« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017.02.27

門出の桃太郎、再見

2月26日日) 「猿若祭二月大歌舞伎」夜の部 於・歌舞伎座

「門出二人桃太郎」初舞台・勘太郎、長三郎
時蔵(お婆さん)、芝翫(お爺さん)、勘九郎(勘作/鬼の総大将)、七之助(お鶴)、染五郎(犬彦)、松緑(猿彦)、菊之助(雉彦)、彌十郎(村の男彌助)、雀右衛門(庄屋妻お京)、魁春(吉備津神社巫子お春)、梅玉(庄屋高砂)、菊五郎(吉備津神社神主音羽)
「絵本太功記 尼ヶ崎閑居の場」芝翫(武智光秀)、魁春(操)、錦之助(真柴久吉)、孝太郎(初菊)、鴈治郎(武智十次郎)、秀太郎(皐月)@ほか
「「梅ごよみ」染五郎(丹次郎)、勘九郎(米八)、菊之助(仇吉)、亀鶴(古鳥左文太)、歌六(藤兵衛)、歌女之丞(政次)ほか

12日に友人たちと見て以来の夜の部は、3階8列から。そういえば、最近は座席環境(周囲のお喋りだの何だの)は悪くない気がする。今後もずっとこうでありますように。

めでたく千穐楽 それにしても25日間、よく頑張りました。ただそれだけでもすごいと思うのに、しっかり声を出して、見得を決めて、偉いったらありゃしない。私は勘太郎・長三郎くんを、あと何年みられるかしらねぇ。よたよたしながらでも、歌舞伎座に行ってられますように。

口上のあたりから、時々ウルウルしちゃったわー。そうそう、来月は帰省の予定だから、ちゃんと吉備津神社に行きたいなぁ。せっかく菊五郎が吉備津神社の神主の役だったんだものね。巫子・魁春も鳴釜の神事のことを言ってたっけ。

続きを読む "門出の桃太郎、再見"

| | コメント (0)

2017.02.25

エンタメにとんとご無沙汰

2月25日(土)

月末繁忙期でも、土曜に仕事が入ることはない、と油断していたら、今日は仕事とあいなりましたですよ。おかげで、歌舞伎座・昼の部、3階Bを取ってたのに、行けなかった(譲った)。

このところ、ずっと旅行のことを書いてるのも、「観たり」「聴いたり」ネタがないからでもある(書きそびれてる宿題は残ってるけど)。14日に見た「お勢登場」から劇場には行ってないもん。
明日は歌舞伎座・夜の部、3階から見てくるけど、その後は4日の歌舞伎座までまたしばらく空白。

それというのも、今週は仕事用にあけてたし、来週は書道展(28日〜5日)のためにあけてるから。状況次第で映画だって舞台だって見に行ける、と思っていたのに、なかなかそんな気にならないの。

こんな時はチケ取りも、まあいいか、という気分になっちゃうしねー。最近では、長塚圭史さんたちが4月〜5月に下北沢の小さな劇場で上演する「王将」3部作を、カンフェティで取ったくらい。カンフェティのポイントがずいぶんたまってたのを、ここだ!と放出……はいいけど、5月の第2週に、下北沢に3日通うんだよ。大丈夫かしら。
(来月、菊ちゃんが国立じゃなくて、歌舞伎座で揚巻だったら、もうちょっと盛り上がってたかも。実は、歌舞伎座も国立も音羽屋には「まだ」頼んでないし、国立至っては買ってもいない)

| | コメント (0)

2017.02.24

丸の内で、空振り2連発

2月24日(金)

高校の同級生夫婦(夫氏と私は大学も同じ)が、東京にやってきた。主目的は、横浜に住む孫の「一升餅の祝い」のため。昨日、お餅をついたんだって。ちゃんとやるのねー。

夫氏は東京赴任時代の職場に行ったので、友人と2人でランチ! が、しかし。行こうと思ってた三菱一号館美術館のカフェは、貸切
やむなく、ではKITTEだ。息子一家との夕食が早いということで軽くお蕎麦を食べて、ここのメディアテクにいざ なのに、標本整理のため本日まで休館じゃあありませんか。なに、この振られ方

