« シネマ歌舞伎、のちイタリアン | トップページ | 気晴らししてきた! »

2016.11.01

いいお芝居って、そこを入口にどんどん興味が深まっていく

10月30日(日) 「治天ノ君」14:00〜 於・シアタートラム

(劇団チョコレートケーキ 第27回公演)
脚本/古川健 演出/日澤雄介 出演/西尾友樹(大正天皇嘉仁)、松本紀保(貞明皇后節子)、谷仲恵輔(明治天皇睦仁)、浅井伸治(昭和天皇裕仁)、菊池豪(有栖川宮威仁)、青木シシャモ(原敬)、吉田テツタ(牧野伸顕)、佐瀬弘幸(大隈重信)、岡本篤(四竃孝輔)

最初ノーマークだったこのお芝居、東と西の、私がよくブログを読んでる観劇好きな方々が揃ってご覧になる(ご覧になった)とのことで、詳細をチェックしてみれば大正天皇ですと? ということで、出演者は松本紀保さん以外、どなたも知らないながら見に行った。パブリックシアターのチケットサイトではもういい日はなかったので、「こりっち」で。そしたら日曜なのにH列のセンターブロックで、ラッキー(当日、行くまで席はわからないけど)。ま、シアタートラムならどこでもいいし。

ちなみに、もらってきた簡単なパンフ=配役などの他に、年表や語句説明がある、をテーブルに出していたら、夫が目ざとく見つけてギョッとしてた。何?誰??と。

開演前から、舞台下手に置かれた赤い椅子(玉座よね)と、そこから上手にのびるレッドカーペットの存在感に圧倒されるような気分に。芝居がはじまっても他に小道具がでてくるわけでもなく、ノンストップ2時間20分ほどが、このシンプルな舞台で演じられた。
その分、照明がとても効果的に使われてたし、今ここに存在してない明治天皇が嘉仁のそばに現れて語るのも違和感がない。

という意味でも、脚本、演出ともに、素晴らしいと思う。さらに出演者もみな力演……という言葉は合わないかも、だけど、ずっしり安定。皇后節子を演じた松本紀保が背景などの説明ナレーションも担当。 彼女の品のある語りや、ここ、という時の毅然とした佇まいなど、素晴らしかった。小劇場の地味なお芝居によく出てるイメージだけど、また見てみたい(と言いつつ、以前、椿組の夏の野外劇での蓮っ葉な女も思い浮かべてた)。

大正天皇ってずっと忘れられた存在というか、口に出すのが憚られる(=やんわり虚弱と言っちゃうような)感じだった気がする。15年しかなかったしね。でも、何年か前に原武史「大正天皇」が出版されて、その実像が注目されるようになったんだっけ。そういえば、大正って、大正ロマンとか大正デモクラシーとか、およそ戦前の帝国主義だのなんだのとは関係ない言葉と結びついてる。

この本は評判を聞いただけで(仕事上、書評用などで手に取ったことはある)読んではいない。今回のパンフでも参考資料何冊かの一番に挙げてある。単純だから、すごく興味をもってしまった。

劇中では大々的に「明治60年」を祝おう、というシーンが出てくる。つまり偉大な明治帝を嗣ぐ裕仁の存在がクローズアップされるわけ。そういえば、私には「明治百年」わーい!みたいな記憶はあるぞ。あの時も、そんな時代の賛美を苦々しく受け止めてた人たちがいたんだろうなぁ。

しかし、摂政である。歴史用語かと思っていた「摂政」がまさに今、クローズアップされている。東京公演の初日だかに三笠宮が亡くなって、そんな「時」の不思議さも含めて忘れられない舞台になった。

|

« シネマ歌舞伎、のちイタリアン | トップページ | 気晴らししてきた! »

演劇」カテゴリの記事

コメント

もう1回見ると決めたとき、一瞬だけ、11月3日にするか?と思ったんですけど…なんだか妙な気分になりそうな気がして止めました。でも、そうすればよかったかなー、なんて、まだ迷っています
この劇団、初めて見たんですが、とても気に入りました。でも、皆さん凄いベテラン感なのに、聞けば30代?ビックリです。舞台スペシャリストかー

投稿: 猫並 | 2016.11.02 18:05

猫並さま
いやー、今日ニュースで「明治の日」制定を求めて国会内で集会、なんてのを読んで、またまた「治天ノ君」を思い出しちゃいました。そも3日に見るのは、やはり特別な気がします。わーん、私も再見したくなったぞ!
ほんと、まったく初めての劇団でしたが、よかったですよね。30代とは! 嘉仁&裕仁はまだしも。

投稿: きびだんご | 2016.11.02 21:12

きびだんごさま
そうかぁ~、東京は今だったのですね。
とても見応えのある舞台でした。
史実に基づいたフィクションとはいえ、私(たち)が知らないこと、
知っておくべきことはまだまだたくさんあるなぁと思い知りました。

原武史さんの「大正天皇」。
私もこの舞台観た後興味持って文庫本も出ていましたので
つい買ってしまいました。まだ読んでいないのですが^^;

余談ですが、「こりっち」って何かしら?と思っていたのですが、
CoRich なのですね!
勝手に「コーリッチ」と読んでいました(笑)。
おー、そういうふうにチケット取れるのね、と勉強させていただきましたです。
ありがとうございました。

投稿: スキップ | 2016.11.04 14:07

スキップさま
えっと、スキップさまは西のお師匠さま、という感じです
まずCoRichの件から。私は(実際に発音することはないですが頭の中で)コにアクセントでコリッチと呼んでました。若い人だとそうじゃないわね、きっと。こちらでチケットを取ったのは数回でしょうか(劇団サイトから、ここに飛んで)。受付精算で手数料などが不要なので助かります。

治天ノ君、関西が先でしたものね。スキップさまのブログで、まず「えっなに」だったのです。この時期に上演されたということにも、とても意味があるな、と思います。もうねぇ、国会の状況などを見てると、ノンポリ自認の私でさえグッタリですわ。
そして「大正天皇」をお買いになった そんなスキップさまに


投稿: きびだんご | 2016.11.04 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シネマ歌舞伎、のちイタリアン | トップページ | 気晴らししてきた! »