« 三越劇場は初めてではないはず | トップページ | シス・カンパニー »

2017.06.27

「ボガマリ」発、和のお店へ

6月24日(土)

6月ももう下旬だし、暑いし、夏物でいいよねー、とそんなに透け感のない明石縮で出かけた。今日はフルメンバーの5人。無理やりくっつけたのは浜町「衣裳らくや」での小千谷縮の実演&織元さんトーク。以前は2階の和室だったんだけど、今回は1階のフロアで。立ったまま聞いたから(短時間ではあった)、若干疲れた。

北参道・ボガマリの仲間として、今度は和のお店が青山学院近くにオープン。店名は「さかな庵 澪つくし」。22日がグランドオープンだから、ほんと、出来立てほやほや。5時半の開店(もちろん予約)まで、表参道のフィガロで喉を潤し、シアターイメージフォーラムにほど近いお店まで。けっこう歩いて、ふーっ。

お店の入口前にも店内にも、お祝いの胡蝶蘭などがならんでました。

そしてボガマリと同様、お魚のショーケースは健在。


Img_1069

前菜の盛り合わせとお造りは事前に頼んでいて、それ以外に、焼き牡蠣とか蟹、トウモロコシのかき揚げなどを注文。〆に鯛めしと赤だしを。


Img_1068

鯛めしは炊き上がりをこうして見せてくれたんだけど、なかなか出て来なくて、?と思ってたら、丁寧にほぐして骨をとってくれてました。ごちそうさま。

珍しい日本酒(滋賀のと広島の)も美味しくて、すっかりいい気分。次回の約束をしてお開きとなりました。

でもねぇ、私は何年ぶりかで着た夏着物に、お醤油をたらしちゃってぇぇ、ソッコー近所の丁寧なクリーニング店へ。ちゃんと綺麗になるかしら。

*写真はいつも撮ってくれる友人から後日、送られてきたもので、自分では撮ってない。


|

« 三越劇場は初めてではないはず | トップページ | シス・カンパニー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三越劇場は初めてではないはず | トップページ | シス・カンパニー »