« 台湾こぼれ話 | トップページ | 母と三姉妹 »

2016.05.15

本家「太陽」を見る

5月11日(水) 「太陽」 19:00〜 於・シアタートラム

作・演出/前川知大 出演/清水葉月(生田結)、大窪人衛(奥寺鉄彦)、浜田信也(森繁富士太:ノクス:見張り)、中村まこと(生田草一:結の父)、岩本幸子(奥寺純子:鉄彦の母)、盛隆二(曽我征治:ノクス:玲子の夫)、伊勢佳世(曽我玲子:ノクス:結の生母)、安井順平(金田洋次:ノクス:医師)、森下創(奥寺克哉:純子の弟)

イキウメの「太陽」は、再演だけれど私は初見。が、蜷川さん演出で「太陽2068」と題されたのは見ている。そして時を同じくして今、神木隆之介くん主演(監督・入江悠)で映画版も公開されている。
シアタートラムの小さな空間で、蜷川演出のシアターコクーンも思い出してた11日。まさか翌日、その蜷川さんの訃報を聞こうとは……。

コクーンの舞台では、ノクス(夜しか行動できない。太陽を浴びると死ぬ)と、キュリオ(旧来の人で太陽の下で生きていける。キュリオという言葉は骨董品の意で侮蔑的呼称)の生態通り、地上と地下とに分かれたような二層の舞台装置がとても印象的。それと横田栄司、大石継太といったワキを固める常連の俳優のことはよく覚えてたのに、あろうことかあるまいことか、ほぼ主役といえる2人を最早すっかり失念してたのねー。キュリオ側が綾野剛、ノクスが成宮寛貴(前田敦子は覚えてた)。いやー、忘れすぎでしょう。

今回は小さなシンプルな舞台で、役者さんも多くはほとんど知らない。だから、よりストーリーに即して雑念なく見てたかもしれない。まぁ、雑念といえば時々、蜷川版を思い出してたのではあるけど。

「進化」した存在としてのノクスの「見張り」役の森繁と、ノクスに憧れる(選ばれればノクスになれる)18歳の鉄彦。2人は会話し、心を通わせるのだけれど、遅れた存在としてずっと虐げられてきた鉄彦の苛立ちと、生まれた時からノクスの森繁の「無邪気さ」がリアル。森繁役の中村さんは、クールな雰囲気でちょっと今井朋彦を連想させるものが。この2人のキャラが、蜷川版と全く違うように思えて(だから思い出せなかったことにしておこう)面白い。

娘のことを大事に思い、だからあえてノクスになることを勧めていた父だけど、実際にノクスに生まれ変わった娘の、それまでを否定する「無邪気な」「いわゆる上から目線の」言葉に号泣する。ノクスになる者、そのチャンスを自ら捨てる者(鉄彦)、何年も前にノクスになったのに今その現実に絶望している者(医師・金田)………。
進んだ世の中で、若さを保ち続け生きることを謳歌する人々。その様々な不健康さ(特に真っ当に見える心の)が、じわじわくる。

|

« 台湾こぼれ話 | トップページ | 母と三姉妹 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

ちょうど今、ユーロスペースで映画版もやってるんですね。トラムのは見送り、蜷川版は発売日を失念してて取れず、映画は長い…と手が出ず、このまま縁がないか?というタイミングでの蜷川の訃報なので、重い腰が上がるかと思いき…いや、よそ様の感想を読んでもう満足!

投稿: 猫並 | 2016.05.16 13:56

猫並さま
映画、ちょっと心が動いてるんですが、長いんですか。大スクリーンで見たくないようなシーンもあるので(ほんのちょっとだと思うけど)、今は見ないかなー。
私の感想では、発端の事件とか何にも触れてないんですよね。そこまでたどり着けず。ご覧になると面白いと思いますよ
蜷川さんの葬儀の様子もNHKニュースでちょっと見ただけです。ネットに出棺を見送る若手俳優の写真があがってて、綾野剛が! ほんとに「太陽2068」の中では一番覚えてない

投稿: きびだんご | 2016.05.16 23:08

きびだんごさま
イキウメの初演をご覧になっていない上でのご感想、
興味深く読ませていただきました。
「役者さんを知らないのでよりストーリーに即して
雑念なく見てたかもしれない」というのはまさに
おっしゃる通りで、私も初演を観た時はそうでしたし、
鉄彦や森繁はあの2人のイメージが強くて、綾野剛くん
や成宮くんはカッコよすぎて・・みたいな。
でも、忘れてはいなかったですが(笑)。

投稿: スキップ | 2016.06.09 08:28

スキップさま
スキップさまのブログを拝読して、ストーリーなどいろいろ思い出してたところです 自分じゃ書かずに、アテにしてるなんてねー。スミマセン。
イキウメはなぜかタイミングが合わず、そんなに見てないんですが、これは無事に見られてほんとによかったです。蜷川版だと、綾野剛を見てる、前田敦子見てる……って感じがあったのかも。いやー、どうして綾野剛を綺麗さっぱり忘れちゃったんでしょ
この公演を最後に、岩本さん、伊勢さんの退団となったのには、驚きました。でも、公演を全て終えてのち、きちんと発表、コメント、というプロセスには好感を持ちました。

投稿: きびだんご | 2016.06.10 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾こぼれ話 | トップページ | 母と三姉妹 »