたの

翌11日は、なんでこんなマチソワにしたのか、全く不明。というより、どちらかを忘れててもう一方を取ったんじゃないか、と。体力の限界に挑戦だ!

さらに変なスイッチが入っちゃって、どうせ時間調整するなら浮世絵も見ちゃれ。すんごく綺麗でよかったけど、うっかりジャケット、ストールの類を持ってなかったから、寒くて退散。

そんなこんなの2日間。ハシゴはもう無理、と自重してたけど、まだまだ意外にイケるかもしれないなー

明日からはしばし観劇の予定ナシ(のつもり)。これらの感想をチョコチョコ書いていきたいです。


| | コメント (0)

2016.05.10

團菊にかぶりつく

5月7日(土) 「團菊祭五月大歌舞伎」昼の部 11:00〜 於・歌舞伎座

「鵺退治」梅玉、魁春、又五郎ほか
「寺子屋」海老蔵(松王丸)、菊之助(千代)、梅枝(戸浪)、市蔵(春藤玄蕃)、松緑(武部源三)ほか
「十六夜清心」菊之助(清心)、時蔵(十六夜)、松也(求女)、左團次(俳諧師白蓮)ほか
「楼門五三桐」吉右衛門(石川五右衛門)、菊五郎(真柴久吉)ほか

たまには土曜日の歌舞伎座にも行くのです、と。日にちが決められなくて窮余の策ではあったのだけれども。んで、そんな時に限って、1列センターなんてのが音羽会から来ちゃうんだなー。ちなみに私は22だったけど、隣の23は、ものすごく体格のいい男性。椅子からはみ出す感じ。別にそれで困った、というわけじゃないけど、腕なんか私の5倍くらいありそうに見えた。後ろの人が不運を嘆いたかも。
*どうせなら夜の部を前で見たかったけど、あいにく「とちり」より後ろ。でも踊り好き(昔習ってたそう)の友人とも一緒だから、いいかー。

「鵺退治」は最初のうち、けっこう楽しんで見てたのに、肝心の鵺が登場したらもうダメ。こんな近くで見るもんじゃありませんね。まぁね、顔は猿で、体(腹あたり)が狸、尾は蛇で手足は虎……これを忠実に着ぐるみにしようと思ったら、うーん、間抜けじゃありません?
54年ぶりの上演とやら。前回はどんな風だったのかなぁ。とりあえず、不気味でも強そうでもなかった(猿+狸じゃあたりまえ)。

続きを読む "團菊にかぶりつく"

| | コメント (0)

2016.05.07

初お目見得はまず3階から

5月6日(金) 「團菊祭五月大歌舞伎」夜の部 16:30〜 於・歌舞伎座

「勢獅子音羽花籠」「三人吉三巴白浪 大川端庚申塚の場」「時今也桔梗旗揚」「男女道成寺」

菊ちゃんの長男・和史くんの初お目見得ってことで、早く行きたいのはやまやまなれど、遊びに行ってたもんでねー。そして、グループで後半に見に行くから、とりあえず3階のチケットを取った。でも、フンパツして1列だったのよ。双眼鏡も忘れず持参。
「勢獅子」は、松緑のキビキビした踊りと、獅子(松也・巳之助)がよかった。芸者・種之助に最初はだれ?と思ってしまった。
和史くんはたぶん最初からダッコで花道を登場。ご挨拶もナシだったけど、その後、手はずっと振ってたわね。さて、今後どうなる?

三人吉三は、菊之助のお嬢を堪能。すっごく大きさを感じたなー。そして、義兄弟の血盃のところで、うっかりお嬢・菊五郎の腕を縛るのを忘れちゃった和尚・團十郎を、また思い出したりして。ほんと愛すべき大どかなキャラだったよね。

馬盥。ちょうどこの日、松緑が携帯の着信音に怒りを綴ったブログが話題になってたんだけど、まさに、狙ったのかというくらい、2回、静かな場面で鳴ってた。抑制装置、利かないの? 團蔵の小田春永がピリっとよかった。

男女道成寺は、初めてじゃないのーに、なんか初めて見るような気分。面白いけど菊ちゃんの娘道成寺が見たくなった。

ほんとに世代交代の團菊祭、という感じ。海老蔵と、松緑・菊之助はなかなか共演しないけど、これからもこの3人でいろいろ見たいな。

| | コメント (2)

2016.05.05

ただいま、っと

4月30日〜5月4日。4泊5日の旅から無事に帰ってきました。まるまる動けるのが3日間だけでは、そうそうあちこちは行けません。しかも、もはや老体なので、一か所にずっと泊まって、そこから日帰りできる範囲だからねー。ほんと無事に行ってきたらヨシ、というレベルになってきた。やぁね。

3日の夜は、嘉義から新幹線で台北に戻って、「台北101」という高ーいビルに。これ、チケット大人一人500元と、故宮の2倍だけど、夜景目当てかずいぶん混んでた。というか、まずチケット売り場(5階)に並び、エレベーターに乗るためにも並ぶ。(ファストパスは1000元とめちゃ高いけど、私の前の若い日本人グループはそっちにしてたぞ)
並ぶのが苦手な私でも、「次に来る時」がないと思えば並ぶわよ。というか、毎日、上野の若冲展の凄まじい行列の様子をツイッターで見てると、比べればたいていの行列は大丈夫、と思えてくる。

