« 録音ラジオサーバー | トップページ | すわ、お財布を取られたか! »

2017.01.28

千穐楽の国立劇場へ

1月27日(金) 「通し狂言 しらぬい譚」 12:00〜 於・国立劇場 大劇場

ちょうど2週間前に見て以来、2回目。月末は仕事が忙しいことが多くて、千穐楽って久しぶり。そういえば昔は千穐楽にはちょっとお遊びの部分があったけど、今は全然ないのかしら。(菊ちゃんが国立の花道で「お尻かじり虫〜」ってやったのはよく覚えてる)

今日、パンフレットを買ったら、表紙が若冲の孔雀(岡田美術館)。さすが、酉年のお正月だわね。劇中でも、‪東天紅とかいろいろ鳥に関係する言葉はあったよね。ああ、玉手のような秋篠は、酉の年、酉の日、酉の刻の生まれだったっけ。

さすがに一度見ているだけに、前は聞き流してたセリフなんかも、ああそうか、ここでちゃんと言ってたのか、などなど、一人でガッテンしてました。席は4列のセンターあたりだったから、宙乗りはちょっと見づらかった。ま、仕方ないわね。で、手ぬぐいも見事によけて飛んで行っちゃいました。

菊五郎劇団のチームワークの良さはそのまま、ほんとに世代交代だなぁ、という感が強い。権十郎さんとか、もっと見たいのではあるけれども。まあこういう、新作に近い復活ものの時は若者に頑張ってもらいましょうか。

前日に友人の両親が見に行ってて、寝ちゃうんじゃないかと心配していたお父さんも全く大丈夫だったんだって。で、菊五郎親子の声の良さを改めて認識したんだそう。そして……ピコ太郎は本物だと信じてるらしい 良きかな良きかな。

今回、今までより良かったのは、場面構成じゃないかと思う。ちょこちょこ休憩が入ったりせずに、前半わりと一気に進むし、まとまりがあるから、だれなかったと思う。

国立劇場賞が発表されて、猫四天と、老女南木の吹替・音蔵さんにも特別賞が。配役には吹替の人は載らないから、どなたかしらと思ってた。この日の吹替は、ちょっとお疲れ気味?とも思ったけど(最初のインパクトが強かった?)、わっというところだものね。

12時開演というのは余裕があるから、麹町駅そばの「エーデッガー・タックス」(ハプスブルク家ご用達、というのが売り文句)で、お昼用のプレッチェルのサンドイッチを調達してから半蔵門へ。けっこうドイツパンは好きなんだなー。

|

« 録音ラジオサーバー | トップページ | すわ、お財布を取られたか! »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 録音ラジオサーバー | トップページ | すわ、お財布を取られたか! »