« タイトルで見に行くお芝居 | トップページ | 1年ぶり、豊洲の劇場へ »

2018.04.04

華ある悪者・仁左さま

4月3日(火) 「四月大歌舞伎 夜の部」 16:45〜 於・歌舞伎座

「通し狂言 絵本合法つじ」仁左衛門(左枝大学/立場の太平次)、錦之助(与兵衛)、孝太郎(お亀)、彌十郎(高橋瀬左衛門/高橋弥十郎)、時蔵(うんざりお松/弥十郎妻皐月)ほか

国立劇場で見たことがある仁左衛門の「合法」。いよいよ歌舞伎座で上演、そして「片岡仁左衛門一世一代にて相勤め申し候」。

国立劇場での上演って、もう6、7年前になるのね(大震災の時と、その1年後)。ほんと早いものです。……実はあまり覚えてないなぁ、と思ってたけど、実際に見てみると、幕開き早々から、思い出した!の連続でした。
特に第二幕、うんざりお松の登場、太兵衛との店先での騙りあたりは、興味津々って感じで。

でも、食事休憩後、三幕目は気分的にちょっとダレるというか飽きちゃったかも。倉狩峠の4場、夜だし峠の家だしで、(照明が)暗いんだもん。というわけで、若干、根気が続かなかった時もあった。こんなにみんな死ななくても、などと思っちゃったよ。

私は8列24だったんだけど、7列は21の人のみで22〜24は途中まで空席だったのよね。三幕目から24の人は登場したものの、でした。

|

« タイトルで見に行くお芝居 | トップページ | 1年ぶり、豊洲の劇場へ »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

きびだんごさま

え~~~~~~~←8倍角ゴシックで。

同じ日に観劇でした。
しかも6列センターブロック!!!!
7列の通路際が渡辺保氏で、その前のその前もそれらしき方々で、そちらにばかり気をとられてました。右も振り向けばそこにきびだんごさまがいらしたのね(涙)。

国立劇場は通ったので(2011年ですら2回行ってる)、どの場面も次がわかっていましたが、いやだからこそ楽しめたかも。
吉弥さんの死にゆく姿が美しくて、じ~っと目で追っておりました。

一世一代ということなので、千穐楽はおさえたからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2018.04.05 09:58

からつぎさま

仁左さま満喫の先月今月ですね

昨夜、ヘロヘロでなんとか書いたので、不備がいっぱい そもそも、私の席は、3階だったんです。その大事なところが抜けていた! というわけで、からつぎさまが振り向いて3階席を見上げても、私は見えなかったでしょう……。
照明が暗い舞台を3階から見ると、ちょっと根気が切れちゃうなぁというのを実感しました

投稿: きびだんご | 2018.04.05 21:32

きびだんごさま

こんばんは。
丁寧なご説明ありがとうございます。

私もすっかり興奮して書き散らかしてしまい、失礼いたしました。たしかに、あの暗さは3階だとzzzかも。。。お米ちゃんは可愛いし、亀寿じゃなかった亀蔵さんもりりしくて素敵なんですけどね。

今月は野村狂言座もあるぜい、のからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2018.04.05 23:51

からつぎさま

そうそう梅丸くんと亀蔵さんのフレッシュなカップル、もっと近くで見たかったです。その二人も殺されるあたり、残忍さの極み、ですよね

そっか、野村狂言座! ちょっとご無沙汰してて予定が目に入ってませんでした。萬斎さんは昨日がお誕生日でしたっけね。とりあえず……「黒井戸殺し」を忘れないように、と。

投稿: きびだんご | 2018.04.06 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイトルで見に行くお芝居 | トップページ | 1年ぶり、豊洲の劇場へ »