« 幻の木ノ下歌舞伎 | トップページ | 5月「ハングマン」チケット »

2018.03.10

シャンハイムーン、おかわり!

3月10日(土)

先月19日に、前方席から見た「シャンハイムーン」。もう一度見たいな、と10日ほど前に劇場サイトでチケットを取った。ただし、もういい席は(当然)残ってなくて、3階の左サイド。後は右サイドに1席あったくらい。立ち見の人も1階両サイドに数人ずつ。3時間超なのに。

F6da25f3c6ee4387ab4df2dc92e17298
↑3階B列5から

出入り口の近くだし、しかも端。ここにしたらけっこう快適。舞台が見切れることもほとんどなくて、ゆったり見られましたです。

前回は初日翌日だったので、役者さんはまだそれぞれに硬かったんだと思う。特に、ベテラン勢に混じっての広末涼子は。それが、明日は楽日という今日は(ソワレもあるけど)、ずいぶん雰囲気が変わってた。もちろん、熱い人のアツさはそのままにね。

いい配役だなぁと思うよ。やっぱりね、魯迅とその若い妻はコミカルでも知的な部分は重要だし、内山書店の夫婦には、ドーンという存在感。最後には、涙のみならず鼻水が


|

« 幻の木ノ下歌舞伎 | トップページ | 5月「ハングマン」チケット »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幻の木ノ下歌舞伎 | トップページ | 5月「ハングマン」チケット »