« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016.09.30

9月29日に見た録画

9月29日(木)

NHKプレミアムカフェ (プレミアム・アーカイブス)「ルーアンの丘から 遠藤周作・フランスの青春」

これは先週、9月23日の朝、プレミアムカフェで放映された。2006年のハイビジョン特集。たまたまテレビがついてて、それがBSプレミアムだった、というだけで何気なく見始めたんだけど、結局、最後まで動けなかった。そしてその日の深夜、再放送をこれ幸いと録画して、また見ている、というわけ。
29日は遠藤周作の命日。ちょうど20年前に亡くなったのでした。まぁ、だから、このタイミングでの再放送でしょうが。

そもそも、まずこの番組に惹かれたのはタンジュン 長塚圭史の出演だったから。遠藤が1950年に民間初の留学生(フランスのカトリック教会が招聘した4人のうちの1人)として船で渡仏した時からの日記を、長塚さんが足跡をたどりつつ朗読する。ゆかりの人に会ったりしながら。

さらにこれまた偶然の産物ながら、6月に聖心女子大で行われた震災復興チャリティーの講演会「悲しみの神学 近代日本キリスト教感情史」(若松英輔)を聞いていたから。友人に誘われて、おお!初めての聖心女子大、とミーハー気分で出かけてた。で、その時のお話が、遠藤周作や、一緒に渡仏した井上洋治神父に関わるものだった。うわー、こんなところで繋がったよ、というところ。

*若松英輔氏は、最初、茨木のり子に関する講座を朝カルかどこかで開いてらっしゃるのを知り、友人に教えた。そしたら彼女が乗り気になって、それ以来、テーマが茨木のり子を離れても、また場所が変わってもあれこれ勉強しているらしい。若松さんて、ほんと多方面にアンテナを張ってらっしゃる方。
元三田文学編集長で、先週は井筒俊彦関連の講演会があったらしい。←一応誘われた。


続きを読む "9月29日に見た録画"

| | コメント (0)

2016.09.27

歌舞伎座の客席で

今月の歌舞伎座観劇は
9月11日(日) 夜の部。某団体の貸切ワク
9月20日(水) 昼の部
9月24日(土) 夜の部

20日と24日は、たまには、と音羽会に頼んだもの。それがなかなか日程が決められずに、8月も終わり頃にお願いしたから(そして前楽の土曜の!)、夜の部はなかなかチケットが来なかった。「お探ししています」……それが届いてみれば、6列の仮花道横。吉野川の吉右衛門堪能席、ですよね。

その24日。真後ろはリタイヤ世代(商社とかの←イメージです)のお仲間夫婦グループ、といったところかな。仮花横のブロック全体、8席がね。播磨屋夫人が挨拶してったしな。その方たちが開演前に、「NHKのキャスター」「ほら9時の」などと言ってる。ふむ。どうやら、同じ列のもっと真ん中ブロックに……鈴木奈穂子さん(休憩時にロビーでお見かけ)、やはり目を引くわね。
それはともかく、ご夫婦のオジさま方がいちように「わーい」という感じだったのがおかしかった。終演してからも、奥さんは踊りが綺麗だった、とか言ってるのに、旦那さんは「彼女が見えたのが今日、一番よかった」とか言ってるし。たぶん、おじ(い)さんには、若い女優なんかよりもはるかに好感度高し、なんだろうな、と思ったのでした。

2回目だった夜の部なんだけど、「吉野川」の初めの方で、ちょっと記憶にないところも。あれ?と思って思い出したのが、11日の私の隣の、ちょっと迷惑な人。いや、喋るとかそういうのじゃないんだけど、一言で言って「がさつ」。
風邪のようで咳こむ……それは仕方ないから文句は言わないけど、水を出して飲む、しまう、飴を出す、双眼鏡を出す、いちいち動作が「うるさい」としか言いようがないの。大勢の人がいる劇場なのに、自分のことしか考えてないんですかね。こんなのは注意もできないじゃない?
その人は右側の人と仲間らしく、でもそう親しくはない、という感じだったので、きっと「もう一緒には来ない」とか思われてるんじゃないかしらねー、などと思ってみたり。その人が足元の鞄から取り出すか何かで前かがみになった時に、思いっきり右側に視線を(わざとらしく)向けて、お仲間らしき人に意思表示をしてみたぞ。というわけで、気が散ってたのよぉ。

