« 久しぶりに東京国立博物館へ | トップページ | 蔵之介リチャード »

2017.10.30

「マハーバーラタ戦記」3杯め

10月25日(水) 芸術祭十月大歌舞伎」昼の部 11:00〜

「極付印度伝 マハーバーラタ戦記」日印友好交流年記念 青木豪・脚本、宮城聰・演出
序幕・全7場、2幕目・全5場、大詰・全5場

6a2567124a0e47a1bb67f5a0bcff4133

千穐楽。やっと筋書も書いましたよ。宮城さんと青木さんの文章を熟読。珍しく舞台写真も買ったしね(最後の戦いの場面、菊之助・松也のツーショット)。
一応、自分が持ってる中ではキンキラなアクセサリーで、神様方に敬意を表しましたです
初日、17日と見て、この日は3階1列から。やはり床面の様子など上からならでは、という景色が見られて良かった。

ところで寺島しのぶちゃんのブログに、楽日近くに見に行った感想が書いてあって、初日との比較で「やりすぎちゃう部分もあります」とあったのが、ちょっと気になってた。どこを言ってるんだろう。

やっぱりね、SPACの人たちの打楽器と、竹本や長唄そしてお囃子が無理なく共存してるのが、いいなぁと改めて思う。そのあたり、この題材でありながら「歌舞伎らしさ」を無理なく感じさせる要因ともなっている感じ。

初日に見たときは、カルナがあそこまでヅルヨーダを信じようとする部分が、納得できなかったんだけど、そのきっかけをくどくど言わないで流れの中で描く、ということかもしれないな、と。日が経つにつれてその内面が現れつつあった気がする。だからこその、最後のヅルヨーダの述懐もあるわけだし。

菊之助も40歳になり、個人の芸を磨くだけではなく、菊五郎劇団の中でも大きな役割を受け継いでいくんだな、ということを強く感じた。

そういえば、来年の大河は見るつもりなかったのに、菊之助が月照なんですってね。ひゃー。



|

« 久しぶりに東京国立博物館へ | トップページ | 蔵之介リチャード »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

へ~、すごぉい、筋書きの写真も凝ってるんだぁ。

と、本文を読む前に思ったからつぎでした@あいかわらずの一言書き逃げ失礼。

投稿: からつぎ | 2017.10.30 10:19

ごめんなさい、写真じゃなくて、「表紙」です。確認しないとこれだからなぁ。

ひたすらごめんなさいm(>__<)m のからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2017.10.30 10:24

からつぎさま
いえいえ、とんでもない!
さて、もう顔見世初日も間近。ひきつづき仁左さまですね。

投稿: きびだんご | 2017.10.30 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりに東京国立博物館へ | トップページ | 蔵之介リチャード »