« こんぴら歌舞伎 | トップページ | 怒濤でやんす »

2017.04.24

こんぴら1泊2日

4月23日(日)

Img_1010
↑戦利品?の数々

そういえば前回も団扇をもらったんでした。幕間に配ってくれた時、え?何、であった。

《 餅つき》
朝9時から、と聞いたので、朝食の時間を8時に早めてもらった。でも、金丸座に着いた時にはもう始まってた。
こんな感じで、頭の間から覗くくらいしか見られなかった。


Img_1006

餅つきをしたい人を募って、インタビューしつつ。東京、茨城、鹿児島などから。けっこう日差しは強いし、役者さんは出てこないし……。どうしようかな、と思ってるうちに、ついに、という感じで出演者の方々が ちょこっと(10回くらい)杵を振っては、挨拶して交代。それぞれ、屋号などもかかってた←歌舞伎座でも聞いたことがあるような、キリッとした女性の声。
やっぱり彌十郎、松緑あたりには、ひときわ拍手も大きい。松緑くん、今けっこう長髪。そして、それまでの人とは違って雀右衛門は紋付袴にて。襲名だものね。仁左衛門はここには登場せず。ちょっと残念だけど、今回はやはり雀右衛門、でしょう。
紅白のお餅はお茶子さんたちが配ってくれた(これは今搗いたのではないわね)。

宿で借りた杖を持って、こんぴら参りに出発。ほんとお天気も良くて気持ちいい。若者グループや小学生たちも大勢見かけた。意外なことに余力十分で、奥社にも行こう! 澄んだ空気(けっこうひんやり)に、ウグイスの鳴き声がお供してくれた。

↓奥社から下界をば。


Img_1009

この後は、参道で讃岐うどんと地ビール、地元の造り酒屋の展示館「金陵の郷」で各種試飲など、やっぱり飲んじゃうのであった。

ゆるやかーな計画は、ここから琴電に乗ることだけは決めていて、そこからは残り時間次第。結局、終点の高松築港駅のそば、高松城跡(玉藻公園)を見学して、お堀に浮かぶ舟に乗ったくらい。高松空港で、最後の宴会(笑)、しょうゆ豆などをつまみにビール飲んで、また、うどん食べて、あぁ楽しかった。ー


|

« こんぴら歌舞伎 | トップページ | 怒濤でやんす »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

きびだんごさま

楽しそ~♪
こんぴらは歌舞伎も小屋ももちろん楽しいですが、
他にもたくさんお楽しみがあっていいですよねぇ。
前回行った時、染五郎さんがお餅つくとこ見たなぁとか、
金陵の郷はハズせない、とか懐かしみながら拝読しました。

いつもバタバタで実はまだ奥社まで伺ったことがありません。
次こそはぜひ!

投稿: スキップ | 2017.04.25 08:51

スキップさま
こんにちは。私、なんとなくスキップさまが奥社までいらしたような気がしてたんですよ。私も負けてらんないわ、と。
今、ふくらはぎが痛いの2日めです。まあ翌日から筋肉痛って、まだまだ大丈夫⁉
何しろ私が一番年下ですし、ゆったり楽しむ、というのが合い言葉。歌舞伎や文楽のおかげで、今まで縁がなかったあちこちに出かけられて、幸せです。

投稿: きびだんご | 2017.04.25 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんぴら歌舞伎 | トップページ | 怒濤でやんす »