その後、また三菱一号館の方に戻ってA16で夫氏を待ちつつコーヒーを。この店にしたのは、岡山の白桃を使った販促イベントに縁があるから。千疋屋などでも夏に白桃を使った特別メニューを安く食べられるんだって。知らなかったよ。(並ぶそうですが)今年は教えてね、と言っておいた。

ところで、友人たちは高校で出会って結婚したわけだけど、その息子2人はどちらも大学の同級生と結婚してるのよねー。我が家には全く縁のない話であるぞ。

| | コメント (0)

ハノイ市内観光その2

2月18日(土)

もはや帰国する日、ではあるけれど、飛行機は翌19日の0時20分発。丸1日、観光できるってわけ。
とにかく、ホーチミン廟には行かなくちゃ。朝8時から、土日は11時30分まで。とにかく並ぶんだよねーと言いながら、タクシーで出かけたんだけど、車内から歩道に続く行列が見えてからも、えーっと最後尾はどこですか? 適当な所で降りて、さらに最後尾をめざした。

Img_0962

まあ行列は進んでは行くの。入り口の建物に近づいてから、ちょっと滞ったかな。
で、やれやれと荷物のX線検査を通って、電子機器(iPadとデジカメ)を専用の袋に入れて預け、廟の敷地内の外廊下を並んで行く。あれ?ルートがわかんなくなっちゃったけど、最終的に正面入り口方向にぐるっと回って、やっと入れた。入ってしまえば、今度は立ち止まらないの。建物内の階段を上がって、(ガラス越しに)横たわるホーチミン氏の左足元→頭→右足元の順に巡って、お疲れ様でした!
さっき預けた電子機器は、その出口まで運ばれていて、番号札と引き換えに渡される。

↓ ホーチミン廟は無料だけど、その先、ホーチミンの家は有料。公園のよう。


Img_0963

池の向こう、木の陰にホーチミンが住んでた家がある(高床のようなの)。階段を登って外からぐるっと見られる。

ここからホアロー収容所、ハノイ大聖堂へ。ホアロー収容所はベトナム戦争時のアメリカ人捕虜が入っていたことで有名。マケインもいたらしい。……が、その前、フランス統治時代の残酷さが強調されて(ギロチンの実物も展示)、自分たちはアメリカ人捕虜を手厚く遇しました、チャンチャン。これが分かり易すぎる 収容所で使われていたというボードゲームやギター、帰国するアメリカ人に支給された洋服や靴などなど。

↓ハノイ大聖堂

Img_0964


| | コメント (2)

2017.02.22

ハロン湾クルーズ

2月17日(金)

朝7時50分、ホテル集合。暢気に降りて行ったらすぐに出発 あちこちのホテルを回ってホテル・ニッコーが最後だったのね。 我々はJTBに頼んだつもりはなかったけど、そこに紛れ込んだかたちになってた。現地ガイドさんがバスの中でいろいろ喋るのを聞きつつ、ハロン湾に向かう。

ハノイ郊外にイオンモールが ダイソーも入ってたよ。「イオンモールができると、付近の土地の値段が上がって云々」。日本の経済力に期待してるよ、買い物もたくさんしてね、という感じ。

Img_0957

水田では田植えをしていたり、もう植え終わってたり。上の画像、牛も写ってるよ。水牛には出会えなかった。
途中、ベトナム戦争での被害が大きかったという村も通った。ガイドさん曰く
「ベト・ドクちゃんが日本では有名だけど、同じような人は大勢いる。ある意味、まだ幸せな人(一人は生きていて子供もいる)。これから行く土産物店では、刺繍絵の作業をしているが、障害者もたくさん働いている。もしも写真を撮るなら了解を得てからにしてほしい」

