« 朗読の会に行く | トップページ | 追悼 »

2017.12.15

初・東京カテドラル

12月13日(水) 「プラハ・バロック合奏団 “きよしこの夜〜クリスマス名曲の贈り物”」19:00〜 於・東京カテドラル聖マリア大聖堂

Img_1159

↑プログラム


プラハ・バロック合奏団についてはほぼ何も知らなかったんだけど、東京カテドラルに行ってみたくて でも夜公演だから、結局、建物とかは見えなかったわー。
合奏団のメンバーはチェコフィルやプラハ交響楽団などのメンバー。芸術監督はオーボエの方で、構成はヴァイオリン3、ヴィオラ・チェロ・コントラバス各1、オーボエ2、ファゴット1、そしてチェンバロ。女性は3人だなぁと思いながらパンフを見ていて、そうだ!シュテバンカ・クトマノヴァーみたいに、母音がアで終わる名前は女性よね、などなど(ま、ベラ・チャスラフスカですね)。

プログラムでもわかるように、前半は有名な曲の一部を。演奏者は出番がない時は左右の袖(でいいのか?)で待機。ファゴット協奏曲とか、ホホーなんて思いながら聞いてた。

休憩の後はクリスマス・メドレーですね。美しい曲の数々にほっこり。でも、正直、だんだん寒さを感じてきて、足元つめたーい。

往復は新宿駅西口から都バスで(椿山荘前まで)。初めて乗る路線でバス旅も楽しんだ。


↓休憩時、チェンバロ調律中。


Img_1160


|

« 朗読の会に行く | トップページ | 追悼 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朗読の会に行く | トップページ | 追悼 »