« 昼の部も、愛之助2役 | トップページ | 音羽屋デー »

2018.01.15

歌舞伎+浅草寺(+煎餅、芋きん)

1月14日(日) 「新春浅草歌舞伎」第1部 11:00〜 於・浅草公会堂

お年玉・年始ご挨拶/米吉
「鳥居前」隼人(佐藤忠信)、種之助(義経)、梅丸(静御前)、巳之助(逸見藤太)、歌昇(弁慶)
「御浜御殿綱豊卿」松也(綱豊)、巳之助(富森助右衛門)、新悟(江島)、米吉(お喜世)、歌女之丞(浦尾)、錦之助(新井勘解由)

友人たちとの観劇、1月は浅草に行くことが多いんだけど、今年はパス。私は行けたら行こうかな、チケットは買えそうだし、とノンビリしてた。結局、そのグループの人と二人で「浅草行こうか!」となって、戻りチケを無事購入。ふと気づいたら、襲名の歌舞伎座は3階Bなのに、浅草で1等にしちゃったよ まあお正月だからね、お参り込み、ということで。

今月になってから、浅草歌舞伎の13日、14日の第1部は「空席なし」は何日か続いて、その後、戻ったのを取った。錦之助・隼人ファンの間にいた感じ(左隣の人や、少し右に錦之助夫人が挨拶に来てた)。
浅草で朝11時開演はちょっと厳しいけど、「御浜御殿」を見たかったのよー。

米吉くんの挨拶は、もう慣れたもの、という感じ。銀座線に高麗屋号が走ってるという話題など。ちょうど浅草からの帰りに乗り合わせたんですって。しばらく走ってるものと思ってたんだけど、「明日までだそうですよ!」あら、結局、見ないままでした。
他に、この後の演目のコンパクトな解説もあって、ソツないという印象。

「鳥居前」弁慶は最初だれかと思っちゃったよ。あんまり隈取の歌昇くんを見てないし。忠信の隼人くんともども、たくましさが感じられてよかった。義経と静御前は……まあ仕方ないけど、見た目の幼さが、ちょっと居心地悪く感じちゃった。そこからいえば、巳之助くんはお兄さんだったわー。

松也くん、仁左衛門丈の厳しい指導を受けてる場面がテレビで流れたんでしょ。私はネットでチラッと見ただけですが。さすが、見ごたえがあって、満足! ……とは言いながら、途中またもzzz (とほほ)。新悟くんがすごく落ち着いてる〜。
場面転換が少し時間がかかるのよね、盆がないからか。

友人は浅草といえば、入山せんべい!の人で、公会堂に来る前に買いに行ってた 彼女の前に外国人観光客が4人、1人1枚ずつ買ってすぐに食べてたとか。私も前を歩く大きなスーツケースをガラガラ押してる外国人男性2人が、アンヂェラスに入ろうとしてるのに遭遇。ほんとに観光客が多いのねぇ。
終演後は、浅草寺へ。まだまだ混んでるのねー。でも、やっぱり浅草に来られてよかったよ。

|

« 昼の部も、愛之助2役 | トップページ | 音羽屋デー »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昼の部も、愛之助2役 | トップページ | 音羽屋デー »