そうそう、24日に見た時、「吉野川」で染五郎・久我之助が刀を突いて、大判事がまだ刀を引くな、とか何とか言ってる最中に「こうらいや〜」と声がかかったんでびっくりした。東袖からで近かったのよ。

24日は一人で見たけど、11日は5人グループで。「元禄花見踊」の亀寿さんが、その前の「らくだ」のあの人よ!と後から教えて、みんなをびっくりさせちゃった とは言いながら、私も種之助くんが誰かわからず、??だったのでした。


| | コメント (0)

2016.09.23

来年のお正月は翁⁉︎

万作さんちのファンクラブ「よいやよいや」から会報と一緒に届いた案内。

ほーっ、裕基くんが三番叟を。パパ萬斎さんも、同じくらいの歳で三番叟を披いたんだっけね。
タイトルが「三番叟初演の会」だったから、それだけに気を取られてたんだけど、いやに高くないですか?と思って、よくよくみれば、「翁」に観世宗家。宝生宗家もご出演とは、さすがですわ。

このところ、お能にはとんとご無沙汰だけれど、これは見たい……。よいやよいやの先行申込みは、万年「中正面」限定だけれど、ご祝儀(笑)に正面をフンパツするか。でも、席は抽選だからどこが来るやらねー。
幸いにも、ふだんの観劇は仕事で木曜NGだけど、来年は第2週スタートなの

それにしても! 3歳のお猿さんから早いものだわね。こちらも歳をとるはずだ。


Image_2


| | コメント (0)

2016.09.18

どっちを向いても桃太郎

9月18日(日)

Image

岡山に来てます。もちろん母に会うためだけど、今回は息子同行。……というより、実家なら当然ヤツ一人で行くけど、施設を訪ねるのは億劫らしいから、やむなく一緒に。なので、現地集合・現地解散。夜行列車(サンライズなんとか)に乗って岡山まで来たらしい。
私は今回はJR東海ツアーズのパックにしてみた。ホテル付きで、新幹線の往復料金よりも安い、という、まあツアーにはありがちな設定。でも連休中でも通用するし、大人1人でOKだったからね。
*実家には泊まれるけどちょっと不便だし、怖いし。

祖母&孫は、小さい頃から小学校の間くらいまで、2人であちこち、九州やら四国やら鉄ちゃん旅行をしてるので、「楽しい思い出」を母に残した、というところ。考えてみれば、夏休みなど、ずーっと一人で岡山へやってたので、私にはあんまり息子との旅行の思い出はないんだわ〜(夫は鉄旅行に付き合ってる)。まあ、期せずしておばあちゃん孝行をした、ということになるんでしょう。

岡山は、他にネタがないんかい?というくらい、なんでもかんでも桃太郎でして、ついにJR吉備線が桃太郎線となってしまいました。沿線には、吉備津神社、吉備津彦神社、鬼ノ城などがあるから、かなぁ。


| | コメント (0)

2016.09.17

我慢することも覚えよう

1ヶ月以上前から、「購入」をクリックしてある程度進んではやめる、を何回繰り返したことやら。ハイ、現在シアタートラムで上演中の「クレシダ」のことね。
最初、見る気十分でパブリックシアターのチケットセンターに行ったら、席はまだまだ余裕があるようなので、んじゃあ売り切れる心配はしなくていいか、もうちょっと予定が確定してからにしよう! そう思ったのが運の尽き。迷ったり忘れたり!しているうちに、もはや千秋楽も近くなっちゃった。

いろいろ失敗はしている。「遊侠 沓掛時次郎」を見るんだったら、こっちだったな、とか。でも、それは結果論だし(見よう!という意欲は、同程度だった)、あちらは、あまりにいいタイミングで生協チラシに載ったからなぁ。

いま、最後の悪あがきで、「この日、無理をすれば行けるか」と考えたりしてたけど、ほぼ諦めました。こうして我慢することも覚えないとね。そこにはもちろん、値段のこともあるのよ。実は同程度に悩んでたもう一つ、世田谷パブリックシアターの「ディスグレイト 恥辱」も含めて、どれも7000円台。あれこれ見たい私にはちょっとね、というところ。

