« きびだんご復活=(^.^)= | トップページ | びっくりなツーショット »

2017.12.08

ほぼ40日ぶりの歌舞伎座

12月8日(金) 「十二月大歌舞伎」第1部 11:00〜 於・歌舞伎座

「実盛物語」愛之助(実盛)、吉弥(小よし)、笑三郎(葵御前)、松之助(九郎助)、亀蔵(瀬尾十郎)、門之助(小万)ほか
「土蜘」松緑(叡山の僧智籌、実は土蜘の精)、彦三郎(頼光)、梅枝(胡蝶)、左近(太刀持音若)、團蔵(平井保昌)ほか

今月は歌舞伎座も国立劇場もチケット買ってない 見に行かない、というんじゃなくて、予定が立たないから直前に取ればいいや、というわけで。幸いと言っていいのか、歌舞伎座はまだ3階Bも買えるし。国立劇場も大丈夫でしょ。
で、昨日web松竹をチェックしたら、困ったことに(笑)3階1列はっけん 予定外だったけど、フンパツしました。

久しぶりに歌舞伎座の座席に座って、やっぱりウキウキしちゃったわぁ。そして愛之助を見るのも久しぶり……の気がするぞ。その実盛物語、愛之助と亀蔵のコンビ(でいいのか?)、私には新鮮でなかなかよかった。亀蔵さんは「土蜘」では番卒だからまた雰囲気がガラリと変わるのよね。しかも第2部では、お得意のらくだだし、器用ってこと?

愛之助は相変わらず歌舞伎以外の活躍も目立つ。でも、もっとこういう舞台を見せてほしいなぁ……と言いながら、三谷幸喜作ジキルとハイドの再演かぁ、見ようっと、などなど。
実盛物語の子役ちゃんも達者だったけど、「土蜘」には、左近くんと、石神役で亀三郎くんが出演していて、あらま、というくらい。左近くん、太刀持をきっちり演じて、ほんと頼もしい。

松緑の土蜘、重い怪しの雰囲気がいっぱい。んでもって、蜘蛛の糸を投げる姿がカッコいいな、と。

でも、ふっと、いいかげんそろそろ「達陀」が見たいぞ、とも思っちゃった。若者が揃ってきたから、群舞メンバー一新でなにとぞ。

でも、3階の左右袖は全くお客さんが座ってなかったし、正面も空席多かったと思う。うむむ。

|

« きびだんご復活=(^.^)= | トップページ | びっくりなツーショット »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きびだんご復活=(^.^)= | トップページ | びっくりなツーショット »