« 「マハーバーラタ戦記」おかわり | トップページ | 新作狂言を見る »

2017.10.21

「胸がざわつく観劇」にも色々あって

10月18日に「リチャード三世」を、そして20日には「トロイ戦争は起こらない」を見たんだけど、これについて考えてる余裕がなくて(あ、他にも感想書かなきゃ、はあるんだけど)。

リチャード三世は、シェイクスピアの中でも上演頻度が高いよね。そんな油断もあって、主演・佐々木蔵之介で、外国人の演出家、ということしか頭に入れずに行った。いやーー、幕開きからフィナーレまで、「え? どう理解したらいいの」が続いた。見てから3日たってるけど、無機的な風景が頭にこびりつき、異形な人々の姿もよみがえる。で、色々と、その意味を私に問うわけ。問われても考えてる余裕はないよ、と自分に答える。そんな毎日。

「トロイ戦争は起こらない」は、その感覚を引きずってたから、とてもわかりやすく感じた。舞台の広い空間がガラーンとした作りなのは同様でも、女性たちのドレスの色彩が美しい。「リチャード三世」を見た後では、ホッとするくらい。そして、トロイとギリシアの戦争は起こるのか、どう回避できるのか、というグサグサくるお話でねぇ。

たまたま続けて見ただけなんだけど、「荒涼の風景」めいたものが透かし見える点で共通するのかもしれず、セットで記憶しちゃうかも。

|

« 「マハーバーラタ戦記」おかわり | トップページ | 新作狂言を見る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マハーバーラタ戦記」おかわり | トップページ | 新作狂言を見る »