« 今月の観劇企画は文楽 | トップページ | 今年は渋谷で「落言」 »

2018.02.17

新国立劇場でシス・カンパニー公演

2月13日(火) 「近松心中物語」 13:30〜 於・新国立劇場 中劇場

(シス・カンパニー公演)
作/秋元松代 演出/いのうえひでのり 出演/堤真一、宮沢りえ、池田成志、小池栄子、市川猿弥、立石涼子、小野武彦、銀粉蝶ほか (イメージソング/石川さゆり「こころ花」)

過去に錚々たる方々が演じてきた「近松心中物語」を、いのうえひでのりの演出で。これ、SS席もあったのだけど(通路より前)、私なんかS席を生協で買ったという……。堤&宮沢に新鮮味が感じられなかったからかなぁ。高さも奥行きもある劇場だから、2階から見ても面白かったと思う。音声はマイクを通してるし。

で、私は今まで、蜷川演出で阿部寛と寺島しのぶ(田辺誠一・須藤理彩)のしか見てない。それはわかってたんだけど、実際に見始めたら「あれは、タイトルが新・近松心中物語だった!」と思い出したんだよね。この記憶の発掘は何なのでしょう。*後で調べたら2004年だった。
その時は日生劇場で(蜷川演出で日生って、みたいな気持ちも)、劇場としては、新国立劇場よりも合ってる気がしたなぁ。やっぱり、新国立は硬質な感じでしょ⁉︎
とはいえ、こちらも高さのある華やかな舞台装置で、結構、盆がぐるぐる回ってたよ。オープニングでは、アンサンブルの人たちがズラリ。おお、歌い出しそう!と思ったら、ほんとに歌って踊る

前半は、忠兵衛・梅川がそう出てこないこともあってか、ちょっと退屈した部分も。与兵衛(池田)のぶっとんだ造形とかもねぇ……。でも、2組の対比という部分で、死に損なってボロボロで(お亀の情念にとらわれつつも)生きるしかない与兵衛が、妙に心に残る。
蜷川演出で見た時も、このシーンはあったんだろうか。とにかくしのぶちゃん・梅川が雪の中で死ぬ姿しか残ってないな。
なんだかんだ言いながらも、堤真一(と宮沢りえ)はよかったなぁ。それと猿弥、銀粉蝶の流石の存在感も。猿弥さんなんて、舞台から引っ込む時に、花道を帰るんじゃないかと妄想するくらい(笑)。前方席で見た友人が、猿弥だけヘッドマイクをつけてなかったみたい、と言ってたけど、実際はどうだったのかな。

歌と踊りからスタートしたわけだけど、実は音に関しては気に入ってない。音響的にということもあるし、音楽が主張しすぎてると思ったところも(2時間ドラマじゃないんだから)。その上、石川さゆりのテーマ曲って、何も思い出せないという体たらく。

そうそう、キャストが多いし衣裳も大変だったでしょうね。でも花魁くらいは刺繡のでも、などと余計なことを思うあたり、雑念が入ってましたわ。

*この翌日、「相棒」でシリアスな池田成志を見てすごく新鮮だったわー。

|

« 今月の観劇企画は文楽 | トップページ | 今年は渋谷で「落言」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

そうなんですよ!私もこの池田成志の記憶が鮮明だったから、先日の相棒をチラッと覗いた時に思わず二度見しちゃいました。で、一緒になってそのままて見てて、いつ笑わせてくれるのか、せめてハズす結果になるのでは?と期待しちゃって、最後までイケメン設定だったのでガッカリしたという…(^^;

投稿: 猫並 | 2018.02.17 18:20

猫並さま

まさに「現在上演中!」なんですもん、びっくりしますよね このままのはずがない!という感覚、わかりますなんて変幻自在なんだ。
そういえば、次はしのぶちゃんと「ヘッダ・ガブラー」ですね。昨日、文化村サイトでチケットを取りました。

投稿: きびだんご | 2018.02.18 09:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月の観劇企画は文楽 | トップページ | 今年は渋谷で「落言」 »