« 福岡に行ってきた | トップページ | ヒット映画を見に行く »

2017.01.06

2017年は「翁」から

1月5日(木) 「野村裕基 三番叟披キの会」 14:00〜 於・国立能楽堂

「翁」観世清和(翁)、裕基(三番叟)、遼太(面箱)、観世三郎太(千歳)//大鼓・亀井広忠、小鼓頭取・大倉源次郎、脇鼓・田邊恭資、脇鼓・鵜澤洋太郎、笛・一噌隆之
…………休憩…………
舞囃子「高砂」宝生和英//大鼓・亀井広忠、小鼓・鵜澤洋太郎、太鼓・小寺真佐人、笛・一噌隆之
狂言「末広かり」三宅右近(果報者)、野村又三郎(太郎冠者)、井上松次郎(すっぱ)//お囃子・同上
狂言「歌仙」万作(柿本人丸)、萬斎(僧正遍昭)、竹山悠樹(参詣人)、深田博治(在原業平)、高野和憲(小野小町)、月崎晴夫(猿丸太夫)、石田幸雄(清原元輔)//大鼓・亀井広忠、小鼓・大倉源次郎、太鼓・小寺真佐人、笛・一噌隆之
*それぞれ地謡のお名前は略

Img_0843
↑プログラムの表紙


Img_0842

↑祝い花も豪華ですー。


さすが野村萬斎さんの長男、裕基くん17歳の三番叟の披きは、豪華メンバーでございます。なんたって、観世宗家と宝生宗家のご出演。上には書かなかったけど、翁の後見に野村四郎(と観世芳伸)、狂言後見は、万作・萬斎ですのよ
万作家による「歌仙」では、岡さん以下4人の地謡だし(後見に遼太、裕基)、総力を挙げて、というのがよくわかる。

私はファンクラブで、何年ぶりかの正面席を購入。これ、席は全くの抽選なので若干危惧していたのだけれど……2列でも右端 むぅっ、ここはちょっと柱が邪魔になりましたです。


それにしても、お正月は「翁」がいいわね、などと言ってたのははるか昔。すっかり無縁になってたところに、裕基くん三番叟初演とな。これは万難を排して行かねばなりますまい。ということで、正面席をフンパツしたのですわ。

観世宗家の翁はもちろん初めて……と思ったら、そんなことはなかった。能楽堂25周年で見てたのね、私。でも、今回は千歳に三郎太くん、面箱が遼太くんと、全くの若手。
プログラムを見てたら、裕基くんと三郎太くんはともに17歳で同じ小学校で学んでいた、とある。裕基くんはいまロンドンの学校に通ってるとか。

「翁」はただでさえピンとした緊張感があるのに、披キの会ということで、始めから重い空気も漂う感じ。でもお囃子がそれを少しキリリと絞ってくれた、かも。いやー、亀井さんの大鼓、一段とキレキレでしたわ。
裕基くんの三番叟は、みんな力を入れて見守った、という気がするな。あの、3歳でお猿さんを演じた子が、という思いとか、そりゃまあ、いろいろと。父親の軽やかな三番叟をイメージすると、違うのは当たり前で。
ほんとに狂言師としてのスタートラインなんだ、ということが実感できた。そのスタートをこんな豪華な顔ぶれで送り出してもらえる。恵まれてるし、重圧でもあるでしょう。普通の子なら、将来のことなんて夢のまた夢だもんね、と、舞台の上のふたりの17歳を見ながら思ったりした。
そうそう、裕基くんの三番叟には、萬斎さんじゃなくて万作さんの雰囲気をちょっと感じたなぁ。

「高砂」「末広かり」と、いかにもめでたい曲が続き、そして一門総出の「歌仙」と相変わらず構成も素敵。ま、「歌仙」の話自体は、そんなに好きじゃないんだけど、なんか妙に似合ってる各キャラクターが楽しくて、全てOKって気になっちゃうよ。

|

« 福岡に行ってきた | トップページ | ヒット映画を見に行く »

能・狂言」カテゴリの記事

コメント

そうそう、国立能楽堂って、正面の前方で上手側だとちょっとガッカリしますよね。うっかりすると(ヒトがたくさん出てくる番組では)正面なのに見切れる?!なんてことも。
観世宗家の翁と言えば、振った瞬間に鈴が落ちて転がったのもそうだったような気が…長いけど、荘厳で格調高く、お正月だ!という感じは、やっぱりお能の翁が一番ですねー
それにしても…能楽堂ってお花出してくれるんですね。
国立劇場は花粉が落ちて絨毯が汚れるから!という理由でNGなんですよ。素人だから?と思ったら、なるほど歌舞伎でも、藤間宗家の会でも、外にしか出ませんよね、お花。確かに百合の花粉は強力ですが、もっと他に汚れる原因はあると思うんですけどねー、能楽堂は太っ腹。客席での飲食禁止なのに!

投稿: 猫並 | 2017.01.06 17:53

猫並さま
能楽堂主催じゃないお能の会では、正面席がSSとSに分かれてたりしますものね。なまじ2列だったもので、よけい見づらかった感が。(三郎太くんガン見席ではあった)
中正面で見てた友だちが、後見の萬斎さんがすっごく怖かったとおっしゃってて、さもありなん、でも私は見えなかったの、でした。大倉源次郎さんも全く柱の陰になってたし。でも、この披き場にいることに意味がある
お花、びっくりですよね。中央の胡蝶蘭は海老蔵から(どういう繋がりだっけ?)、右端のスラッとしたカラーはシスカンパニーの北村さんからでした。

投稿: きびだんご | 2017.01.06 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福岡に行ってきた | トップページ | ヒット映画を見に行く »