« シス・カンパニー | トップページ | ジャーン、7月! »

2017.06.30

映画でヨーヨー・マを見る

6月28日(水) 「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」 10:00〜 於・下高井戸シネマ

監督/モーガン・ネヴィル 出演/ヨーヨー・マ(チェロ)、ケイハン・カルホール(ケマンチェ)、ウー・マン(中国琵琶)、キナン・アズメ(クラリネット)、クリスティーナ・パト(バグパイプ/ピアノ)、梅崎康二郎(尺八)ほか
2015/アメリカ

2000年にスタートした、ヨーヨー・マのシルクロード・プロジェクト(シルクロード・アンサンブル)。様々な楽器の演奏家を集めて、ワークショップを行いつつ、議論し、演奏する。彼とそこに集う人たちを追ったドキュメンタリー。
冒頭、アメリカで大勢の観客(確かケネディ夫妻もいた。司会はバーンスタイン)の前でチェロを弾く7歳のヨーヨー・マの映像が出てくるように、彼の人生、述懐も挟みつつ進んで行く(息子も語っていて、小さい頃、父親は空港で働く人だと思っていたとか。演奏家はほんとに旅の人生なのよね)。

「 旅するシルクロード」とタイトルにはあるけど、原題は、The Music of Strangers。予備知識がなかったので、ヨーヨー・マたちがシルクロードを演奏旅行する映像かと思ってたよ。

スタートが2000年ということは、翌年にはツインタワーに2機の飛行機が突っ込んだのだし、この映画に多く登場する演奏家には、イランや中国、シリア出身者がいる。革命の嵐の中をなんとか生き延び、アメリカで他の仕事をしながら音楽を続けた、あるいは故国の家は家族もろとも爆撃された、そんな状況。
まずは珍しい楽器に目を奪われてた私も、だんだん一人一人の話の中に引き込まれて行った。

音楽をする人たち同士が、言葉は十分には分かり合えなくても、音楽は完璧に分かり合える、と断言する。その過程の深さも思うし、観客としてそんなカケラを共有できれば嬉しいとも思う。

|

« シス・カンパニー | トップページ | ジャーン、7月! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シス・カンパニー | トップページ | ジャーン、7月! »