いつまで仕事してるかわからないけど(定年はないもん)、だんだん生活の規模を縮小していくのかな、と思うとそれも寂しい。でも、現実も見なくちゃね。……と言いながら、いつまでも遊んでいたいと思う、わ・た・く・し

| | コメント (2)

2016.09.16

満月にはあらず

Image

↑9月15日の夜10時半ごろ

我が家のあたりでは、夜8時ごろにザーッとわりと強い雨が降ったし、月が見えるなんて思ってなかった。またまツイッターを覗いてたら、「月が!」なんてのに遭遇して、えっ‼️と外を見たらば、でした。
いつもの撮影ポイント=ベランダ(5階)から。一応、この高さまで伸びてる松の木も左に入れて撮ってみた。保護色化してるけどね。

今年はたまたま9月15日と、それらしい日付けの中秋の名月。でも、満月になるのは17日の04時05分なんですってね←国立天文台暦計算室。この国立天文台のサイトでは、「名月必ずしも満月ならず」というタイトルで、いろいろと説明がありました。


| | コメント (0)

2016.09.14

こんなにぐったりするとは……な映画

9月14日(水) 「シン・ゴジラ」 於・TOHOシネマズ府中

脚本・編集・総監督/庵野秀明 監督・特技監督/樋口真嗣 出演/長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ ほか

このところ話題の映画が多いですねー。そんな中でこれを見たのは、ちょっと前にBSで最初のゴジラを見たから。何気なくテレビをつけたらやってたので、途中から見ただけなんだけど(半分も見てないと思う)、意外にも面白くて興味を持った。今まで全く見てなかったのに。

そして初めて自宅から電車で都心とは逆方向の府中の映画館へ。特急で5分で行けて、しかも駅のそば、という便利さにビックリ。

が、映画そのものは……長谷川博己も竹野内豊も好きだから、大満足のはずが、いきなりパンチを食らってあえなくダウン。というのも、始まってすぐに、まずトンネルを走行中の車の上に天井が降ってくるかのようなシーン。あっという間に別のシーンになったけれども、ギョッとするには十分すぎる映像だったので。
正直言って、見続けるのもしんどかった。途中からだいぶ復活はしたけれど、見終わってからも予想以上にダメージを受けてるのを自覚。そんな自分にさらに盛り下がる。
トンネル崩落事故に遭ったのは、自分の直接の関係者じゃないのに、この体たらくだよ。息子をなくした友人があれ以後、テレビを見ないというのが実感として少しわかった気がする。

でも映画は、ほかの出演者を全く知らずに行ってたので、いちいち新鮮だった。おお古田新太!とか、とうぜん神尾佑は出るわよね、とか。ちょこっと出る人たちも目が離せない感じ。エンドロールでみんなひっくるめて(長谷川さんたち以外)、あいうえお順に並んでたのもホホー、だった。んでもって、その後に野村萬斎の名前がドーンというのにも、今更ながらへぇぇ。

ことのついでに紹介。

Image

↑笹子トンネル事故で犠牲になった子が、その3ヶ月ほど前にカンボジアを旅して撮った写真が本にまとまりました。
「上田達写真集 PYRAMID SONG」プロフィールに第49期三田祭実行委員会・広報宣伝局長とある。そんな人だったの。うちと同じく一人息子だったけど、我が家よりはるかに親子仲がよかったと思うな……。
*Amazonに載ってる。


| | コメント (4)

2016.09.13

なぜか疲れちゃった、新感線

9月13日(火) 「Vamp! Bamboo! Burn!」 12:30〜 於・赤坂ACTシアター

作/宮藤官九郎 演出/いのうえひでのり 出演/生田斗真、小池栄子、中村倫也、神山智洋、橋本じゅん、高田聖子、粟根まこと、篠井英介ほか

Image

たまにしか行かない赤坂ACTシアター。そういえば、この前行ったのも新感線だったっけね。せっかく赤坂駅のそばなのに、なぜ地下から行けないのか。今日は地元では雨に降られなかったのに、赤坂で2分ほど傘をさす羽目に……でも、入り口で傘をたたんでたら、吉田鋼太郎さんがささっと関係者受付を通り抜けてったわ〜。
毎度思うことだけど、あの休憩時間のトイレの行列……というか、並ぶ場所が狭すぎるのよね。私なんか席が通路脇(一番右端)だったから、気を使ってとっとと席を立って、横っちょの椅子に掛けてたんだけど、長い行列と行き来する人でわさわさ、ぶつかりそうだったわ〜。
しかしまあ、若い女性が圧倒的に多いわね。お呼びじゃない感じのわたくし