エレベーターはギネス認定、世界一高速エレベーター(今も、かは不明)とのことで、ほんとに速かった。天井部分に星空が映し出される仕掛け。あべのハルカスのエレベーターでは縦に流れる映像で気持ち悪くなったけど、こっちは平気でした。


Image

ぐるり360度の展望台は89階。そしてさらに上に階段を使って91階の屋外展望台に出られる。こちらは一部分だけで、当然、高い壁もある。でも一応、風に当たってきた。

降りる時には85階からエレベーターに乗るんだけど、そのフロアはずらーっと珊瑚製品などが並んでる。半端じゃないスペース。買わずには帰さない? ってことは勿論ないんだけど、その量には圧倒された。



Image_2
翌日、たまたま台北101が目に入ったので写してみた。

そして、ここのキャラクターは、懐かしのダッコちゃんみたいな顔なんだけど、出たどこにでもいるハローキティ。チケット売り場の後方のショップに、キティコーナーみたいなのがあって目立ってた(ので、つい付箋をお土産に買っちゃった)。

Image_3


| | コメント (2)

2016.05.04

故宮博物院の本院&南院へ

5月2日(月)本院、5月3日(火)南院

当初の大まかな予定では、到着した翌日に故宮本院へ、だったけど、日曜は他の日より混むかしら、などと思い、まずは新幹線で高雄へ。
で、次の日に故宮へ行ってきた。わりと早く移動できて、10時には入館できてたと思う。開館は8時半なので、すでに団体もいーっぱいだったけど、チケットも並ばずに買えたし、すいすい。
2回目なので……今度はじっくり見るぞ、という勢い。あっという間に時間がたってしまい、それほど休憩もしないうちに気がついたら午後4時じゃん。敷地内で軽食(ビーフンだとかソーメン?とか)を取って、帰りは士林駅まで路線バスにチャレンジ(行きはタクシー)。持っててよかったICカード。←現金払いはお釣りが出ない、もちろん両替機なし。

翌日は南院へ。余裕をもって、予約時間を午後1時入館にしていた。予定より早い新幹線に乗れて、嘉義駅のスタバでお茶してから、シャトルバスに乗る。マイクロバスなんだけども。
嘉義駅は新しい駅だし、わざわざここに駅を作りました!というのが明らか。広い道路が整備されて、でも周りに何もないよ。

Image
↑大きな池にかかる橋を渡って建物へ。バスが着いて、敷地内のインフォメーション・センターに立ち寄り(案内図をもらった)、歩く歩く。レンタサイクルが置いてあって、カートも見えたけども。暑い盛りはつらそう。

展示についてはまた追々。オープン記念で本院から翠玉白菜が来てるんだけど、入口から階段を上がったところに、いきなりでーんと鎮座していてビックリした。えっ、他に人はいませんよ、独占して見てていいんですか。あせるくらい。タイミングがずれると、わやわや人がいたから、ラッキーだったのよ。


| | コメント (0)

2016.05.02

高雄、あつい

5月1日(日)

昨日、18時過ぎの便で羽田を出発して、台湾の松山空港まで。4時間ほどのフライトでした。機内では「オデッセイ」を見ましたが、けっこうギリギリな感じ。

さて今回の旅行は……いつもと同じ行き当たりばったりが、さらにひどくて、もうやってきただけ、という状態。家を出る30分前まで仕事してたんだから、もう余裕もへったくれもないわよ。とはいえ、旅先では全て忘れられる、というのが私のいいところよ

2度目の台湾は、南に行こう、新幹線に乗ろう、というのが目的なので、今日は早速、高雄まで。空港なんかでちょこっと調べてて、どうやらおトクな「3日間周遊券」があるらしいと把握。ちょうど泊まってるホテルが中山という繁華街にあって、JTBラウンジも近いので朝イチで行ってきた。その場で、観光客用の3日間パス(の予約券)を発行してもらい、駅まで。
新幹線乗り放題で一人2400元。高雄までの往復料金より安いから、あちこち行く予定があればほんとに便利。これは自由席だけど、指定も上乗せ料金ナシでOKなのがうれしい。
改札でいちいちこのパス(パスポートナンバーなど記載)と、パスポートを見せなくちゃいけないけど、いやいや苦になりませんわよ。

Image

画像はこの3日間パス(外国人専用)と、台北近辺の電車やバスに乗れるICカード。
ほんの3年前に台北に来た時はトークンで乗ってたのにね。残念ながら、まだ高雄あたりのICカードとは共通じゃないようだけど、近いうちに、どちらでも使えるようになるよね!

ほぼ無目的でやって来たのだけれど、乗り鉄をするのと、やっぱり故宮博物院には行こうと思ってる。新しくできた南院は予約制なので、もう予約もしたよ。


| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »