« 「足跡姫」をもう一度 | トップページ | MOA美術館に初見参 »

2017.03.12

疲れは劇場で癒せる!

3月10日(金)

前日まで、家で少し根をつめて仕事してた。(毎週)木曜日の出社仕事でも、脳の血管がプクプクするようだったので、もうグッタリ……。
(なぜ財界人オヤジは、専門でもない日本の歴史を滔々と語りたがり、それに飽き足らず文字にまでするのか。永遠の謎だわー)←心の声

そうこうしてると、あららトーハクの春日大社展がもう終わっちゃうじゃないの。3月末で販売終了のパスポートも買わなくちゃ、ということで、上野まで。どうしても出足が遅くなって、到着は2時半くらいだったけど、閉館ギリギリまでいたら、最後の30分ほどはすっかり人が少なくなって、ゆっくり見られた。
次の予定は三軒茶屋で7時開演……金曜はトーハクの総合美術展のみ8時までなので、さささっと1階だけ見て来た。お雛様とかね。
ちょうど、「夜の音めぐり 桜の街の音楽会スペシャル」企画の一環で、5時半から大階段でヴァイオリン演奏が。おしまいまで聞いてると三茶が忙しいので(何か食べないと)、そそくさと移動。
しかーし、大丈夫な靴を履いてたつもりなのに、足が痛くて。こういう時、草履(下駄)だったら、平気なのにな。でも、美術館に着物で出かけるほど、着慣れてはない。

シアタートラム「炎 アンサンディ」は再演。3時間超の大作だけど、そして内容もとてもハードなのに、見終わったら、それまでの疲れが吹っ飛んでた。私にとっての演劇はこういう存在なんだと、あらためて。

|

« 「足跡姫」をもう一度 | トップページ | MOA美術館に初見参 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「足跡姫」をもう一度 | トップページ | MOA美術館に初見参 »