« サンクトペテルブルク その3 | トップページ | 8月最終週! »

2017.08.23

歌舞伎座で「見た」「見る」

8月23日(水)

今月の納涼歌舞伎・第3部、実はすでに2回見た。……のに、いつものように、感想を書いてる余裕がないのです。

そもそも、発売日にチケットを確保してたのは21日の3階1列。納涼で、少し安いからね。
で、今月になって、(旅行から帰り)たぶん納涼歌舞伎が開幕してから、うっかりweb松竹を見たら、戻りチケットが それが1階7列の花横だったから、わわわ〜って感じでクリックしちゃったよ。これは16日のでした。

まあ、NODA MAP の舞台だと、2回見るのも多いから、などと言い訳しつつ。私、本家の「贋作 桜の森の満開の下」は見てないし。

NODA MAP の舞台だと、台詞はとりあえず(理解部分は置いておいて)耳にすっと入ってくるのに、なぜか、歌舞伎になると(今回だけかな)自分に届くまで、ワンクッションある感じ。なので、ちょっと疲れた。それを補って余りあるかのような、舞台そのものの美しさや機構ではあるのだけれど。
それと、どうしても「音楽」が迫って来るので、その部分でも邪念が。

今月、第1部は買わなかったのでした。

そして来月、秀山祭、夜の部は夫の仕事関係(福利厚生)で安く見られる。今年も限度枚数5枚を張り切って申し込んで、昨日届いた。うーむむ。2階7列の端って、1等だったのか、という残念な席。これなら以前あった1階の2等席の方が良かったな……とまあ、贅沢は言っちゃいけない。かなり補助が出ているようでお安いんですもの。そして、この「特権」が使えるのも、来年まで。
(昼の部は自力で3階席を取ってる。最近、緊縮財政モード)

10月はインド歌舞伎なんだってね そして、菊ちゃん、インドで踊ったという記事も見た。宮城聰演出の「マハーバーラタ」は、神奈川芸術劇場まで見に行ったけれど、あれは、客席の周囲ぐるりに舞台が作ってあってそれを見上げたんだよね。不思議な、(陳腐だけど)刺激的かつめくるめく作品でありました。さて、歌舞伎版、どうなりますか。たまには音羽屋にチケット頼むかな。最近、全然お願いしてないのだ。

|

« サンクトペテルブルク その3 | トップページ | 8月最終週! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンクトペテルブルク その3 | トップページ | 8月最終週! »