« 梅に鶯、ちと遅いか | トップページ | やっと国立劇場に行く »

2017.03.22

助六を見る

3月22日(水) 「三月大歌舞伎」夜の部 於・歌舞伎座

「引窓」幸四郎、彌十郎、錦吾、廣太郎、右之助、魁春ほか
「けいせい浜真砂 女五右衛門」藤十郎、仁左衛門
「助六由縁江戸桜」海老蔵、雀右衛門、歌六、秀太郎、左團次、菊五郎ほか

今月、夜の部は見られないかな、と思っていたんだけど、直前なら3階の戻りチケットもありそうだし……と、狙っていたところ、昨日めでたく捕獲。3列だけど16番つまり通路際なので、即ポチッとしちゃった。
*国立劇場も同じ頃に得チケで購入。こちらは行ってみないと席はわからない。

「引窓」はなんとなく仁左さまのような気がしてた……のは、南座・顔見世の記憶がまだ鮮明だからだね。席に着いた時には幸四郎とわかってたけど 途中でいっしゅん意識が飛んだ。でも、いかにも幸四郎!の歌いあげるセリフは聞こえたわー(気持ちよさそう)。
右之助は好きなんだけど、(女方では)お幸みたいな役よりも、高貴な奥方なんかの方が私にはしっくりくる、かも。

「女五右衛門」は、まああれだけだからねぇ。3階からだと南禅寺山門の藤十郎を見下ろす位置なわけで、髪形のせいもあり妖怪チックであった(ごめんなさい)。


Img_0983

「助六」を見ると気分が上がるわね これって何でしょう。ちょっとヘタレた時にもいいんじゃない? 口上が右團次で、おおっ 市川、だもんね。髭の意休と白酒売はテッパンとして、その他はなかなかフレッシュな顔ぶれ。
通人・亀三郎、福山かつぎ・巳之助あたりが特に。巳之助はそんなに父親に似てると思ってなかったんだけど、いや、やっぱり面差しが似てるよ。キビキビしてて、昼の部の役より私は気に入った。でも、4年前、歌舞伎座・新開場の通人は三津五郎だったんだよね。今月、その三津五郎の三回忌追善だなんて。

雀右衛門の揚巻に、梅枝の白玉。そして並び傾城が、新悟、右近、廣松、児太郎、梅丸。←廣松だけ誰かわからなかった綺麗ね。
この新悟くんの位置に松也がいたこともあったんだ(旧歌舞伎さよなら公演)と思うと、月日の経つのは早いなぁと思ってしまう。この時、かつぎが三津五郎だったから、というわけではないのだけど、賑やか華やかな舞台なのに、なんかいわく言いがたい哀しさみたいなものを勝手に感じてた。海老蔵だから、というのもある? なんだろうね。舞台上が綺麗であればあるほど無常、みたいな……。

なんにもせよ、やっぱり助六って、特別だと思う。

|

« 梅に鶯、ちと遅いか | トップページ | やっと国立劇場に行く »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅に鶯、ちと遅いか | トップページ | やっと国立劇場に行く »