篠井さんがご出演、というのを、とんと忘れていて、席についてから、あらら嬉しい! でした。

なんというか、いろいろいろいろ、てんこ盛り。んでもって、もちろん生田斗真って舞台だったわね。歌、踊り、立ち回りもたっぷりで、ギュギュギュっと詰め込まれてたからか、たいそうくたびれました。立ち回りカッコよかったですっ。
でも、先日の「浮標」の4時間よりは短いのに(3時間30分くらい)、はるかに疲れを感じてしまった。こんなことではイカン

最初が竹取物語?で始まって、王朝ものなの?なんて思っちゃったじゃない。まさか


| | コメント (0)

2016.09.12

9月前半の観劇

9月12日(月)

相変わらず余裕なくアタフタしてるので、ブログ更新も週1ペースという、今までになく不作?不出来?となっておりまする。

この間、見ましたものは。
8/31 「ハリウッドでシェイクスピアを」加藤健一事務所・本多劇場
これ、初日だったものだから、客席に小田島雄志先生のご一家(息子、孫はわかった)の揃い踏み。ちょうど入り口のモギリを入った時に、こっちを向いてる雄志先生と視線が衝突しちゃって、思わず会釈したわよー。
舞台は1934年、実際に「夏の夜の夢」を撮影しているハリウッド←映画は実在する。そこへ、あの「夏の夜の夢」で3組の結婚式を見届けた妖精の王オーベロンとパックが時空を超えて迷い込んだから、さあ大変。ドイツを逃れてアメリカに来たラインハルト監督役の小宮孝泰が、独特の存在感を発揮してた。

9/2 「浮標」葛河思潮社・世田谷パブリックシアター
横浜から始まって、豊橋、兵庫、三重、北九州、佐賀を回り、いよいよ最後の3日間、計4公演がパブリックシアターで。ずいぶんあちこちで、おトクなチケットが出ていたから、入りを心配してたけど、s最終的にはまあ入ってたと思われます……。そして私は、前回公演に引き続き、最前列にて。
ほんと時間さえ許せば、他の日も見たかったわよ、4時間
ラストまぎわ、美緒が力を尽くした託児所の生徒たち(大きくなってる)が、見舞いに来る。庭で、かわるがわる美緒先生にしゃべるんだけど、それを周囲にぐるり腰掛けてるキャストが、何人かで声を合わせたりして繋いでいく。ここ、初演の時には不意打ちくらって泣いちゃったわね。再演からは、構えちゃう場面でもあるけれど。
そこでは、出演者がみんな、ほんとに生徒さんたちになりきってるんだな、というのが、今回とても強く感じられた。田中哲司さん、これでもう久我五郎は最後なのかなぁ……。

9/5、6 文楽

9/9 「遊侠 沓掛時次郎」シス・カンパニー、新国立劇場 小劇場
特に積極的だったわけじゃないの。シス・カンパニー、時々変なのをやるんだもん。「瞼の母」とかさぁ。だけど、「コペンハーゲン」を見て盛り上がってたタイミングで、生協でちょっと安めに出てたから、ウカウカと。そしたら、さらにさらにお安いチケットが出てきて、全く〜。おまけに、浅野和之さん休演だなんて
*私の隣の2人は「観劇モニター」に当たった人。開演前にそんなことを喋りながらアンケートに記入してたよ!
これも劇中劇がたっぷり。なんたって、旅まわり一座の話だから。でも、(北村想・作)原口統三「二十歳のエチュード」だの、アルチュール・ランボーだの、革命戦線?だの(そういう活動家くずれがいるのです)、難しい言葉はでてくるし、入り込んだJKは本をアマゾンで買っちゃうし。なんか、時代はいつなの?と混乱してしまった。

