« 最初で最後?の先斗町歌舞練場 | トップページ | 体力、気力、財力! »

2017.01.09

新春の書道展へ

1月8日(日)

Img_0844

お正月は書道展が目白押し。その中でも都美術館の日書展には行かなくちゃね、と。秋に頑張ってたのはこれに出すためでありました。ゼーゼー。とはいえ、先生の作品と社中の方々のを見るだけで精一杯なのですわ。

ここまで来たら、トーハクにも行きたいけれど……他にも行くところがあるから、断念。

でも、珍しく前売券を買ってたクラーナハ展は見なくちゃね。もう会期末が近いんだもの。「ぶらぶら美術館・博物館」を録画して、前日に予習してた。日曜美術館よりも、ぶら美の方がミーハーな私向きかな
休日でもあるし、混んではいたけれど、うわー、というほどではなかった。ホッ。でも、絵を見に来ると、神話とかキリスト教のこととか、根本的な知識のなさに直撃されちゃうね。
この展覧会で一番大きいサイズのは、森村泰昌「Mother(Judith 1)」で、「ホロフェルネスの首を持つユディト」から、なんだけど、うへへ(美人!)とかね。そう、クラーナハから影響を受けた芸術作品として、ピカソや岸田劉生などが並べてあるのも面白い。

クラーナハも北ドイツだなー、とか、ウィーン美術史美術館か、とか、ついつい今度どこに行こうかな
なんて思って見てる。

上野からは銀座に移動。ところがぼんやりしてて、気がついたらJRの改札を入ってたよ。全く、お正月ボケですわ。

銀座では、和光ホールの「現代の書 新春展」へ。これは大先生方の書ばかり。都美のもこの和光ホールのも、先生の作品は華やかで若々しい。書の作品って、文字だけではなくて、色彩のセンスとかがものすごく重要だと思い知らされる。

日本橋高島屋では「現代書道二十人展」開催中だけど、今年から先生は入ってないのでパスしちゃった。

で、休憩は、銀座に来れば、最近のお気に入り、教文館の「カフェきょうぶんかん」。今日はグリューワインじゃなくて、おとなしくコーヒーを頼みましたです。


|

« 最初で最後?の先斗町歌舞練場 | トップページ | 体力、気力、財力! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

クラーナハ、昨日見てきました。
月並ながら、女性の不思議な魅力に私も囚われそうになりました。
森村さんはきれい、でもちょっと怖い(うっすら見えるヒゲとかの違和感が怖いのかな)。私は複製画を集めた展示が面白いと思いました。
西洋絵画を見るには、ほんと宗教的な知識が必要ですよね。作品解説が頼りです。知って見るとなるほどと絵画への興味が増しますもの。

もうすでに精力的に活動なさっていらっしゃるのね。お体に十分注意してくださいね。
今年もよろしくお願いいたします。

投稿: SwingingFujisan | 2017.01.13 10:14

SwingingFujisanさま
こんにちは。私もさっき、Swing〜にて、ご感想を読んだところでした。
今年もよろしくお願いします。

森村さん、実物を見るの初めてだったんですよ。へぇー、という感じで。
昨年あたりからわりと古楽を聞くようになって、ルターとかも少し興味が湧いて来てる、いいタイミングでした。
ほんとに知識がなくて、なんですが、そのくせオーディオガイドは苦手で(ほら、同時に二つができない)、見たというくらい。

お互いに今年も元気で過ごしましょう。私はこれから国立劇場で、やっと初芝居です。

投稿: きびだんご | 2017.01.13 14:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最初で最後?の先斗町歌舞練場 | トップページ | 体力、気力、財力! »