« 久保田万太郎の作品を見る | トップページ | 穏やかな新年 »

2016.12.31

今年の観劇を振り返る:演劇のみ

12月31日(土)

簡単なおせちもどきを作って、さてテレビでも、と思っても、あんまり気が乗らないわね。
年末年始の大事な時に、我が家のBlu-rayがほぼ故障、というのも困ったことで。というわけで、普段はあまりしない年間の回顧を、してみることに。

感想は書けないまでも、メモなりをきちんと残しておけばいいんだけど、そこが大まかな私ですから とりあえず今年の舞台を5本選ぶと……

NODA・MAP「逆鱗」
イキウメ「太陽」
ケラリーノ・サンドロヴィッチ「キネマと恋人」
京都芸術劇場「繻子の靴」
新国立劇場「ヘンリー四世」

最近見たのが多いのはご愛嬌といいますか、やっぱり記憶力の問題ね。ストレートに自分のありかたを問いかけられるもの、演劇の楽しさを感じさせてくれるもの、そして時間の壮大な渦に飲み込まれる快感……。
結局のところ、私の観劇のポイントはこんなところなのではないかと。という意味では、ここに挙げたのはその一例ともいえそう。

来年(あと2時間くらいだ)は、どうなりますか。記録をとるのはほぼ諦めて……感性を鈍らせないように、とは思ってます。

|

« 久保田万太郎の作品を見る | トップページ | 穏やかな新年 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

きびだんごさま

続けて失礼いたします。

「逆鱗」は私も2016年のトップスリーに選んだのですが
年末に自分の書いた感想を読み返して涙ぐむくらい
好きでした(どんなナルシストだ)。

後ろの2本を観ていないのですが、特に「繻子の靴」。
あの作品がああいう形で上演されるのは、少なくとも
私が生きている間はもうないのではないかと思うと
逃した魚の大きさに新年から悶々(笑)。
今年も煩悩にまみれた1年となりそうです(^^ゞ

投稿: スキップ | 2017.01.01 23:51

スキップさま
こちらにもありがとうございます
「逆鱗」ほんとに忘れられない作品になりました。野田さんの頭の中、どんなふうになってるのかしら。同時代にいられて(というより、まんま同年代ですが)、幸せ

「繻子の靴」は、最初、ほとんど冗談で観に行こうかな、と言ってただけなのに、本気になってしまいました。やっぱり「今」を逃しちゃいけないでしょ、と。これ、もしかしたら東京だったら、行ってないかも、です。
日経新聞の記事によると、渡辺守章先生、2018年(クローデル生誕150年)に、再演したいとのことですよ

投稿: きびだんご | 2017.01.02 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久保田万太郎の作品を見る | トップページ | 穏やかな新年 »