こういうツアーのいいところは、現地の話がいろいろ聞けるところ。やだなと思っちゃうのは、土産物店に行くことよね。行きと帰り、別々のお店に。

ハロン湾クルーズは、思ったより小さな船で、バスで一緒に行ったメンバーだけ。船室でランチを食べて、デッキに出て風景を見る……んだけど、なんか食べるのが忙しい(食べてるとせっかくの風景が見られない)。


Img_0955

日本で言えば夫婦岩、こちらは雄鳥雌鳥。

ランチは魚介中心。食べきれないのは、屋形船と同じかな。だけど、鮮魚を別にいろいろ売っていて、ワタリガニやシャコがあったものだから、「シャコ」10万ドンで買いまして茹でてもらったのよー。あ、日本円で500円くらい。


Img_0956


| | コメント (0)

果物が好き

ホテルの朝食は、かなり充実。と言っても、そんなに食べられないから、サラダとか果物とかがメイン。

Img_0947

果物は日によって少し違うんだけど、だいたいこんな感じ。あ、ほかにバナナは毎日あった。お初だったのが、右のジャックフルーツ。小さいローガンはライチの若いのみたい(これ、名前が書いてなくて聞いたら、「ラ」と「ロ」の中間のような発音で、ローガンと言われた)。卵みたいなパッションフルーツは、上部がスパッと切ってあって蓋になってる。

日によって違うのは、果物だけではなくて、温かい煮物や炒め物、サラダのドレッシングなども。かなりこまかい気がした。これって日本的、なのかしらん??(と、ハンブルクで3日間、全く同じメニューで飽きた私には嬉しい)

↓タンロン遺跡(旧ハノイ城跡)の端門の前


Img_0953

黄色はやはり縁起がいい色なんだって。ほら、黄金に通じるから。

この遺跡内部はかなり広い。歴代の王朝の遺構が発掘されて、それを見学できるようになっている。


Img_0952

ツツジが咲いてたりもするんだけど、こんな木が。もしかしたらジャックフルーツ?

そうそう帰りの空港のラウンジに、ドラゴンフルーツがあったんだけど、後で食べようと思ってたら品切れになちゃった。さすがフォーがあったわよ(食べてない。飲んでた)

| | コメント (0)

2017.02.20

水上人形劇を見る

2月17日(木) 「タンロン人形劇」

17時にガイドさんがホテルのロビーに迎えに来てくれて、ホアンキエム湖の北側の人形劇へ。繁華街の建ち並ぶビルの一つ、という感じ。1階はカフェになっていて、チケットを買ったら2階に上がっていく。写真を撮りたければ別料金を払うけど、まあいいや、と。でも、勝手に撮れる感じだったなー。

開演時刻にはほぼ満席。舞台の中央に水を張ったプールがあり、幕の後ろから演目に応じて人形が出てくる。演奏者は、舞台の下手。これ、ホーチミンの人形劇が上手・下手の両側で演奏してたのとまず違うところ。

最初は、女性一人の民族楽器の演奏。これが琴ではあるみたいだけど、手の動きはテルミンっぽい。後で調べたらダン・バウというものらしい。
そこからは、短いストーリー仕立ての人形劇・短編集。これはホーチミンと同じだわね。音楽は、二胡や笛の音が強め。ほかに太鼓や琴など。言葉(歌の)はわからなくても、人形たちの動きで想像。

上演時間は50分ほど。終演後、ちょっと歩いてベトナム料理のレストランへ(観劇と夕食のプラン)。フォーから始まるコースで、8種類くらいあったかな。昼食が遅かったし、フォーでお腹がふくれてあんまり食べられず……ざんねんなり。

ホアンキエム湖の周囲は憩いの場、という雰囲気で、夜もなかなか素敵。

↓タンロン人形劇場

Img_0954


| | コメント (0)

2017.02.19

ハノイ3泊5日/市内観光その1

2月17日(木)

16日の18時半、成田発の飛行機でハノイ・ノイバイ空港へ。時差2時間で現地23時近くに到着。いやー、とても広くて新しい空港でびっくり(比・ホーチミン)。到着が夜遅いし、そもそも電車などはないので、ホテルまで送ってもらうようガイドを頼んでた。今回はわりとこんな感じでチョコチョコ送迎サービスを利用。この日はホテルで寝るだけ。

