« ゲゲゲ忌って知ってる? | トップページ | じっくり「楢山節考」 »

2016.11.28

晩秋の大人な時間

11月27日(日) 「肉声」 14:00〜 於・草月ホール

(主催・企画制作:小田原文化財団)
原案/ジャン・コクトー 構成・演出・美術/杉本博司 作・演出/平野啓一郎 主演/寺島しのぶ 節付・演奏/庄司紗矢香

Img_0787

この公演を知った時には、内容も知らずただ顔ぶれに、ほへ〜。見に行きますとも!だった。幸い、というか、音羽会にお願いすることもできて……最前列(センターブロック上手)でなくてもよかったんですケド。

公演まで、あまり情報も入れずにいたけど、「朗読劇」「妾・語り」というのはなんとなくわかってたかな。最初、一人芝居と思ってたかも(ま、台本を手にしてるというくらい?) 原案・コクトー「声」に想を得た「別物」らしい。
当日もらったパンフを今頃読んでるけど、これ、見る前に読んでおくべきだったかな。早めに席に着いてたのに、客席が狭くて読むどころじゃなかったの。
↑入口にはお花がいっぱい。端っこの、作家宛のを撮しておいた。

開演前からステージ後方には白いモダンな家が映されてる。くっきりしたものではなくモワモワしたピントの。そして下手に黒電話の置かれた台、そこから上手にオットマンのような白い椅子と、やはり白のソファ。それだけ。
*協賛:カッシーナ・イクスシーとある。

まず、庄司紗矢香さんのヴァイオリン(下手で)。演奏は冒頭と、中間=間奏曲(設定の年が1940年から45年3月の東京大空襲直後に変わる間)、最終盤の3回。あ、年は背後のスクリーンに映し出される。その間奏曲の間に、しのぶさんも衣裳替え。前後半ともに黒のシックな洋服だけど、前半はセクシー、後半はエレガントなジャンプスーツ(モンペの時代だから?)

パンフの杉本さんの言葉を読むと、この作のモチーフは堀口捨己設計のモダニズム住宅に住む愛人、とのこと。実際に堀口は資産家の妾宅を設計しており、愛人は趣味がフェンシングと水泳という当時のモダンガールだったんだって。作中、このお家にはプールがあるし。

太平洋戦争の直前と、敗色が濃くなった時(この家は無事だったけど本宅は焼失)。女に、「旦那」からかかってくる電話。それに向かって語る「妾・語り」というわけ。
しのぶちゃんの声は柔らかくて……こんな家に住むに(そして受け答えの内容に)ふさわしい、知的な女、でありました。

私がわりと朗読劇方面が好きなのは、空想の余地がすっごくあるからだな、とつくづく思った。そんな世界に浸ったのでありました。

クラシック、庄司紗矢香ファンもきっと大勢いたのでは。これまたものすごく贅沢な空間。客席も、文学関係かしら、な大人な雰囲気。ちょっと場違いなワタシ?感は否めなかったかな。……ま、前にここに行ったのが落語だからね

ところで草月ホールなくなっちゃうの? いいホールなのにね。



|

« ゲゲゲ忌って知ってる? | トップページ | じっくり「楢山節考」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

普段から草月ホールの客席は暗いと思ってましたが、今回は特に暗くなかったですか?
私は座席のプレートがどうしても読めなくて、背の部分に顔をくっつけてみましたよ。とほほ。
隣では席番号をめぐって言い合っているけれど、どちらもチケット面に書かれた座席番号が見えないみたいで(爆)
ちなみに、スクリーンの映像は、ボケた演出だったんですよね?それとも他の皆さんにはクリアな映像に見えていたのかしら…

投稿: 猫並 | 2016.11.29 22:53

猫並さま
客席、すっごく暗かったですよね! 座席番号も読めやしない。入ってまずこれではイライラするー。余談ですが、東京芸術劇場も(中劇場、小劇場ともに)座席番号が小さくて見づらい。デザインより何より、表示のわかりやすさとか座り心地を優先してほしいなぁ。
スクリーンの映像はボケてました。開演までの間、暗さとかボケた映像とか、ちょっと落ち着かないものがありました。
この日はセンターブロックの後方に、ローラン氏とかフランス?の方が何人もいらしたようです。

投稿: きびだんご | 2016.11.30 01:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲゲゲ忌って知ってる? | トップページ | じっくり「楢山節考」 »