« 初・文学座アトリエ | トップページ | 駒場公園から御茶ノ水 »

2016.10.04

机上の空論

12月9、10日、京都芸術劇場春秋座でポール・クローデル作「繻子の靴」が上演される。これがねー、11時スタートの20時30分終演(30分休憩3回を含む)なんですわ。あまりのことに、目眩が。体力万全で見るには、2泊3日で行かないとダメじゃない?
さりながら……これを逃したら一生見るとこはないだろうな、とも思う。翻訳、構成、演出の渡邊守章の名前は、大昔の仕事で多少、親近感もある。

ということで、チケットをとりあえず予約←明日が支払い期限
最初、見に行くかな、と思った時には、岡山行きと組み合わせようかと思ったの。ホテルは安いし。帰りは高速バスを使うか? でも、そこまで元気じゃないよ。

で、大阪に泊まって京都に通う、という計画に変更。通うというのは、顔見世の最中だと思い当たったから。でも、これは歌舞練場だからチケット取れない可能性大だわね……。んでもって、東洋陶磁美術館の特別展とも時期ピッタリ。こちらもとりあえず格安JRツアーを仮押さえ。

机上の空論、というよりは、もうちょっと形にはなってるんだけど、それもこれもチケットをほんとに「購入」してからの話だわね。迷う〜。悩む〜。
(万一、ほんとに行くとして、でも京都に泊まるかも、ですが。)

|

« 初・文学座アトリエ | トップページ | 駒場公園から御茶ノ水 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

きびだんごさま

「繻子の靴」チケット取られたのですね。
私も激しく迷ったのですが、12/10は会社の行事があって
観るとしたら12/11なのですが、前日仕事でヘロヘロに
なった後、翌日曜日の11:00-20:30では精神力も体力も
とても持たない・・と自粛することにしました(涙)。

きびだんごさまにはぜひ観ていただいて(他力本願)
レポをお願いしたいです。

投稿: スキップ | 2016.10.04 09:24

春秋座って場所が不便ですよね、もうちょっとなんとかなってくれたらって思うんですが、大学だから仕方がないのか。今年の京都の顔見世は歌舞練場で3部制だから、かえって見やすい印象ですよね。しかも3つ全部見ても、通常時の昼夜よりお安い…行かないから関係ないんだけど、ちょっと羨ましいです

投稿: 猫並 | 2016.10.04 19:05

スキップさま
いやいや、チケットは予約しただけで、まだ購入に至ってないのです。いよいよ明日が期限となりました どうしましょうねぇ。

私も年末の繁忙期にこんなことしてていいのか、ではあるのですが、12月5日で書道の作品書きが一段落するので、自分を甘やかしてもいいかな〜、とか、誘惑されたりして……。
ほんとに行ったなら、しっかり見てくる所存であります

投稿: きびだんご | 2016.10.04 21:09

猫並さま
何回見ても、最寄りの「茶山駅」が覚えられません。出町柳だって降りたことないですし……。どうなりますか。
というか、だからまだ購入してはないんですー。
顔見世もパッと思いついただけ。そうか、値段はいつもより安いんですね。うむむ

投稿: きびだんご | 2016.10.04 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初・文学座アトリエ | トップページ | 駒場公園から御茶ノ水 »