« 予備知識なしに見た「プレイヤー」 | トップページ | 歌舞伎座で「見た」「見る」 »

2017.08.19

サンクトペテルブルク その3

8月2日(水)

さて、サンクトペテルブルク観光ラストスパート、というところ。本日はエルミタージュ美術館の前から水中翼船に乗って、ペテルゴフにある夏の宮殿=ピョートル宮殿へ。その後、民族衣装&民族楽器の演奏つきのレストランにて昼食。そしてエカテリーナ宮殿へ、というスケジュール。

ピョートル宮殿は水中翼船なら30分ほど。フィンランド湾に面した場所にある。ちょうどここに着いて桟橋を降りたあたりで雨が強くなった。しかーし、入り口でしばし待たされ、吹きっさらしだから濡れちゃったわよ。この融通の利かなさ(客を放置)みたいなのは、昔の名残かしら。皮肉なことに、無事に庭園に入る頃には雨はやんだわよ。

Img_1099

広い庭園を抜けて宮殿に向かう。ピョートル大帝って、ものすごーく噴水好きだったそうで、庭内に150もの噴水があるんだって。宮殿内に入るときには、靴カバーをつけなくてはいけない。床の保護のため、みたい(午後に行ったエカテリーナ宮殿も同じ)。


Img_0047

↑宮殿前から見たフィンランド湾。
中を見終わってから、こんな風に写真を撮ったりしてた時、「日本の方ですか」と外国人の若者に声をかけられた。?と思ったら、日本在住のイラン人で、家族でイランに里帰りして、また日本に戻る途中に立ち寄ったとか。日本語が聞こえたから、とのことで、お母さんも妹さんも、にこやかで綺麗な日本語で喋って下さった。

お昼ご飯を食べたのは、木造建築のレストラン「ボドヴォーリエ」。すんごく広いし、観光客(ツアー)向けって感じ。民族音楽演奏の時、我々にも楽器(木が連なってるの、とかオカリナとか)が渡されて、鳴らして遊んだ。これ、買えって言うよね、と思ってたら案の定 買ってません。

エカテリーナ宮殿は、琥珀の間が有名だけど、ここのみ撮影不可。ガイドさんによると、そこかしこに第二次大戦中のナチスによる収奪の痕があるらしい。


Img_0048


|

« 予備知識なしに見た「プレイヤー」 | トップページ | 歌舞伎座で「見た」「見る」 »

2017ロシア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予備知識なしに見た「プレイヤー」 | トップページ | 歌舞伎座で「見た」「見る」 »