« シンプルで熱い台詞劇を堪能 | トップページ | ご無沙汰しました、市馬落語集 »

2016.06.24

「太宰を聴く」の歴史

Img_0477_3



今年が第17回だった「太宰治朗読会」。去年までの出演者と作品の一覧表を載せました。
がっ もとの画像は縦長なのに、そのまま入らないのはナゼ。当初、iPadでみると正しくてPCだと90度回転してる? というので昨夜からゴチャゴチャやってますが、諦めました。

第3回で一度だけ、女性が読んだのね。しかも、山崎富栄の文章だったとは!   平野啓子さんは、かなり昔、どこかで聞いたことがる。

それにしても、地味な企画ながら、錚々たる顔ぶれではありませんか。

第10回と11回の間で、1年空白がある。この頃、ちょうど行ってなかったから、事情はわからないな。太宰治賞がらみ、かもしれない。

 

 

|

« シンプルで熱い台詞劇を堪能 | トップページ | ご無沙汰しました、市馬落語集 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

き、き、き、きびだんごさま

ありがとうございます。

iPadだと、クリックするとたしかに正しくなりました。でもって保存したら15回まですべて見えました。あれ、私去年が伊原さんかと思ってた。そうか、國村さんだったわ。
ん、どうして去年が15回で今年が17回なの?

たしかに錚々たるラインナップ。きびだんごさまのおっさるとおり「はずれなし!」ですね。平野さんは高校の後輩なので以前から気になっているおひとりです。

こうなるとますます来年が楽しみになります。行きたいなぁ。

DVDになったら、間違いなく買うぞ!のからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2016.06.24 14:04

重ねて失礼。

よく見ると、第17回は来年ですね。
今年が第16回。

むむぅ、ラインナップを見れば見るほど行かなかったことが悔やまれるからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2016.06.24 14:15

からつぎさま
昨夜から、アップしたり、あれれれ?と下書きに戻したり……出たり入ったり、だったんです。PCからやってみてこれなので、もう見切り発車

なかなか渋い、ほほー、という顔ぶれですよね。三鷹が演劇でつちかってきたパワーは伊達じゃない、という気がします。
平野啓子さん、ふんわりしたイメージがあります。最近、お見かけしてないかも。

で、今度だれで聞きたいか……これまた困る〜。

投稿: きびだんご | 2016.06.24 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シンプルで熱い台詞劇を堪能 | トップページ | ご無沙汰しました、市馬落語集 »