« びっくりなツーショット | トップページ | 出光美術館へ »

2017.12.10

イプセンと浦井健治くん

12月9日(土) 「ペール・ギュント」 18:30〜 於・世田谷パブリックシアター

(日韓文化交流企画)
原作/ヘンリック・イプセン 上演台本・演出/ヤン ジョンウン 出演/浦井健治(ペール・ギュント)、マルシア(オーセ←母)、趣里(ソールヴェイ)、浅野雅博(ソールヴェイの父ほか)、石橋徹郎(トロール王、老人)、チョウ ヨンホ(花婿ほか)ほか 演奏/国広和毅、関根真理

ペール・ギュント? その名前は聞いたことがあるけど、さてどんな話なのか、何も知らない。イプセンだったのか!というくらい。……というか、聞き覚えがあるのはむしろグリーグの曲の題名としてよね。
ちなみにイプセン作では「海の夫人」と「ヘッダ・ガーブレル(ガブラー)」を見たことがあると思う。そして、来春には寺島しのぶさんが「ヘッダ・ガブラー」にご出演らしい。
おっと、今回のメイン・キャスト、浦井くんと趣里さんは、しのぶちゃんの「アルカディア」に出てたわね

さて、パブリックシアター 友の会の抽選で取った席はA列13。最前列だろうな、とは思ってたけど、行ってみますれば左ブロックの中央より通路脇。開演少し前にすぐそばにステージへの階段が取り付けられておやおや。実際に、浦井くんがしばしばここを通ってたよぉ。去年、新国立の「ヘンリー四世」で同じく最前列で話しかけられて以来の、こんな席 なぜか、浦井くん主演作で当たるのね。

ペール・ギュントという作品自体は、なんか結局のところ、壮大な自分探しの旅ですか? 人間外の生物(北欧のトロルね。ここでは尻尾つき)まで出てくるし、ヤンチャなホラ吹きの若者は、世界のあちこちを回り、大富豪になったり文なしになったりしながら、年をとる。

こんなストーリーのどこで、こんな風にお洋服を脱ぐ必要があるのでございましょう。マイクを持って「マイウェイ」を熱唱する場ができるのでしょう(ま、場面転換も込みで)。というくらい、妙にハダカな人々を見てしまいました。浦井くんも、脱ぐのみならず、エロいシーンもかなりあって、今までの王子様キャラ崩壊かと思ったけど、まあそんなでもなかった。男くさくないから、つるん、って感じね。わかります?

トロルの一族は王様をはじめみんな尻尾があるんだけど、それって紙おむつに尻尾つけてんの。ギョッとしちゃった。最後まで慣れなかった。んで、その王女と結婚して仲間入りするときにペールも身につける。それが金色で、下に白のボクサーパンツを穿いてるから、ホラ、海外の人がお相撲体験でパンツの上からまわしをする、あの感じなのよ。ペールは最後に昇天するとき(も裸だが)、ヌーディなパンツだったから、尻尾の時にそうしなかったのは理由があるのよね。……などなど、こんな考察をしておりましが。

あと第2幕、エジプトに行って、そこで精神病院のシーンがある。それがとても長く感じられてちょっとイヤだったな。ここはグロいです。

韓国の演出家は、平昌五輪の演出もするとのことで、まぁ、ちょっと開会式に興味はわいてきた。

他の出演者では、文学座の浅野雅博&石橋徹郎さんの出演が嬉しかった。浅野さんはイメージ通りの役だったけど、石橋さん、あなたトロルの王様ですかっ、そのカッコはぁぁと思ったのでした。趣里ちゃん、意外と骨太感が増してた。あ、もちろん見た目じゃなくて内面的な。マルシア扮するおっかあは、最後に私のちょうど真ん前あたりで事切れてしばらくそのまま。ほんとに瞬きしてなかった。

見てる間はもっと韓国人キャストが多いような気がしてたけど、そうでもなかった。

さて、これ、しばらくしたら、何を記憶してるんだろう、私。脱いじゃう浦井くんだけだったら、悲しいかも。

|

« びっくりなツーショット | トップページ | 出光美術館へ »

演劇」カテゴリの記事

コメント

いやらしくはなかったですが、近くで鑑賞するには体力がいるな!と思いました。私は1階の後方でしたが、それで十分だったような。
そうですよね、衣装というか扮装というか、意味を考えようとすると疲れてしまうけれど、考えずにスルーできるほど意味不明でもないような気がして。
ただ、曲調も絵面も一貫して明るく感じられたので(一貫して暗かった人形の家ってのを見た記憶があるので)、それには救われた気がします。

投稿: 猫並 | 2017.12.11 21:36

猫並さま
あっ、衣装や扮装の意味を考えると疲れる……まさに佐々木蔵之介の「リチャード三世」がそうでした。あちらも露出が多かったし 今回、それがなかったのは私が「ペール・ギュント」を知らなかったからのように思います。リチャードみたく考えてたらヘロヘロになってたでしょう。ま、浦井くんを愛でる余裕はありました
そう、明るさがあったんですよね。生演奏もよかったし。音楽の国広さんは「岸 リトラル」リーディング公演で初めて認識。そちらの公演も楽しみです。

投稿: きびだんご | 2017.12.12 08:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« びっくりなツーショット | トップページ | 出光美術館へ »