« 八咫烏、の卵 | トップページ | 喬太郎さんの舞台を見る »

2018.05.11

弁天小僧!

5月11日(金) 「團菊祭五月大歌舞伎 夜の部」 16:30〜 於・歌舞伎座

「弁天娘女男白浪」菊五郎(弁天小僧)、松緑(忠信利平)、菊之助(赤星十三郎)、海老蔵(日本駄右衛門)、松也(鳶頭)、左團次(南郷力丸)、梅玉(青砥左衛門)ほか 「菊畑」松緑(智恵内)、團蔵(鬼一法眼)、児太郎(皆鶴姫)、坂東亀蔵(淡海)、時蔵(虎蔵)ほか 「喜撰」菊之助、権十郎、歌昇、時蔵ほか

実は4月の歌舞伎の感想を書いてない(下書きちょろっと)。けども、どんどん進まなくては。
今日は3階7列から(千穐楽には1階から見るよ〜)。その7列24、つまり通路脇の席で、隣が最初空席だったの。あらラッキーかも、と思ったら途中で登場。それが、浜松屋で「お嬢様」が緋鹿子を懐に入れるあたりだったので……はっきり言ってとても邪魔された気分

ま、それはともかく。稲瀬川の勢揃いで、菊五郎・左團次なのに、海老蔵、松緑、菊之助が並ぶのは新鮮だったなー。いろんな役者で見てるようなのに、なぜかここで三津五郎!と思ってしまった(その前に團十郎を思ったからかも)。

浜松屋など、菊五郎、左團次に橘太郎がいれば磐石、の安心感。松也の鳶頭という配役には驚いたけど、キリリよかった。そして眞秀くんの丁稚
(松也くん、昨日は「メタルマクベス 」の製作発表で歌ってたわよね)

菊五郎は弁天小僧のためにダイエットもしたとか。屋根の上での立ち回りなど目にも楽しいし、満足満足。

「菊畑」はわりと苦手な部類なんだけど、不思議と(弁天の余韻かも)元気に見ることができた。役のバランスもいい感じで。

そして「喜撰」……。大河ドラマでもお坊さんだったわね。踊りで打ち出されるのはとても好きだし、なーんにも考えずにニコニコ見てましたです。

|

« 八咫烏、の卵 | トップページ | 喬太郎さんの舞台を見る »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八咫烏、の卵 | トップページ | 喬太郎さんの舞台を見る »