« 舞台で「映画の話」 | トップページ | よる年波_| ̄|○ »

2016.10.19

初見参! 演劇博物館

10月18日(火)

Img_0738

新国立劇場から、早稲田大学へ。主たる目的は、野村萬斎トークショー「狂言とシェイクスピアの出会い」(大隈記念講堂)を聞くため。これが18時30分からなので、それまで演劇博物館に行きましょう!というわけで。最初、もしや17時までかと焦ったけど、火・金は19時までとのことでホッ。おかげで無駄遣いをすることもなかった。演劇博物館、トークショーともに入場無料。

演劇博物館では、Exhibition 1 として「落語とメディア」、Exhibition 2 「沙翁復興ー逍遥からNINAGAWAまで」が始まったところ。かなり私向きではありませんか。


1階の2室がシェイクスピア、2階が落語。当然、というか、今日の気持ちとしてはシェイクスピアをメインに見たのでした。
何しろ、正式名称は「早稲田大学坪内博士記念演劇博物館」というくらいだから、坪内逍遥の自筆原稿とか音源とか(ヘッドホンで聴ける)も。東横ホールの歌舞伎ポスター(菊五郎劇団)にも、目を奪われた。夜の部の演目が「蘭平物狂」「ベニスの商人」「黒手組曲輪達引」。へぇぇ! 昼の部には「生写朝顔話」や「鷺娘」があったなぁ。

もう一室は、蜷川、萬斎、宮城聰らによるシェイクスピア上演。野田秀樹はオペラ「マクベス」を演出してたんだね。その衣裳が展示してあったりも。

2階の落語はわりとササッと見た。「落語とメディア」だから? 先代小さんのテレビCM映像なども。こちらのイベント、「喬太郎✖️「昭和元禄落語心中」トークは、15日に行われたのでした。これはまあいいか、と見送ったけど、今後も、小三治一門会や、若手の公演がある。

|

« 舞台で「映画の話」 | トップページ | よる年波_| ̄|○ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 舞台で「映画の話」 | トップページ | よる年波_| ̄|○ »