« 万作さんは早稲田出身だったっけ | トップページ | 今週2度目の萬斎さん »

2016.10.21

映画館をハシゴする

10月19日(水)

「帰ってきたヒトラー」下高井戸シネマ
「何者」TOHOシネマズ府中

月曜に書の教室があって、引き続き書かないといけないもののちょっと一息。仕事も一段落してるので今日までは暇だ〜、というわけで、映画を見る日となった。
「帰ってきたヒトラー」は3週間上映してたのに、この金曜までとなっちゃったので、優先順位はこちらが上。「何者」はもう少し後でもいいかと思ってたら、「どうせ見るつもりなら封切り1週間以内に」と言われて、んじゃあ、とハシゴすることに。

ちなみに、下高井戸シネマは会員登録の更新をした時の招待券で、TOHOシネマズは共通前売券をたまたまもらっていたので、どちらも財布からお金は出してません

「帰ってきたヒトラー」は3カ月ほど前に見て、再見。せっかく下高井戸で上映するんだし、もう一度じっくり見たくて。いや〜、恐ろしさは更に増すわね。ブラックコメディ……というには、あまりに重い気がするなぁ。

「何者」は、17時20分からの回を見たので、学校帰りの高校生グループも何人か。菅田将暉くんあたりのファンかなぁ。菅田くん、バンドのボーカルで何曲か歌ってもいて、かっこいいです。
主役は佐藤健。キャストを聞いた時には「また佐藤健?」みたいな気分だったけど、いやいや、それだけのことはある、と思っちゃった。
他の出演者:岡田将生、有村架純、二階堂ふみ、山田孝之も含め、それぞれにキャラがちゃんとしていて、原作からすれば、な「がっかり感」はなかった。

この前のラカグでの対談でも話題に出てたけど、佐藤健(が演じる拓人)の洋服が徹頭徹尾、ダサい。変なんじゃなくて、ちょっとずつ、垢抜けないというか、普通なのに冴えないというか。このさじ加減は何なのでしょう。
終盤のギョッとする展開は、本を読んでたからわかってはいても苦しくなっちゃう。そこに、舞台の人らしい三浦監督の演出が相まって。一気だったなー。でも就職の面接で「あなたを1分間で紹介してください」なんて言われたら、ほんと困るわよぉ。

|

« 万作さんは早稲田出身だったっけ | トップページ | 今週2度目の萬斎さん »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

『何者』、私も観てきました。朝井リョウ原作で三浦大輔が脚本監督ってピンと来なかったのですが、観てみたらなるほどこれは三浦大輔だと納得しました。
確かに、「一分間で自分を紹介しなさい」は難しいですね~。私なんか絶対に無理無理無理無理。今の面接ってほんとうにそんなこと聞くんですかね? だとしたら今の就活は私らの頃よりはるかにたいへんだ。

投稿: ケイジ | 2016.10.27 19:50

ケイジさま
あら! 三浦大輔監督・脚本だから、ご覧になったんですよね。私は三浦さんの舞台を見るエネルギーが今はないんですが、この映画はかなり面白く見ることができました 演劇的な部分が、えっという感じで。
ほんとに、就活ってなんなんですかねー。うちの息子は就職して5、6年ですが、どんなだったか全く知りません。まあ企業には早々に見切りをつけて公務員試験を受けたのかも。

投稿: きびだんご | 2016.10.27 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万作さんは早稲田出身だったっけ | トップページ | 今週2度目の萬斎さん »