« 5.5時間、耐久観劇 | トップページ | 顔見世に来ました »

2016.12.06

新作歌舞伎を楽しむ

12月6日(火) 「十二月大歌舞伎」第1部 11:00〜 於・歌舞伎座

「あらしのよるに」(原作/きむらゆういち 脚本/今井豊茂 演出・振付/藤間勘十郎)
獅童(がぶ)、松也(めい)、梅枝(みい姫)、権十郎(がい)、萬次郎(狼のおばば)、中車(ぎろ)ほか

絵本が原作の新作歌舞伎。これ、去年、京都で初演されたけど、えーっ⁉︎なんでまた、というくらいの気分で見てた。が、すごく評判が良かったらしくて、歌舞伎座に登場、なんである。

何しろ、人間が出てこないわけで、狼(黒/茶)vs.山羊(白)というのですからね。想像ができませんわ。

でも、のっけ、狼たちだけの群舞、山羊たちだけの群舞が、目にも楽しくて、そこからエンターテインメントに徹して、わかりやすい舞台が展開されたのでした。

悪役の中車がとて貫禄があってよかった。こういう全く別次元の話(人じゃないわけだし)は、振り切れてて合うんじゃないのかな。
*でも、私はNHKの「スニッファー」を見たばかりで、あの情けない役を一瞬思い浮かべて笑ってしまったよ。

ストーリーもよくできてるなー、と。ヒネてる私だけど、これはどういう風に着地するのか、とドキドキしちゃったわ。

松也くんは山羊だから、女方よね。なんか久しぶりにたっぷり見られて良かった〜。お正月は浅草だし、大活躍。獅童もノリノリで受けてた。やっぱり勘三郎からの系譜、かな。たまにはこういうのもいいよね、と素直に思うよ。

今月は三部制。第2部が「吹雪峠」「寺子屋」、第3部「二人椀久」「五人道成寺」で、なんか釈然としない。2部はエネルギーが出なくて、3階からですら見ないのよー。

たまたま、今日の夕方5時から、NHKシブゴジ内に獅童くん登場。がぶとめいとで、客席を歩いてる映像も見られた。

|

« 5.5時間、耐久観劇 | トップページ | 顔見世に来ました »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

私もシブゴジ見ましたよ‼ 番組欄で知って録画予約して見たんですけど。初日の席は3階だったので客席歩きの様子は想像していただけだったんですが、映像で見られてよかったわ。
中車さん、私もスニッファーがすぐに浮かんだし、カマキリもやった人だからオオカミだって(マザコン刑事もカマキリも香川照之として、ですけど)、なんてね。確かに役も役ですが、歌舞伎にとても馴染んできたなあと思いました。

投稿: SwingingFujisan | 2016.12.07 19:00

SwingingFujisanさま
そうそう、中車さん(じゃなかった香川照之としての、でしたね)カマキリ、再放送も見逃しちゃって、見ずじまいなんですよ。確かに、歌舞伎に馴染んできたんでしょうね。才能とか努力とか場数とか……すごいわー。
シブゴジ、家にいる時はわりと見てるんですよ。キャスター・コンビもいい感じで。それはいいんだけど、最初に「渋誤字」って変換されちゃって
(校閲ガールは1秒も見てません)

投稿: きびだんご | 2016.12.07 23:24

渋誤字--
変な誤変換ってありますよね~。
校閲ガール、同じくです‼

香川さんの昆虫番組は今のところ再放送予定はないようなのですが、いつか又やるかもしれませんね。第2弾、3弾もやってほしいし。

投稿: SwingingFujisan | 2016.12.08 16:01

SwingingFujisanさま
誤変換とか、あとスマホなどの予測変換(候補)も、ガクッというのがありますよね。私はもう自分のPCを持ってなくて、たまに家族のを借りるんですが、いちいち「なんでこれが出る!」というのばかりなんです。
重版出来!は楽しく見ていたんですが、どうも……。前面に出るような仕事じゃない(目立ったらおしまいだ、みたいな)

投稿: きびだんご | 2016.12.08 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5.5時間、耐久観劇 | トップページ | 顔見世に来ました »