17日の予定は、とりあえず夕方の水上人形劇だけなので、それまでゆっくり市内観光を……せっかくだから(何が?)タクシーは使わずに歩きましょう! と、まあ、毎度のことながら道には迷うんである。
ハノイ駅を覗きつつ、軍事歴史博物館へ……のつもりが、ぐるぐる。はたと気づくと、おや、ここはレーニン公園、あれれ北朝鮮大使館だ、と。それでも無事に博物館に。

Img_0949

国旗掲揚塔に上がって東を見ると、足元(博物館の屋外展示)には、米軍機の残骸、少し先にタンロン遺跡(旧ハノイ城跡)、遠くには高層ビル。


Img_0950

戦車は屋内に。これ、国宝なの ベトナム戦争時のサイゴン陥落の時、大統領官邸に突っ込んだ戦車。

そして、タンロン遺跡から国会議事堂。この辺りは発掘調査されてて、その跡を見られるようになっている。というか、国会議事堂の本来の建設予定地に遺跡が出たため、少し移動して建てたらしい。

さーて、ホーチミン廟だ、水曜と金曜は休みだからね、と行ってみたらば、あらら公開は午前中(11時まで)のみなのか。ガーン。休みを把握しただけで安心してた。土曜日に仕切り直しだわ。


Img_0951

↑ホーチミン廟の全景。何しろ、ホーチミンの遺体を安置している場所だから警備が厳重で、近づきすぎるとすぐにピピピッと笛で戻される。衛兵の交代には遭遇せず。

さすがに歩き疲れて、帰りはタクシー。


| | コメント (0)

2017.02.15

黒木華で乱歩の世界

2月14日(火) 「お勢登場」 14:00〜 於・シアタートラム

原作/江戸川乱歩(二銭銅貨、二癈人、D坂の殺人事件、お勢登場、押絵と旅する男、木馬は廻る、赤い部屋、一人二役)
作・演出/倉持裕 出演/黒木華、片桐はいり、水田航生、川口覚、粕谷吉洋、千葉雅子、寺十 吾、梶原善

ほんとは15日ソワレ、ポストトーク(倉持×萬斎)つきを狙ってたんだけど、チケットが取れなくてやむなく今日に。でも結果的に、明日から旅行を入れたから、まあ今日でよかったことになる。
黒木華でシアタートラム、ということで一も二もなく行きます!という勢い。でも、はて、どんなの?

江戸川乱歩の短編小説の8編を、再構成というのかなぁ。不思議につながる物語たち。時も、昭和から大正に戻ったり。
シアタートラムという小さい劇場なのに、セットは上階部分(左右の端に階段)があって、木だし。女優さん、特に黒木華ちゃんの着物や洋服などに、乱歩の雰囲気! ってか、ちょっと気持ち悪い系の絵柄ですわ。
私は前から2列目の左ブロックで、うーーん、もっと後ろでよかったな。ちょっと首が痛かった。

さすが、黒木華!であり、片桐はいり、千葉雅子と、女優陣には感服。なんでしょう、あの雰囲気。比べれば、男性は今ひとつにも思えたけども。まあ、やや引いた感じなのかもしれない。

わりと終盤、昔テレビで天知茂で見たようなワンシーンが突然あらわれたり。いやー、油断ならない。休憩なしで140分くらいだけれど、一つのつながったストーリーではないから、むしろ休憩は入れられないわね。ノホホンと見てられない類の芝居でありました。


| | コメント (0)

2017.02.13

先週見た舞台

2月13日(月)

7日(火) 「陥没」シアターコクーン
8日(水) 文楽第2部
11日(土) 文楽第1部
12日(日) 歌舞伎座・夜の部

先週はわりとあちこち見てるんだわね。書けないだけで。今週は旅行の予定もあって、14日の「お勢登場」(シアタートラム)のみ。

文楽の第2部「曽根崎心中」は、どういうわけか激しく睡魔の波に襲われてしまった。特に天満屋の段! ラストあたりはしっかり覚醒してたんだけど、あれ?こんな幕切れだっけ、と頭がさらにボーッとしてしまった。床に近い席で、お元気な寛治さん(天神森の段)が見られてよかった。

