« 沖縄:泊まる、動く | トップページ | 4月〜5月 »

2017.05.07

「よく出来ました!」(大向こう)

5月6日(土) 「團菊祭五月大歌舞伎」昼の部

襲名披露狂言「梶原平三誉石切」彦三郎(梶原平三)、亀蔵(俣野五郎)、松緑(剣菱呑助)、菊之助(奴菊平)
、右近(梢)、團蔵(六郎太夫)、楽善(大庭三郎)ほか
「吉野山」 海老蔵、男女蔵、菊之助
「魚屋宗五郎」菊五郎(宗五郎)、時蔵(おはま)、松緑(主計之助)、梅枝(おなぎー)、権十郎(三吉)、團蔵(父太兵衛)、左團次(瀬戸十左衛門)ほか

3日が初日。早いうちに初お目見え・眞秀くんが見られてよかった。タイトル「よく出来ました!」は、花道を帰る丁稚の眞秀くんが、おなぎ・梅枝に最後の台詞を言った直後、花道の近くからかかった(ように聞こえた)声。大向こうとは言わないかも、だけど。
*ちなみにそれとは別の人(3階から)から、石切梶原で最後に手水鉢を真っ二つにする場面、「つるぎもつるぎ」「切り手も切り手」の台詞の後で「役者も役者」とかかった。これについて、今朝、葵太夫さんから連続ツイートがあった。ウケ狙いの自己満足・大向こうね。

さて、まほろくん。確かに、一人で花道を出て行き、大きな声で喋って、また一人で帰ってくるんだものね。たいしたものですわ。

今月は坂東彦三郎家の3人の同時襲名+六代目亀三郎の初舞台。まずは「石切梶原」。そうか、昼の部はこれだった!という程度の認識だった。定評ある新・彦三郎、亀蔵の美声を堪能。松緑や菊之助が花を添える。祝い幕の写真を撮るのを忘れちゃいました。スポンサー、JALかと思った。

吉野川は、なんか今までのと違う感じらしい、というだけは入ってた……いやー、いきなり舞台上のキラキラ光る川で幕開けですか。途中で気が抜けた感もあって、女雛男雛のところと、ラスト豪速球の笠投げ(ナイスキャッチ)の記憶くらいかなぁ。でも、これからも海老・菊はどんどん共演してもらいたい。

魚屋宗五郎、菊五郎と時蔵の夫婦は最強だわ〜。なんでしょうね、この心地よさ。毎日、これを見に通ってもいいくらい。他の人たちももちろんで、劇団の強みを感じる。権十郎さんの三吉が新鮮だったよ。

というわけで、楽しい昼の部でした。
でも……前日に俳優祭の録画を見たのは失敗だったかも。吉野川では、かぐや姫のじいさん&ばあさんを思い浮かべちゃったし、家老・左團次はもちろんあの姿 楽しかったから、まっいいか。

|

« 沖縄:泊まる、動く | トップページ | 4月〜5月 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沖縄:泊まる、動く | トップページ | 4月〜5月 »