« 2月、波乱のスタート! | トップページ | 虚構?現在進行中⁉︎の105分 »

2017.02.04

節分の歌舞伎座

2月3日(金) 「猿若祭 二月大歌舞伎」昼の部 11:00〜 於・歌舞伎座

「猿若江戸の初櫓」勘九郎、七之助、萬次郎、彌十郎、鴈治郎ほか
「大商蛭子島」松緑、勘九郎、七之助、亀寿、團蔵、時蔵ほか
「四千両小判梅葉」菊五郎、時蔵、歌六、彦三郎、左團次、梅玉ほか
「扇獅子」梅玉、雀右衛門

スケジュール表を見て、余裕がある日のチケットを取ったら、たまたま節分だった。いや、言われるまで気づいてもなかったよー。なので豆まきももちろん眼中になく、ま、夜の部で撒くわよね、くらい。(そういえば、寄席でもきっと撒いてるのでしょう)

今月は、中村屋の坊ちゃんズの初舞台、というのだけが頭にあったけど、そもそも「猿若祭」という冠がついてたのか。
ちょうどNODA・MAPの「足跡姫」を見てたから、あちらは三、四代目出雲阿国とサルワカの姉弟だったなー、とか。相乗効果というのか、どうしたって思い出す。若衆たちもスッキリ綺麗で、おめでたい一幕。

「大商蛭子島」は、「おおあきない ひるがこじま」と読む。舞台の上手に掲出してあって、それを見るたびに「ひるこがしま」と読んじゃって……。これ、なんでこんな外題なんだっけなー。
正直、なんかヘンテコな筋でして。いろんな演目のパロディっぽいし。だいたい、実は源頼朝である幸左衛門(松緑)が、娘っ子ばかりが通ってきてる寺子屋の好色なお師匠さん。頼朝のみならず、主たる登場人物がみな、実ハ何某ばっかりだし。下世話モードと、長唄「黒髪」で聞かせる(見せる)女房おふじ(実ハ辰姫、時蔵)の嫉妬と、そして最後は「源氏再興」!

「四千両」は、とにかく牢内シーンばかりが記憶にあった。それが、発端の四谷見附での富蔵(菊五郎)と藤十郎(梅玉)の出会い(というか再会)から、藤十郎の住処、捕縛されての雪の道中など、場面ごとに、そうだった!と記憶がよみがえってくる。どんだけ牢のインパクトが強かったんだ。

牢名主の左團次とナンバー2の歌六がいい味出してます、という感じ。いや、人情深いお役人の彦三郎も含めて。さらに、軽めの罪人もそうだけど、こういう演目にどれだけ層の厚さが必要か。なんだかジワジワわかってくるわね。飄々と軽やかに見える菊五郎存在感も。

「扇獅子」を見ずに帰る人もいるけど、少しゆったり、目でも楽しむのにいいと思うな。

|

« 2月、波乱のスタート! | トップページ | 虚構?現在進行中⁉︎の105分 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月、波乱のスタート! | トップページ | 虚構?現在進行中⁉︎の105分 »