文楽第1部「平家女護島」は、見るの初めてじゃないかしら。面白かった! これは鬼界が島の段の千鳥(簑助)目当てに、かぶりつきを買ってたし。つまり、第1部は人形メイン、第2部は床メインで、という目論見だったのに
赦免船が到着したのが備後の敷名の浦とな。どうも、備後といえば鞆の浦、のわたくし。いやー、こんな話だったのかと、驚きつつ面白がる、という感じ。どうせならこれに続く「清盛館」で、幽霊にとりつかれ灼熱地獄の清盛も見たいぞ。それにしても、清盛=極悪非道イメージは脈々と……今は違う?

歌舞伎座・夜の部は、今月の観劇会。メンバーの一人が病気のためチケットを「おけぴ」に出したら、10分くらいで成立しちゃったわー。二人桃太郎、しっかり見届けました。
絵本太功記は案の定ウトウト来て(これマトモに見たことがないかも。苦手意識もある)、梅ごよみの美しさ楽しさに、すっかり機嫌を直した、というところ。

| | コメント (0)

2017.02.10

年に一度のホテルオークラ

2月10日(金)

Img_0860

年に一度、書の社中での親睦会。今年は文化功労者の祝賀会のため、お客様多数&司会もプロが。上にプログラムをちょっと載せたけど、実際には最初に木嶋真優さん(先生の姪の娘)のヴァイオリン演奏があった。「愛の挨拶」「ハッピー(ピアノ伴奏・林さん作曲)」「浜辺の歌」「チャルダッシュ」の4曲。ふむむ、という選曲でした。

その後、お祝いの言葉が続いた。最初の人がかなり長いなーと思ってたところに、どこかのテーブルで、え?着信音? なかなか切ってくれないんだけど、よりによってメロディが「蛍の光」だったから(本人はスコットランド民謡のつもりかも)、長い挨拶への嫌がらせかと思っちゃった
それと「書道国会議員連盟」というのがあるのも初耳。世界文化遺産に、という動きがあるようよ。

今年も桃花林の美味しい中華を頂きまして、お腹いっぱいだー。


Img_0861

*なぜか(特に忙しいわけでもないのに)舞台の感想が滞っております


| | コメント (0)

2017.02.08

今日はあちこち

2月8日(水)

地元で髪をカット&カラーの後、文化会館で開催中の「調布に暮らした武者小路実篤展」へ。無料だし……ほんとの目的はバレンタインの時期に売り出されるチョコレートを買うこと、だったけども。

そこから電車で都心に出まして、文楽の第2部。これねー、2時半開演だから5時くらいまでかと思ったら、4時過ぎに終わったのでした。曽根崎心中だけで、休憩も10分!

おかげで、竹橋の毎日アートホールで開催中の「小山やす子記念書展」に余裕で行けた。見応えがあった! 金曜日には、文化功労者のお祝いのパーティでゴザイマス。

Img_0858


| | コメント (0)

2017.02.06

エゴン・シーレ 28年の生涯

2月6日(月) 「エゴン・シーレ 死と乙女」於・文化村ル・シネマ

友人と恵比寿で待ち合わせ。カルピス本社近くのバンデルオーラでランチを……と思ったら、今日に限って臨時休業 お店の前で道路工事をやってたわ〜。仕方なく、恵比寿神社の辺りをウロウロして、古いビルの階段を3階まで上がりカレーを食べてきた。妙に落ち着くお店だった。

で、渋谷に移動。メインは「死と乙女」を見ることだったけど、他にも文化村1階のギャラリーで、田中千智の絵を見る、8階ではフィンランド・エストニア絵画展も。と、やたら絵画方面が重なったのでした。

8階美術ギャラリーのフィンランド・エストニア絵画展は、色づかいなどけっこう興味深かったんだけど、「説明します」って人がすぐに近づいてくる。まぁ、お値段明示の売り物ですからー、ではあるものの。

同じル・シネマなら、「アイヒマンを追え」が見たかった……が、これは後日のこととして、本日はお付き合いですわ。

続きを読む "エゴン・シーレ 28年の生涯"

| | コメント (2)

2017.02.05

虚構?現在進行中⁉︎の105分

2月4日(土) 「ザ・空気」 14:00〜 於・東京芸術劇場シアターイースト

(二兎社公演41)
作・演出/永井愛 出演/田中哲司(今森俊一・編集長)、若村麻由美(来宮楠子・キャスター)、木場勝己(大雲要人・アンカー)、江口のりこ(丹下百代・ディレクター)、大窪人衛(花田路也・編集マン)

今回は友人が先行で取ってくれた。D列センターで、前列から1段高くなってるしラッキー……実は上を見上げるような構造になってるので、後ろでもじゅうぶんではありました。

上演1時間45分のほとんどは、あるテレビ局の1日の、そのまた何時間かの出来事。現実でも記憶に新しい、総務大臣による「電波停止」発言から、このニュース番組の本日の特集として、報道の自由をテーマにしたものが作られたのだが……。

続きを読む "虚構?現在進行中⁉︎の105分"

| | コメント (0)

2017.02.04

節分の歌舞伎座

2月3日(金) 「猿若祭 二月大歌舞伎」昼の部 11:00〜 於・歌舞伎座

「猿若江戸の初櫓」勘九郎、七之助、萬次郎、彌十郎、鴈治郎ほか
「大商蛭子島」松緑、勘九郎、七之助、亀寿、團蔵、時蔵ほか
「四千両小判梅葉」菊五郎、時蔵、歌六、彦三郎、左團次、梅玉ほか
「扇獅子」梅玉、雀右衛門

スケジュール表を見て、余裕がある日のチケットを取ったら、たまたま節分だった。いや、言われるまで気づいてもなかったよー。なので豆まきももちろん眼中になく、ま、夜の部で撒くわよね、くらい。(そういえば、寄席でもきっと撒いてるのでしょう)

今月は、中村屋の坊ちゃんズの初舞台、というのだけが頭にあったけど、そもそも「猿若祭」という冠がついてたのか。
ちょうどNODA・MAPの「足跡姫」を見てたから、あちらは三、四代目出雲阿国とサルワカの姉弟だったなー、とか。相乗効果というのか、どうしたって思い出す。若衆たちもスッキリ綺麗で、おめでたい一幕。

続きを読む "節分の歌舞伎座"

| | コメント (0)

2017.02.01

2月、波乱のスタート!

今日は、家の玄関ドアから一歩も出ていない。仕事で「ずっと座っているのは体に良くない」などという、長寿の秘訣本みたいなのを読みながら、ずっと座っていたのよ。
夜7時までに近くの宅急便の営業所に持って行ってスッキリ、の筈が終わらないから、明日朝、自力で先方へ届ける……。

それはともかく。先週末から気がかりなことがあった。あんまり使っていないLINEなんだけど、一つグループがあって(そのためにやむなく加入)、たまに他愛ないお喋りをしてる。そこに「急に体調が悪くなって、病院へ」という書き込みがあって、そこからプッツリ途絶えてたの。こちらのコメントは「未読」のまま。
不安に思いつつ、メンバーで相談して、一人が自宅に電話をしたら、なんと緊急手術を受けていた。しかも!大動脈解離、などという恐ろしい病気で。これ、夫の友人はダメだったのよね。でも無事に生還できたようで、もちろんまだICUらしいけど、いやー、何と言っていいやら。

よく会ってるメンバーの中では一番若く、まっとうな会社員だから健康チェックも怠らず、さらにジムに行ったりもしてるのに、どうして、と思ってしまう。早くよくなって! んでもって、また一緒に歌舞伎座に繰り出さねば‼︎

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »