« 沢瀉屋から高島屋へ:襲名披露 | トップページ | シネマ歌舞伎を見る »

2017.01.21

歌舞伎座も見ることにした

1月20日(金) 「壽 初春大歌舞伎」昼の部 11:00〜 於・歌舞伎座

「将軍江戸を去る」染五郎、愛之助、歌昇、又五郎ほか
「大津絵道成寺」愛之助、歌昇、種之助、吉之丞、染五郎ほか
「伊賀越道中双六 沼津」吉右衛門、雀右衛門、吉之丞、又五郎、歌六ほか

最初あまり見るつもりはなかったけど、仕事スケジュールが決まって、あら20日があいてる! チケットは確か1月8日に取ったと思うけど、3階8列10番台だったのは、喜ぶべきかどうなのか。
お正月にいきなり「将軍江戸を去る」って…… いくら大政奉還150年と言っても、そんなにこだわるべきもの? もうちょっとウキウキするものがよかったな。客電を落としててよけい暗いしね。でも、その分、染五郎・慶喜の台詞はしっかり聞けて味わったかな。

「大津絵道成寺」は愛之助五変化、とある。早替りが楽しいし、藤娘、綺麗でした。押し戻しが、矢の根の五郎という名前で(染五郎)、チラシを見た時はなんとも思わなかったのに、花道を登場した時に、「三津五郎の矢の根を見たなぁ」などと思い出しちゃって。

歌舞伎座の昼の部を追加したのは、やっぱり沼津を見ておこうと思ったから。期待に違わず、吉右衛門(十兵衛)ー歌六(平作)が素晴らしかった。
とはいえ、途中、若干疲れつつ……もっとパァッとした気分になりたかったな。
私の右1席と左2席は空席、と思ったら、右の人は「沼津」で登場。

*3時40分ごろ終演なので、ちょうどいいやと4時からのシネマ歌舞伎「阿古屋」へ。その後、帰宅中にweb松竹を見たら23日の演舞場・昼の部3階Aが戻ってるではないの。電車の中でも帰宅してからも、あと1回クリックしたら購入というところまでいったけど、やっぱり断念。6500円!と冷静になったわー(東のコーナーにわりと近いAだったし。縁がなかった、ということね。

|

« 沢瀉屋から高島屋へ:襲名披露 | トップページ | シネマ歌舞伎を見る »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沢瀉屋から高島屋へ:襲名披露 | トップページ | シネマ歌舞伎を見る »