9/11 歌舞伎座・夜の部
友人たちとフルメンバー5人で。しかーし、私はこの日、朝の5時まで仕事して、それを宅急便にのせてから出発。そのせいで、着物メンバーなのに、とてもそんな元気ナシ
皮肉なのは、そんなにあせってやってた仕事が「着物の本」ってことだわね。
1階2等席の一番前だったから、足元ゆったりで気楽に見られてよかった。吉野川の下流で見てたというのかなんというのか。
演目の組み合わせもとてもよかったんじゃないかな〜。楽しかった。
元禄花見踊は、玉三郎先生に若手が鍛えられてます!って雰囲気が、ちょっとおかしかった。

(9/13 「ヴァン!バン!バーン!」劇団新感線、赤坂ACTシアター 予定)

| | コメント (0)

2016.09.07

国立劇場50周年!「一谷嫩軍記」

9月5日(月)第1部
堀川御所の段、敦盛出陣の段、陣門の段、須磨浦の段、組討の段、林住家の段
9月6日(火)第2部
「寿式三番叟」
弥陀六内の段、脇ケ浜宝引の段、熊谷桜の段、熊谷陣屋の段

チケットを取ったいきさつは忘れたけど、出遅れたか何かでいろいろ迷った挙句(2等でいいか、とか)、第1部は1列左ブロック、第2部は3列左ブロックと、床の方々は無視という感じになってしまった。
しかも、土日にけっこう根を詰めて仕事してたから、最前列でありながらも。

堀川御所の段は、出語り(でいいのかな)ではないから、誰とはわからないけど、やっぱり声を張り上げればいいってもんじゃないんだな、というのを実感。
そういう思いがあったものだから、その後の太夫さんの声になんとなく注意がいった。全くといっていいほど床が見えないから、かえって声に集中できたのかも。で、咲甫太夫と小住太夫がすごく声が出てるなー、と思った。

たぶん敦盛出陣の途中から陣門のあたりで、意識がかなり飛んだような。で組討(咲甫/錦糸)あたりから覚醒して、林住家でシャッキリ……と思う。

続きを読む "国立劇場50周年!「一谷嫩軍記」"

| | コメント (0)

2016.09.03

ヘルシンキ最終日の事件

8月11日(木)

ヘルシンキは小さい町なので(たぶん)、中心部はだいたい歩いて回れる。私が泊まってたホテルは少し外れだけれど(たいていそういう立地の所を選んでる)、トラムに乗るかどうか迷う程度。ノンビリ歩くのも楽しい町だった。最終日までは。
大通りに面してる国立博物館もホテルからトラム1駅分。そこから中の道に入っていくと、「岩の教会」があるはずで、ヘルシンキの最終日は、朝、ホテルに荷物を預けてから、まずそこを目指した。

Image

国立博物館の裏手はこんな感じで、ちょっと日本っぽいよね、とか言いながら写真撮ってた。ここに限らず、あちこちで、こんな石組みなんかを見かけた。

小さな公園の辺りで手持ちの地図を見て、どっちかなー。私は案内図かしらと思いつつ掲示板っぽい物の方に近づいたら、女の人に声をかけられた。(って、言葉はよくわかんないけど) 指差されて、パッと見たら、ベージュのカーディガンの後ろに同系色のペンキか何かが付いてる

そこには、他にも、携帯電話で喋ってる男性と、カジュアルな服装の男性も別々にいたんだけど、なんかねー警戒信号が。そうこうしてると、夫のズボンにもペンキ状の物が。そしたらカジュアルな男性の方が「あっちにトイレありますよ」と。

いやいやいや。何とかします、さようなら で慌てて大通りの方に逃げたんだけども、これって色々取られちゃってて不思議じゃなかったよね。ショック。冷静に考えると、私のカーディガンに付いてたのなんて、ほとんど保護色だから、あんな位置から見えるわけがないよ。夫は紺のズボンと黒のバッグにかなり盛大に付いてたけども。
「たぶん、あそこ(小さな交差点)で掛けられたに違いない」と、これも後の話。3人が仲間だったのかはわからない。
応急処置をして、気を取り直して町の中心部へ。もう「岩の教会」には行かない!と思ったんだけど、それも悔しいし、別の道から無事に行ってきた。

たぶんね、のんきに↑こんな写真撮ってたりして、無警戒だったんだねー。もうちょっと道順も頭に入れとかなきゃ、などなど、反省もしたわよ。

というわけで、ヒヤリ、な思い出なのでした。
*付けられたのはペンキじゃなくて、むしろ絵の具に近い何か。ほぼ綺麗に取れた。


| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »